酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道 自転車旅 その2 苫小牧~岩内「クマの口にめがけて、エサを投げ込む」の巻

6時半に目が覚めて、身支度をした後、
ホテルのバイキングで、今日のエネルギーチャージ
朝ごはんに「ホッキの炊き込みご飯」があるということで、
このホテルを選んだようなものw


7時半にホテルを出発して、海沿いで西の室蘭へ向かいます。
ただ、室蘭まで60キロと出ているので、ゲンナリ・・・・
けど、走りやすい道なので、時速30キロで走れちゃいます

だけど、途中でうまく休憩を挟まないと(汗)
なので、写真撮ったりします

KIMG1293 (480x360)
聞いたとこある「のぼりべつ」温泉?

KIMG1287 (480x360)

さすが、でっかいどう
KIMG1291 (480x360)

看板のカニもでかいと思ったら、
屋根の上のクマもでけぇ、むしろ怪獣だよ

海も、海水浴の人がいない砂浜
KIMG1296 (480x360)


途中、海風が左側から吹いてるんだけど、
虫がオレの左こめかみの下に激突、
虫暴れて、オレ、刺される


てめぇ、勝手に俺にぶつかっておきながら、
なに、おれ刺してんだよ


何の虫かは不明・・・・ハチでないことを祈る

ふーようやく、室蘭市内に入った。室蘭市内は、半島の形をしていて、
室蘭駅は半島の中にあるのよ。
ここから、アップダウンも出てきて、自転車通行不可の道路も出てきて、
岬までの標高差100m以上のヒルクライムで、ぜーはーぜーはー
・・・背負った荷物が重い><

「地球が丸いと分かる」地球岬
KIMG1303 (480x360)
KIMG1305 (480x360)

天気は曇りでイマイチだが、景色はよかった。

KIMG1299 (480x360)

ここで、名物毒まんじゅうには目をくれず、ソフトクリームを食べる
KIMG1308 (360x480)

ここで、11時なので、そろっと昼飯も食べたいのだが、
先の工程もまだまだあるんだよなー

来た道を引き返したら、対向車線にゴーカートに乗ったマリオがいたような・・・・

KIMG1310 (480x360)
東苫小牧駅


東苫小牧のコンビニで水とフランクフルトを補給
昼飯どーするかなー

今後は、さらに海沿いで東に進み、
伊達市の道の駅で、補給

なんか、ハンサム焼きというのがあるんだけどー
「伊達」→「伊達男」→「ハンサム」
みたいな?

まぁ、人の顔をした今川焼です。しかも、冷やしハンサムって・・・
KIMG1318 (480x360)

頼みましたよ。食べましたよ、
アイスにあんこと人面今川焼をトッピング

12時すぎの昼飯時なんだけど、昼飯らしいもの食わずに
スィーツしか食ってねぇしw
しょっぱいもの食ってねぇしw


ここから、海沿いから内陸部へはいります。
もう昭和新山が見えてます。
KIMG1319 (480x360)

緩やかな登りだけど、荷物重いわ!

海から標高200メートルまでのぼって、
昭和新山公園

奥に「クマ牧場」があり、行ってみたいところでした。
KIMG1352 (480x360)

KIMG1336 (360x480)

入場料とエサを買って、クマを眺める
KIMG1324 (360x480)

エサをねだるクマがかわいい
KIMG1338 (480x360)

エサを投げると、旨く口でキャッチするクマもいるし、おもろいおもろい
KIMG1344 (360x480)

夕張メロンが1切れ300円だったので、食ったでー
KIMG1353 (480x360)

土産屋さんの毛皮が気になる
今思えば、買っておけばよかったか・・・
(そんなもの買って、何に使うんだよ・・・これ着てレー○出るんだよ、出ねぇよ)

KIMG1355 (360x480)

時間もないので、宿に向かって出発
KIMG1357 (480x360)
KIMG1358 (480x360)

洞爺湖は湖の真ん中に島がある湖で、遊覧船でその島に行けるそうだけど、
時間が足りないので、パス
湖を反時計回りに進む。
KIMG1359 (360x480)

なんかトライアスロンの大会の看板が立ってる
こんなところでレースなんて、うらやましすぎるぞ

ぐるっと南側から北側へ半周したあとは、
ちょいとセイコーマート(コンビニ)で水分補給
キャンプ場が近いので、買い出しの客が多かったな
ここから峠越えになります。
途中、展望Pがあり、洞爺湖が見えてほしいけど、木が邪魔で見えねぇし…

