酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
3
4
6
7
10
11
12
18
19
21
22
23
25
26
27
29
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス・針の木岳~爺ヶ岳ツアー

トレマンさんの北アルプスツアー行ってきました。
約1か月ぶりの山です。


1時半に上田を出発。
4時前に扇沢について、仮眠

5時前に集合場所に行くと、あらまぁ、たくさんいます。
まるで、今日は飲み会か?
のような、集まり具合。
(実質、最後の山小屋で飲んでた人いましたからねぇ)

アップダウンのある登山道を歩いて行って、
KIMG0170 (640x480)
3大雪渓の一つ、針ノ木雪渓

今日はこの靴で
KIMG0171 (640x480)
ビブラム ファイブフィンガー TREKSPORTS(2代目)

さて、この靴で雪渓を登れるか

最初はどう登るか戸惑ったが、
つま先を雪に突き刺すような登り方がよさそうな感じ。


だけど、下ってみると、す、滑る
指でふんばれない・・・・
ていうか、人間の足の構造上、無理か

雪渓が終わるところで、雪渓の沢の水をボトルに補給
この先は山小屋でしか、水(有料)を補充できないとか。

ここで、2リットルほどの水を携帯します。

KIMG0174 (640x480)

針ノ木峠 到着~


山岳警備員(?)の方がいて、
「トレイルランナーは、評判いいよ。大きな事故起こさなくて」


お~

「いまのところはだけど」


あらっ

この方の意見考えは面白かった。
登山者の荷物の軽量化は賛成とか、
靴底の厚い登山靴はひざを痛めるから、靴底の薄い靴とか地下足袋をはいて慣れたほうがいいとか


ここから爺ヶ岳まで縦走となります。

ますは、針ノ木岳 2820m
KIMG0179 (640x480) (240x180)


KIMG0180 (640x480)
黒部ダムのある、黒部湖
山に登れらないと見れません

次に行く山はコレ↓
KIMG0183 (640x480)
当然、いったん下って、登ります。


途中の
KIMG0184 (480x640)
高山植物 そのいち

KIMG0185 (640x480)
そのに



次の山の名前は

その名もずばり
KIMG0186 (480x640)

定番のというか、ご希望通りというか
標高2752m

そして、次の山は
KIMG0187 (640x480)

まだまだあるのね・・・・・

KIMG0193 (480x640)
しまった。
かっこいいW田さんの顔が看板に隠れて見えない

KIMG0194 (480x640)
右が大町側。山の稜線を境に、

KIMG0196 (480x640)
ふー、そろそろ疲れが・・・・
ていうか、ファイブフィンガーで進むのも疲れたな

KIMG0197 (480x640)
山荘

ここでお昼休憩
トイレ100円
そして、
コーラ(1缶350円)とジャムパン300円を購入

そろそろ、15時下山のスケジュールも厳しそうな感じ。
スピードアップするためにも、

靴チェンジ


ビブラム ファイブフィンガー TREKSPORTS(2代目)

スポルティバ エレクトロン(初代)

いやー、さすが、
足裏の衝撃を気にせずに、ずんずん走れますw

KIMG0198 (480x640)
岩小屋沢岳 2,623m


意外と走れるコースですね
みなさん

KIMG0200 (480x640)
種池小屋に到着

KIMG0199 (480x640)
真夏の雪だるま
暑さでとろけてますwww

ここから、爺ヶ岳まで往復。
KIMG0202 (480x640)
山頂が見えるんですが(雲で隠れてるけど)、登山マップで1時間。
近そうで遠い

KIMG0203 (480x640) (180x240)
今日の最後の山 爺ヶ岳2668m
H詰さんと

また、見たことがある人たちとあいさつをしながら、種池小屋まで戻って、
ジョッキのビール飲みたいけど、コーラ350円で我慢する

ここから、扇沢の駐車場まで、標高差1000mの長ーーーーい下り
ずーと右側が、谷の、
比較的広くて歩きやすい登山道

私が先頭で、H詰さん、埼玉からお越しのWさんの3人列車で下ります。

雪渓を横切るときに雪を手に持って、冷却材として使ったり、

休憩中のおばちゃんにきゅうりの漬物を貰ったり、

そのおばちゃんたちに後ろ歩きで進みながら、

ありがとー

・・・

ふっ・・・・

すとーーーん



うぉっと、


うっかり、登山道踏み外して、
谷に落ちそうになる

危ない危ない

あやうく、下界までショートカットするところだった。

だんだん下ってくると、

あ、暑い・・・・

標高でいうと、菅平ぐらいなのに、暑い

さぞかし、下界は激熱だろうな・・・・



登山者も多いし、歩いたり、
走っても、ゆっくりのスピードで下ったんですが、

休憩中の登山者に
「つちほこり~
と注意された。

そうか、土埃という迷惑もあるんだなと。
これから、そういう点でも気をつけないと
(特に何か食べて休んでる人にはね)

30分の高速下山後、携帯落として、
探索のため再度登り返すハチマキさんとすれ違ったりして、

トレマンさんの工程の時間通り、15時に下山完了

皆様お疲れ様でしたー。

そして、今日は筋肉痛

スポンサーサイト


プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。