酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペヤング やきそば ギリ チョコレート

ペヤング やきそば
ギリ チョコレート
夕飯に食べました。レポートです。


16265281_1913703325515189_3919138090779958760_n.jpg

まず、板チョコがプリントされた梱包ビニールを優しく外す。
そう、彼女の服を脱がすように、やさしく...、
そして、ビリビリと、激しく荒々しく...
薄い衣を脱がすと、そこには、白い肌をした方形の容器が出てきた...
「キレイだよ」
思わず、僕は呟いてしまった。
そして、僕は容器のふたを剥がすため、容器の角にある紙をつまむと、
一気に指定された点線まで引き剥がした。
「きゃっ恥ずかしいっ」
やきそばは恥じらいの声をあげた。
だけど、開けたところからは、乾麺が丸見えである。
もう少し奥を覗くと、小袋が見えた。
ん?ふた...つ...かな?
僕は指をいれ、やきそばを慈しむように小袋を取り出した。
小袋は「やきそばソース」と「かやく」だった。
ソースの袋には、期待していたチョコの文字がない。
僕は少しがっかりしたが、かやくはなんと「後入れかやく」だった。
そうか、後で入れて欲しいのか...、食べる直前に入れて欲しいのか...。
僕はやきそばを食べる前の、ちょっとした楽しみが増えたことを喜んだ。
16266103_1913703338848521_1135686217907567636_n.jpg

あらかじめ、沸かしておいたお湯を
ふたを開けた所から、乾麺にゆっくりと...そう、ゆっくりと注いだ...。
「あっ...あつ...い...熱いわっ」
やきそばは、熱いお湯に歓喜の声をあげた。
そして、約束の3分を待つ。
やきそばとの約束の3分だ。
ただ...待つ。指定された時間を待つだけだ。
だけと、ふたを開けて、中を見てはいけない。
クールガイは、お湯をいれた即席麺を時間がくるまでふたを開けないのさ!
そして、3分がたった。
長いようで短かった3分がたった。
僕は素早く湯ギリ用の紙を剥がし、お湯を捨てた。
やきそばは、ハァハァと息切れしているが、僕は構わす、やきそばのふたを全部剥がした。
ベリッ‼
容器の中には、お湯で熟成された麺が、一糸纏わぬ姿で現れた。
僕は、麺の白さに思わず息をのんだ...
そして、以前取り出したやきそばソースを麺にかける。
16195128_1913703358848519_7780963513080541091_n.jpg

つつ~...と白いキャンバスに絵を描くかのように...。
やきそばは白い麺と黒いソースの2色になり、魅力的な姿となった...
やきそばも嬉しそうな顔をしている...
だけと、僕は白と黒の綺麗な二色のやきそばを箸で混ぜなければならない...
やきそばには、手荒なことかもしれないが、やきそばをおいしく食べるには、仕方がないのだ...。
僕は箸を麺に入れ、前後左右に動かす。
たまに麺を掴んで持ち上げてみたりもする。
「く...」やきそばはつらそうな表情を僕に見せた...
(可哀想だけど...もう少し辛抱してくれ...)
と僕は思った。
ソースが麺に混ざり、白いところがなくなり、黒一色となった。
ソースをいれる前の白い麺もいいが、やはりこちらのほうが断然いい。美味しそうだ。
最後に後入れかやくを振りかけて、準備は終わった。
16194995_1913703375515184_542934716587456731_n.jpg

長かった作業も終わり、やきそばは魅惑のチョコレートとなった。
鼻を近づけて、匂いを嗅いでみる...あぁ...この香り...カカオ豆の高貴な香り...
そして甘美な香りだ...恥じらいのやきそばはよそに、僕は喜んだ。
そして、あの、約束の言葉をやきそばに告げた。
「いただきます」...やきそばは、コクッと小さく恥ずかしそうに頷いた。
僕は箸でやきそばをひとつまみし、そっと...口に近づけた...
あぁ...チョコレート特有の香りがする...とてもいい香りだ...。
アム...僕はやきそばを口に入れた。
すると、口のなかで、より一層、チョコの香りが広がる
...ァアアアアァ...、舌の上で、甘さと苦みが僕を快楽の渦へと責め立てる...
やきそばも口のなかで踊って喜んでいる...
アァ...口のなかは甘さでいっぱいになるが...食感はいつものやきそばのままだ...
アムアム...もぐもぐ...アァ...ダメだ...止まらない...
やきそばが僕を責め立てて、甘美な快楽へと誘っていく...
「どう?美味しいでしょ?うふっ」
やきそばが...圧倒的な優位で...僕を...うぅ...は、箸が、箸が、とまらないっ...く...
口のなかが甘さでいっぱいになる...
くそっ...このままではダメだ...やきそばの思うツボだ...
僕はそばにあった食卓塩を手に取り、やきそばに振りかけた。
「アゥ...っ‼」僕の予想外の塩攻撃にやきそばは、過敏に反応した...。
そして、甘さでいっぱいだった口のなかも、塩気がきたことで、少し引き締まった感じがする。
「ひ...卑怯よ...し...塩を...いれる...なん...てっ...ハゥっ‼」
やきそばは塩のお陰で敏感になっている。
これで僕はやきそばに奪われていた主導権を戻すことができた。
そして、とうとうやって来てしまった...
いつかは来るとわかっていたが、容器のなかにもう麺がない。
僕はやきそばを食べてしまったんだ...全部食べたんだ...。
相手がやきそばである以上、仕方がないが、やきそばは僕に...。
やきそばは喜んでくれたのだろうか?
こんな僕に食べられて...あぁ...やきそば...
もう...こんな...やきそば..食べたくない...うぅ...
うあぁぁぁぁ~やきそばぁ~~~ぁあぁ...、
君のことは忘れないよ、
一緒に過ごした時間忘れないよ、
やきそば ~

スポンサーサイト

foap 使用してみた

1週間 写真は売れません

楽して稼ごう

ムリなんだなーと
改めて実感

信州上田ロゲイニング 2016

信州上田ロゲイニング2016
http://www.orienteering.com/ueda/

昨年に引き続き、やります
開催日:2016年5月4日(祝)


っていうか、もう締め切りまで1週間ですが

はっはっはっ

募集要項
http://www.orienteering.com/ueda/2016/bulletin/index.html


久々の更新ネタがこれですが

はっはっはっ


信州上田ロゲイニング 開催

          ロゲ
          ロゲ
          ロゲロゲロゲ
          ロゲ
          ロゲ
          ロゲ
ロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲ

ロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲ        ロゲ      ロゲ
ロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲ




5月4日(月)のゴールデンウィークに
上田でロゲイニングやります。

わいがCP決めたんで、おいでーや

停電

電気代支払ってるのに、
今朝は電気止められた。


なんか、信号機も停電だぞ。


プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。