峠を越えたら、畑ばーーーーー
地味にアップダウンあるしw

ルスツ(留寿都←漢字だとこう書く)に入ったら、
なんかポツポツあたってきたなー
雲行きも怪しいな〜
この先の道の駅で休憩でも・・・
と思ってたら、
乾いてた路面が、濡れてきて、雨が本降りのエリアに突入したようだ
オートバイの人は、停車してレインウェアを着始めている
空の雲の感じから、このまま直進するよりも、左折して早々に羊蹄山のほうに向かったほうがよさそうだ。
道の駅には寄らずに、手前の信号を左折した。
すると、反対車線のオートバイの人はレインウェアを着始めていたので、
おそらく、雨が降ってないところからこの雨エリアに入ってきたと推測。

予測は的中し、雨はだんだん弱まり、路面も乾いてきた。
KIMG1369 (480x360)

このまま道沿いに下って、お花畑のところで現在地を確認すると、
あ、下る道間違えた・・・
予定では、羊蹄山の東→北を回るつもりだったが、
南→西のルートになってしまった。
でも、距離的にはあまり変わらない・・・・5キロぐらい?
でっかいどうなので、地図と実際の距離の感覚がずれるんですよ
しかも、地図として持っていってるツーリングマッ○ルって、等高線がうすいので、
アップダウンが分かりずらい・・・ほんと
これで下りだと思ってたのが、登りだったり、峠のてっぺんを読み間違えたり

で、もうちょっと先の真狩(まっかり)フラワーセンター道の駅で、最後の一踏ん張りのエネルギー補給
KIMG1374 (480x360)

KIMG1373 (360x480)
マンゴーキャラメルクレープと牛乳
(マンゴーって、南国の宮崎が名産だったような…)

北海道の富士と言われる羊蹄山をみたかったが、
雲に隠れて、山頂も全容も見れず・・・残念

(翌日は晴れてたから、見に行ってもよかったか?)

さて、時間も予定通り・・・・というか、観光する時間がない(なく)
ここからニセコに入っても、道の駅があっても素通り・・・・
(この日は観光があまりできなかったな〜)

地味に緩やかなアップダウンがきつい><
KIMG1371 (360x480)
ニセコのやま

ようやく、自然を抜けて、街中に入り
「くっちゃん」駅を通り過ぎ、
でも、宿は街中ではなく、人里離れた一軒宿の温泉・・・
町よ・・・さよなら
峠をもう一つ乗り越え、

18時前に本日の宿である、ワイス温泉につきました。
KIMG1378 (480x360)

ここは日帰り入浴もできるところです。
KIMG1380 (480x360)


なんか子供のサッカー合宿とかぶっている。

即温泉入ると、子供が多そうなので、時間帯をずらすか。

素泊まり4000円ぐらい(温泉つき)
夕飯・朝飯つき、入湯税もあって、
そうなると、ふつーの値段となった

温泉は、これといった特徴もなく・・・でも入れるだけいいです。
(朝ぶろがないのは残念だったが、あまり期待しすぎてはいけないな)

で、夕飯なんだが、
豪勢だったなぁ。
KIMG1381 (480x360)


この料理+カレーライスだったw
(さっきの子供の合宿の関連か?)

せっかくなので、カツカレーで食べましたw

夜は、テレビを見ながら、おとなしく、寝ました。
(外は何もなく、寝るだけ)

スタート:7:30
ゴール:17:50
平均時速 24.4㎞
最高速度 56.7㎞
移動時間 7時間51分

スポンサーサイト

北海道 自転車旅 その1 移動日〜苫小牧「フェリーの上では意外と電波が入ったぞ」の巻

ふと、思い立って、
お盆休みに北海道行こう

特に、お盆に予定を入れておらず、北アルプスかなぁ〜?
と思ってたんですが、

北海道のトレランレースの記事読んでたら、
そういえば、おととし大雪のレース行ったとき、自転車で北海道走りたいなー
と思ったのを思い出したので、

さっそく北海道までの交通手段を調べる。
フェリーを調べると、新潟港から夜発で、翌日の夕方着があった。
予約も取れた。
帰りの予約も取れてしまった。
これが7月の話。

というわけで、北海道行き 決行〜



前日に準備して、
KIMG1282_convert_20150812225238.jpg
KIMG1283_convert_20150812225357.jpg

8/11会社を早々に脱出して
北陸長野新幹線で、上越妙高駅で乗り換えで
新潟駅へ輪行

新潟駅で自転車を組み立てて、
KIMG1284_convert_20150812225430.jpg

5キロ離れた新日本海フェリー乗り場へ移動
KIMG1285_convert_20150812225510.jpg

夕飯らしいものは食べてなかったので、
フェリー港の食堂で夕飯・・というか、飲んで、
売店でも、ビール購入して、22時に自転車でフェリーに入って、
フェリー内の受付で部屋の割り振りをされる。

2段ベットの部屋で、
上のベットに入ったら、さっき購入した缶ビール飲んで、即就寝zzz


ほんのり二日酔いで目が覚め、
なんか、秋田港に寄港していた。
KIMG1292_convert_20150812225714.jpg

秋田港出発後、お風呂に入って、
朝飯。
・・・・しまった注文しすぎた><
KIMG1300_convert_20150812225920.jpg

朝ビール飲むかどうか、心の中で葛藤したけど、
前の人が買ってたので、つられて買っちゃいました。
(朝飯で2000円かよ・・・・爆)

フェリー内では、電子書籍読んだり、
イベントのビンゴやったが、ビンゴしないし
寝たり
海をボーと眺めたり、
FBみたり。

意外と電波とどくんですね

後は、船内うろうろ
KIMG1303_convert_20150812225804.jpg
KIMG1305_convert_20150812230020.jpg
KIMG1310_convert_20150812231509.jpg


昼飯は、北海道?らしく、スープカレー
KIMG1309_convert_20150812232215.jpg
(多分、売店で売ってたお土産用の何だろうな〜と思いつつ)

予定よりも、20分早く、苫小牧港についたが、
自転車で降りるまでに時間がかかり…
KIMG1312_convert_20150812231647.jpg

大型トラック→乗用車→自転車→オートバイ
結局17時20分に港を自転車で出発しました。
KIMG1313_convert_20150812231716.jpg

まーーーすぐで、路肩が広くて、

特に景色が変わり映えしない
けど、走りやすい

本日の駅の苫小牧まで20キロ以上の距離を1時間で移動して、
苫小牧駅前のホテルにチェックイン

で、苫小牧をちょろっと散策するため、苫小牧駅を散策
KIMG1319_convert_20150812231746.jpg

をちょこっとして、来る途中に見つけた
地魚専門の居酒屋へ。
KIMG1324_convert_20150812231943.jpg


KIMG1320_convert_20150812232021.jpg

刺身の盛り合わせ

KIMG1321_convert_20150812232047.jpg
4種の魚のうち、3つを選択するのだが、イワシ、イカ以外
聞いたことの魚が・・・
というわけで、これを選択。
名前は忘れたが、のどくろカレイの一種

苫小牧の名サインのホッキ貝の貝焼き

KIMG1322_convert_20150812232108.jpg


焼きジャガイモ
KIMG1323_convert_20150812232126.jpg


あと、トウモロコシの焼酎があったので、頼んでみた。
店主曰く「こんなの、地元の人は飲まない。頼むのは観光客ぐらい」


まぁ、トウモロコシの風味を期待したけど、ふつーの焼酎でした


明日に続く

The PEAKS Round1(上田)2014△△△△△

上田で、本格的な自転車のイベント
PEAKS
http://www.longridefan.com/thepeaks/

に出てきました。
上田初(?)の本格的自転車のイベント
(グランフォンド軽井沢は一部上田を通るが、主催は軽井沢だし)


コースは


ぶっちゃけ


△△△△△


こんな感じで、五回登って、5回下る。
単純なことです。

累積標高差は5000メートルですが・・・・



で、トレラン・登山ばっかやっていて、
全く自転車でヒルクライムの練習をしていない
地元なのに試走していない
新しい自転車で、レッツゴー
先週は、国内最凶の地位を得た、コレにでたし、


全く、PEAKS用にちゃんと練習したのは、2週間前に新しい自転車で100キロ乗っただけです。
お盆休み、天気イマイチだったし・・・

さて、完走できるのかな・・・・
体力的には問題ないけど、足や膝に痛みが出たら、アウト><



前日は、地元開催なので、ゆっくりと準備してました。
宿泊の準備や、移動はないしね。

velenyoによってから、5時ぐらいに受付会場に行った。
4時にパーテーがあるけど、
KIMG0373 (270x360)
完食された後が残ってた。

受付を済ませ、限定グッズも購入してしまい、
(手ぬぐいをもう一個買っておけばよかった)

コレは参加賞のサコッシュ
KIMG0374 (1) (360x270)

帰って、準備。

とはいっても、明日は雨模様なので、

装備は、ノースフェイスのエンデュランベストのザックに
補給食とレインウェア上下、地図を詰め込む
補給食は、ジェルとカロリーメイト
ドライフルーツとグミは、先週のレースの余りです

ウェアは、ファイントラックの半袖、サポートタイプのアームウェア、
コンプレスポーツの太ももだけのやつ、
SFIDAジャージの色にあわせて買った、CEPのフグラハギのアレ
先週に引続き、ゴアテックスのソックス
あと、指ありグローブにファイントラックの手袋



2時半におきて、4時にスタートするつもりが、
天気予報見たり、
出発しても、駐車券とスマホ忘れて取りに戻って、

スタートの会場について、出発したのが、4時40分ぐらい?
KIMG0380 (360x270)
撮影:mihokoさん

ぱらぱら降ってるけど、いってきまーす
・・・て、もともと雨ふったら、DNSするつもりだったのに、
なんでオレ出走してるんだろう・・・・

雨レーダーで予報見ると、9時ぐらいから晴れる模様。
それまで我慢するしかない。

1stPass
スタート ~ 美ヶ原レストハウス
距離:25キロ
標高差:1500m


武石観光センターまでは、とばさず、頑張らず、
夜の走行だったけど、だんだん夜もあけてきて、明るくなってきた

武石観光センターで、本格的な登りになるけど、
まずはトイレ休憩&補給
テープが付いたジェルが駐車場におちていた。
どうやら、自転車のフレームに貼り付けていたのが、とれたようだ。
ありがたく頂いておきます


さて、登りますか・・・・・
KIMG0382 (270x360)

最初から、28T入れて温存で登ります。
久々にココ登るなぁ~

登って登って、6時50分頃に最初のエイド 美ヶ原レストハウス
ここでKボタさんに遭遇。

まずは補給して、温かい味噌汁をいただきました。
そして、なが~~~い下りでの寒さ(雨もあるけど)
グローブ、レインパンツ、首にタオルを巻いての低体温症対策をして、下ります。

下りの時は、要所要所で高度計を見て、標高を記憶します。

下ってる途中で、ビーナスラインからまがって、
早くも登ってる人とすれ違い始め、
大型トラックも登ってきやがったw

なんか、眠いんだよねー
目を閉じると・・・意識が持って行かれそう><
アブナイ アブナイ

国道の手前で、なんか事故っぽい
(救急車もいたし)

2番めのエイド ドライブイン和田宿跡 に7時半ぐらいに到着
KIMG0385 (270x360)
ココのエイドの名物 焼き鳥サンドをパクっ
ジェルも補給
ボトルに水とトップスピードのタブレットを入れて、スタート。

2ndPass

ドライブイン和田宿跡~扉峠分岐
距離:9キロ
標高差:700m


さっき下った道を登り返して、
あとどれくらいの距離を走って、峠のてっぺんか?


ではなく、

高度計で、現在の高度を見ながら、 あとどれぐらい登るか、考えながら登ります


って、もう登りの考え方が、登山・トレランに染まってしまっていますw


レインパンツを太ももまでめくって、走ったけど、
自転車こいだり、ダンシングすると、
パンツがケツからずり降りてきて・・・・・

ビーナスラインに出て、扉峠で、
第3エイド 井村屋ようかんエイド

KIMG0388 (270x360)
よく行く自転車のお店のオーナーが、ヨーカンエイドのマスターをしていました。
スポーツようかん 旨し
3本頂いて、次のエイドに向かって出発。

上田とは反対側の松本市側へ下ります。
平坦?曲がって、がくんと下がる。
下ってる途中でも、要所要所の高度を記憶しておきます。

下ったら、K村さんがスタッフをしている
第4エイド そば処やまべ

お蕎麦屋さんのお店の前がエイドです。
ここでトイレに寄って、おそばをいただきました。

そば 旨し!!!
そば 旨し!!!
そば 旨し!!!

KIMG0390 (360x270)

今までいろんな大会のエイド・レース後にそばを食べたが、
ウマい(伸びてない)
蕎麦湯まであって、ちゃんとそばつゆで塩分補給しました。

ここで、またKボタさんに遭遇。
いつの間にか、先行していたようです。

雨も晴れたので、レインウェア&パンツ撤収

3rdPass
そば処やまべ~扉峠分岐~美ヶ原レストハウス
距離:23キロ
標高差:1000m

ここから第1エイドまでなが~~~い登りです。

登って、登って、
急勾配はがんばって、がんばって、

ふひ~


牧場手前のカーブで一休み。
今日一番気合入れて登って、汗がボタボタ・・・
補給休憩です。
汗をかいたから、塩タブレットを
・・・
ないっ!!!



RUN+TRAILと同様に
「塩タブレット 落とした」


まぁ、エイドで塩舐めるか。

勾配は緩くなって、アップ・ダウンしながら走って、
またしても

でた~ 羊かんエイド


クリートが外れなくて、立ちごけしました><
11時に到着。関門12時なので、猶予は1時間か・・・・。

KIMG0388 (270x360)
よ~かんマスターから、元気の出るようかんを頂いて、出発

ちとゆるいアップダウンを走って、心が折れそうな
勾配のきっついヘアピンを300mほど登る。

そして、また本日最高地点に戻ってきて、
行の前に補給して、アサイチで登った坂を下ります。

どうも、本日、左手手首の筋に違和感があって、
下りでブレーキを使うと、痛むんだよね・・・

なんか左手手首の筋を痛めることしたかなぁ・・・・

・・・・したなぁ。先週。
エクストリームでたくさん滑って転んだから、その時かなぁ・・・・・

下りで
コケたり、突っ込んだり、FLYしないように、
眠いけど、眠らないように
気をつけます。

途中、手首休憩もして、
第5エイド 武石観光センター

KIMG0391 (270x360)

ちょうどお昼時で、おにぎり2個いただきました。
レッドブルもあったけど、あえてパス


4thPass

武石観光センター~武石峠
距離:10キロ
標高差:700m

ここから、後半戦
武石峠目指して進みます。

ここで、いつもエイドからスタートするタイミングが同じで、
先に行ってしまう、PEAKSスタッフビブを着た方と少々お話。
その方、UTMFのボランティアスタッフのウィンドブレーカー着てたんで、
気になってたんです。
(昨年ボラをした方でした)

ココは昔、何度か下ったことあるけど、登りで走るのは初めてだなぁ。
登り始めてから、標高が中間くらいのところで、補給休憩を少々して、

美ヶ原の稜線に出て、武石峠を過ぎて、
ビーナスラインの手前に、三才山方面へ烏帽子岩の看板があるトレイルを発見。
気になる~

ビーナスラインで、チェックを受けて、
(エイドではないので、食べ物なしよ)

降ろうとしたら、Tはしさんが反対側から登り終えたところだった。
相変わらず、はえ~よ・・・・

ツールド美ヶ原のコースを懐かしみながら下って、
要所要所で、高度計で高度を記憶。

ん?登りですれ違ったなかに、マキさんがいたような・・・

美鈴湖にでて、もうちょっと走って、
最後のエイド カフェピラータ
KIMG0394 (360x270)

KIMG0393 (270x360)
スープパスタ
とても美味しそうです。

(あの世界選手獲ときのスープパスタは、麺が伸びててまずかったなぁ・・・と思いだす)
運動中の人には、もうちょっと塩気がほしいかな?

さて、Kかみさんも来たことだし、出発するだに。


5thPass
美鈴湖~武石峠
距離:12キロ
標高差:800m


ツールド美ヶ原の中間のコース
懐かしながら、登ります。
救急車もきて、パトカーも来て、
事故現場が・・・・
車のブレーキ痕、左前がひどく凹んだ車・・・グニャと曲がった自転車、
( ´゚д゚`)アチャー

さすがに、キツいでやんすよ、
VESPAもので挑んでいるのに、
ラスボスキツい。

30分毎に休んで、呼吸整えて、1時間半で登り切っただよ・・・・

そして、あとはゴールまで下るだけ。

事故らないように!!!

まぁ、下りは速い速い、


法定速度をちゃんと守って、


あっという間に武石体育館で、
ゴール 16時24分
KIMG0396 (360x270)
なんか、ゴールらしいゴールアーチがないけど・・・

タイムは、12時間を切って、11時間44分
休憩はトータルで1時間半ぐらい?

ゴール後、チェックポイントでもらたステッカーを全部見せて、
完走 確認

完走ステッカーももらって、

KIMG0374 (360x270)
これが、PEAKS Round1の完走の証

完走者には、完走ジャージを作成できる権利がもらえます。
KIMG0372 (270x360)
2つのデザインがあるけど、無難に上の方をオーダーしました。
下のほうが、似顔絵が入るとのことなので、高めでもそっちでも良かったかなと・・・

ゴール後、キリンフリーを飲んでると、
JSA 御殿場合宿組がちょうど応援にきました。

今日一日じゅう眠かった・・・・・けど、
膝の痛みもでず、無事完走できてよかった。

それにしても、自分の走りは全然ダメだったな・・・
走ってないのもあるけど、軽いギアに助けられてたわ~(汗)

早朝から、スタッフ、ボランティア、出走された皆さん
お疲れ様でした。
上田に誇れる良い自転車のイベントでした。

来年はスタッフでw


GF軽井沢 

アレに向けて、練習しとかないとだな~
モンブランへの太もも練習にもいいかなーと

エントリーしてみました
グランフォンド軽井沢


コースは、距離120キロ、累積標高差2200メートル


山岳サイクリング


軽井沢
とあっても、甘くないよ-

エントリー費は、早期申込で8000円
サイクリングのイベントとしては、高いほう
(軽井沢だからって、お高くとまりやがってー)。
しかも、別途、車の会場での駐車料金もあります(コレも、天下の軽井沢のせいなのか)

コースの一部が地元だし、別に参加費払わなくても、走れるしな-
と思って、出なかったのですが、

軽井沢の白糸ハイランドウェイという道路が、
普通は、自転車と歩行者通行禁止の有料道路なんですが(努)

この大会の時は、自転車OKなので、

出てみたくなったのですよ、はい



当日受付は、6時からなので、6時に着くように
5時前に目を覚まして、5時過ぎに出発。途中コンビニで朝食かって、
食べながら、浅間サンラインで軽井沢へ

普段、軽井沢なんて、即通過or渋滞回避で通らないです。

スキー場の駐車場について、受付をしに行く。
もらったのは、
軽井沢のパンフレット
マップ
ぺろぺろキャンディー型に巻かれたタオル

KIMG0123 (480x360)

マップに各エイドでスタンプを押してもらうのが、通過証明となるようだ。
こんな紙1枚、ポケットに入れるには、折り畳まないとだよな(汗)
汗で濡れたら、やだよな~

ぺろぺろキャンディー型のタオル、
家に帰ってばらしたら、元に戻せなくなりましたwwwwwwwww
コレは観賞用なのか?

で、スタート地点が
KIMG0124 (480x360)
こんなに、レースさながらの自転車の場所取りが行われており、
後方から出発したくないので、そそくさと自転車の準備をして、
スタートのところに自転車を置きに行きましたw

そして、自分の着るものの準備をしていたら、気がついた。
アームウォーマー 片方しかねぇ

下り、寒そうだから、絶対必要だわ~
片方だけ、アームウォーマーつけてるって、ありえへんわ~

なので、スタート会場の出店へ買いに行きます。
KIMG0125 (360x480)
買ったのはコレ。
コンプレッション系なんだけど、ヒジの内側と外側に当たる部分の裁断が違ってるのよね。
締め付けもいい感じ。トレランでも使える品ですな

で、開会式やって、
7時15分に70人ぐらいの単位で、3分間隔でスタート

おれっちは、7時半にスタート?

まずは軽井沢駅に向かって、駅前の信号で白糸ハイランドウェイに行きます。
高原の朝の、爽快なサイクリング



上り坂さえなければな・・・・・

で、白糸ハイランドウェイに入ったところで、
急な坂

ギアを軽くしようと、シフトダウンしたが、
坂が急で、ギアが切り替わらん

無理に変えると、チェーンとは負担かかって、メカトラブルに発展しそうだがら、
ギアを戻して、ダンシングで踏ん張ることにする

で、傾斜が緩くなったところで、ギアを軽くした。

あ、ギアが重いなーと思ったら、アウターでした

だけど、しばらく登りなんだけど、腰がイタい><
何でかなーと思ったら、サドルの位置が低い。
なので、引き足も使えなくて、太ももの前の筋肉しか使ってない状態だ><
このままだと、地獄のキツさになると思うんで、、
次のエイドで工具借りて高さ調節しよう

白糸ハイランドウェイの道路脇の渓流
KIMG0128 (480x360)

東側の浅間山
KIMG0130 (360x480)
普段似ているのと、逆の方向

ここから、北軽井沢に入って、最初のエイド

まずは、エイドの食べ物チェック
・バナナ
・カップヌードル

KIMG0132 (480x360)

いきなり、カップヌードルかよwwwww


特に食べたい気も起きず。
(お持ち帰りするザックも持ってきていない)

しょうがないので、バナナ食べる

KIMG0134 (480x360)
浅間山 キレーだな~

ここで、そばにいた方から工具を借りて、サドルの位置を変える。
お礼として、グミ1個差し上げました。

サドルの高さはコレでいいいいでしょう

スタンプを押したし、そそくさと嬬恋村へ出発。

下り基調だけど、
登り返しがきついのはわかってる

だけど、登りがきついのは変わりない。
やっぱり、腰が痛い。
どうも、サドルの前後位置も悪い模様。
ケツを前に出すと痛みが和らぐから、前に出したほうがいいのか?

ともかく、今度velenyoでポジション見なおしてもらおう
天気いいな~、サイクリング日よりだな~
KIMG0138 (480x360)

登りの終わりで
KIMG0155 (480x360)


2つ目の嬬恋村エイド到着。
KIMG0163 (480x360)
エイド出発が10:10から。建物の2階に食べ物があるということなので、
靴を脱いで、スリッパに履き替えて、お二階へ。



なんと、インド人もビックリ(゚д゚)!

KIMG0158 (480x360)
カレーライス



KIMG0159 (360x480)
肉団子とサラダはバイキング形式でw
珈琲もありました。
なんか、食べ過ぎに早い気もするが・・・

食べ終わった頃には、スタートできる時刻になってたので、
スタンプ押して、上田へ向かいます。

つまごいパノラマラインの北ルートを走るのは、実は初めて
KIMG0167 (480x360)
愛妻の丘

オレにはカンケーないけど

国道に出たら、ゆるゆるの登り返し。
コレが地味-に嫌なのよね-

なんかサイコンを見たら、速度表示が6kmだったり、0kmだったり

あ、サイコンのマグネットがずれてるっぽい。
ケイデンスは動いてるから、後輪のマグネットがずれてるか?

鳥居峠で磁石調整して、長い下りに備えて、ウィンドブレーカーを羽織る。

そして、上田へ下り。
そんなに寒くもなかったな

まだ車も少ない時間帯のようで、
第3エイドのゆきむら夢工房に到着
KIMG0172 (480x360)

ここでの食べ物は、
KIMG0170 (480x360)
・トルティーヤ
・レモン水


レモン水のカットしたレモンは、そのまま捨てるののもったいないんで、
ちょうど空になったボトルに、レモンと水を入れて、「ほんのりレモン水」としました。

ここから家に行ったほうが近いにも関わらず、
軽井沢へと向かいます。

旧有料道路に向かって登って、有料道路~サンラインと行くのは
走り慣れてるんで、

この登りは、頑張らない。
この登りは頑張って、勢いで登る。
この登りは、下りの勢いでガーと行く
この下りの先の信号は意外と引っかかりやすい

こんなかんじで、旧有料道路を走って、

浅間サンラインは、交通量が多いから、
隊列組んで、まとまって走ったほうが安全かな?

サンラインは、おとなしく前の人について行って、
小諸の菱野温泉へ行くところに曲がってから、エイド手前の上りを頑張ります。
菱野温泉の急な上りを警戒していたが、
急な上りの途中にエイドがあって、助かった-

KIMG0173 (480x360)

ここでは、
KIMG0174 (480x360)
おいなりさん
レモン水

お腹いっぱいな感じ

スタンプも押して、出発


もうきつい登りはないからな-

1000メートル林道を走ってると、
先頭集団に追いついてしまった

先導車がいるから、速度が出せない模様。
KIMG0177 (360x480)
KIMG0178 (480x360)
3~40人の自転車が、綺麗に走ってる様は、
まるでツール・ド・フランスのようwww

集団に入ると、きつような感じがするので、
後方で集団を傍観することにしました。

滅多に見れる光景じゃないしwwww

この光景も国道に出るまで。
国道からゴール地点へ、隊列組んで走って、信号で先頭車から離されてwwww

13時40分にゴール

スタンプ押してもらって、

KIMG0181 (360x480)

完走証もらって、
KIMG0180 (480x360)

アンケート書いて、それと引き換えに抽選のくじを引いて

あめ玉 2個Get


そして、山菜たぬきそばもいただきました。
ソバが伸びてなくてウマイ。
たぶん、今まで大会で食べたソバの中で一番うまいかも?

(他のが、ま◯かったのもあるかもしれないが)

あと、入浴割引券ももらったのだが、

千ヶ滝温泉



・・・入浴料高いな・・・・
割引しても高いなぁ・・・・・

でも、こんな機会じゃないと、行かないと思うから、行ってみよう

で行ってみたら、
こっちのほうが気になった

KIMG0183 (360x480)

プリン専門店


今日の北軽井沢のルート上にもあって、気になってたんだけど、
千ヶ滝温泉の施設内にも、あったんで、

買って食べちゃいました♪
お店の中には、店内・店外で食べられるスペースも有ります

KIMG0184 (240x320)
KIMG0185 (240x320)
KIMG0186 (240x320)
ウマーヽ(・∀・ )ノ

今度、自転車で軽井沢来たら、ここでおやつ食べよう^^





で、帰り道、
回収と貼られたマイクロバスとすれ違ったんだが、
バスの中は、自転車ウェアのひとでいっぱいで
グランフォンド軽井沢の回収バスの模様・・・
マイクロバスの後ろの2台のトラックは、
選手の自転車が積まれていた



そういえば、この大会、エイドの関門でアウトになった場合、
回収されるんだな。

他の大会だと、関門アウトでショートカットコースに誘導があるが、
この大会はショートカットがないな。
(湯の丸はショートカットになるが、余計登りが増えるwww)

回収されて、軽井沢まで選手と自転車を移送するから、大変だよなぁ~。


ん?
結構、運搬とか移送するのって、意外と金かかるんだよな。
(しかも軽井沢の町中は車で混んでるし)


グランフォンド軽井沢の参加費が高いのって、
リタイアした選手の移送コストがかかってんじゃね?


出場者の1割は、リタイアとすると、2000人の1割だから、
200人分の移送する用意はしないとだし。
片道40キロはあるし。ガソリン高いし。




とにかく、今のままでは、The PEAKSラウンド1


やべぇっ
マジやべぇ
(ー_ー;)









The PEAKS Round1(上田)

このイベントを知ったのは、

今年の2月、

上田市内の某所の飲みで、
隣にいたT氏から、

美ヶ原で160キロ、累計標高差5000mの自転車のイベントやるよ

と、言っていた。

お酒の席なので、ほんとかいな?と半信半疑だった。

後日、cycleショップvelenyoさんに伺った時に、
先の大会について、尋ねてみたら
あのオヤジ、まだオフレコなのに、漏らしやがって~


あぁ、まだ秘密だったのね(^_^;)


だけど、もう解禁して、エントリーも始まっているので、
書いちゃいます

The PEAKS Round1(上田)


日本最強!最悪!の超絶山岳ロングライドイベント The PEAKS(ザ・ピークス)。
第一弾となるラウンド1の舞台は長野県上田市をスタートして美ヶ原エリアを舞台に9月7日(日)に開催されます。
走行距離153km、獲得標高5070m、アップダウンを5セット繰り返すハードなコースを制限時間内に見事に走破してフィニッシャーの栄冠を勝ち取ることはできるか?
前代未聞のチャレンジに熱い思いをぶつけてくれる勇敢なチャレンジャー1000名を募集します。
日本のロングライドイベント史上、最も完走が難しいライドイベントで「真の坂バカ」の実力を証明しませんか。


詳細はこちら



ルートは


武石村から美ヶ原に登って、和田村の方へ下って、
下ったら、登った道を登り返して、反対側の松本方面に下って、
下ったら、また登ってきた道を登り返して、武石村に戻ったら、
今度は、武石峠を超えて、美鈴湖まで下ったら、また来た道を戻って、
スタート地点に戻る


足にも、精神的にもきついです。

下った道をUターンして、戻るんですよ


普通なら、下った勢いで、次の坂を登りたいけど、

Uターンなので、
下った勢いをゼロにして、
加速ゼロでまた登り始めます



ここ数年、自転車で燃えるようなイベントがなかったので、
久々にオレのコスモ(小宇宙)が萌え上がってきました


今日からエントリーですけど、

エントリー費が1万5千円という、お高い値段・・・・

高いけど、まずはこの高さを乗り越えねばならないので、


えぃ、ポチ!



エントリーしました。

それにしても、
The PEAKS Round1
thepeaks_r1_elevation.jpg

と、モンブランマラソン80K
モンブラン80


の、コース断面図が同じ傾向なんだがwwwww
ギザギザ
今年はこうゆう年なのか?


プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。