酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回 御嶽スーパートライアスロン

いやー、ふともも筋肉痛ですわ~
興味がある方々も多いので、レポしときます。

天気は、
最悪の


朝2時に家を出て、4時過ぎに木曽町の太陽の丘公園に到着。
受付は5時からなので、自転車の準備したり、公園をぐるぐる走って、ウォーミングアップしたり、

受付で計測チップと出走リスト受け取って、
自転車にゼッケンつけたり、
デポ用のバックに荷物詰め込んだり(ウィンドブレーカー忘れた)
VESPAとZENを飲んだり、
デポの荷物預けて(忘れ物ないよな・・・)
・・いそがしい、・・・
よりによって、を2回も出したし

スタート位置に自転車を置かないとだし・・・
あー、自転車に乗って、最終調整してないけど、しょうがない・・・

5時45分に、自転車を所定位置において準備完了
KIMG0207 (240x320)
ふー、時間あるかと思ったけど、全然だ

ちなみに、自転車はゼッケン順に置きます。
ゼッケン No,は過去のベストタイム順に決められるようで、
ゼッケンの数字が小さいほど速いお方です。
初参加の人は、最後の番号のほうに割り当てられる模様。

今回の私の番号は12X番の百番台

あれ、私の過去のタイムからすると、50番台当たりのはずなんだけど、
なんでだろ
(そういえば、出走者リストの私の名前の振り仮名が間違えてたけど・・・・)


いつもは一人ですけど、今回はH詰さんも参戦です。
談笑して、6時スタート

・・・・あれ、
予想以上のゆっくりペースに焦る
最初の500mは徐行区間だけど、なんかゆっくりしすぎ。

・・ていうか、前に出たいんだけど、出れない
前と左右に人がいて、完全に前へ行けない。

う~、イライラ・・・

どうも、最初のバイクのヒルクライムは温存作戦で
ゆっくり行こうとする人たちっぽいから、
余計、イライラ・・・
わしゃ、得意のバイクで前に出たいんじゃよ・・・

なんとか、タイミングを狙って、声をかけて、集団から前に出た

・・・とおもったら、
また、しても別の集団にふさがれてイライラ、

ともかく、隙を狙って、前に出て、ようやく、自分のペースで走れた。

最初の5㎞ほどは、緩やかな登りだけど、途中下りもあるので、
いかに下りを味方につけるか?
というのを、いま振り返りながら思い出した。(遅いよ)


5㎞過ぎたら、ヘアピンカーブ多数の本格的なヒルクライム区間です。
ん~~~~~
なんか、調子がイマイチ・・・・
2年前はもっと余裕で、登れてたよな・・・
今は必至で登ってるよなぁハァハァ
ヘアピンのインをダンシングで登れる余裕が、2年前あったけど、
今は普通の登るのが精いっぱい・・・

あぁ、これはやっぱし、練習不足だな・・・
そいえば、今年、自転車で峠にほとんど登ってないし・・・・
山登り、トレランばっかだったしな
しょうがないといえば、しょうがないかぁ・・・ハァ

11㎞過ぎの給水で地元中学生から給水受けて、激坂区間へ。
給水したいほど、必死でしたwww


ここの急坂を登り切れば、平坦区間で速度を出せる。
よし、平坦区間頑張るぞー
アウターで頑張るぞー
時速30㎞超えだぞー
二人ぬいたぞー
ちょっと緩やかな登りだぞー、
時速10㎞に戻る・・・・ダメだこりゃ、パワーがない・・・orz

やっとこさ、バイク区間終了、自転車降りて、
係員に自転車渡して、計測のマットを通り過ぎて、
トランジッションエリアで、荷物を受け取って、

変身


ヘルメットを袋に入れて、
サンバイザー、シューズ(ラプター)、ウェストバック(ジェル2個入り)、
ハンドボトルを出して、装着。
ウィダーinゼリーを飲んで、

登山区間
5㎞、標高差1200m
御嶽山山頂へ出発。


あぁ、もう疲れたな・・・・

最初は木の階段が続く。
帰りは生きと全く同じ道を通ります。

あぁ、木はめちゃめちゃ滑りそうだな。
下りは気をつけないと・・・

途中、鐘を鳴らせるところがあった。
なんか、もうタイムはあきらめて、楽しむモードに入ったので、
鳴らしてみた。

ゴーン



おぉぉ、なんか体力が回復したようだ(マジで)

元気になったので、頑張って登ります。
ついでに、ジェルを1個補給する。
ここは、山登りしてたせいか、前よりも楽に登れてる気がする。

途中の山小屋で、
がーんばれがーんばれ

子供の声援に応えながら、走って通過したり。

8合目。山頂まであと2㎞

ここらへんになると、木々はなくなり、岩の世界になります。
そして、白くガスって、先がよく見えない世界・・・

標高2400m~3000m、寒くなります。
アームカバーとゲイダーつけてるけど、
やっぱ、ウィンドブレーカーもあったほうがよかったな

まだ動いてるからいいけどね。

強風に、横殴りの雨
ぐわー

めがー
めがー

メガネがー

曇って、前が見えん

9合目過ぎてから、トップの人とすれ違った。
下ってくる人を数えていけば、自分の順位がわかるけど、
もう順位は気にしてないからいいや。
とりあえず、ここでもジェル補給

なんか変な音がしたので、立ち止まる。
人の大きな声と聞きなれない音
上のほうはガスってて全然見えない。

もしかして、落石
立ち止まって、耳を澄ましてみる。
音はしない、
落石ではないようだ。ほっ

まぁ、気をつけて進もう。
聞きなれない音は、大会の旗が強風で揺れた音だった。

今度は、後方から、大きな声が聞こえる。
しかもなんか聞いたことあるような・・・・声だな・・・・

最後の階段を登り切って、山頂到着。
山頂のカラーコーンを回って、山頂に同着した方と
ちなみには大会役員ので、
後日、記念として、大会リザルトともに郵送されます。
しかも、タダで。
今時、なんてサービスがいい大会なんでしょう

そして、下ろうとした時、
さっきの大声の主、H詰さんと遭遇。
ちゃんと防寒ウェア着てるよー
メガネかけてないよー

階段下りた給水所で、ふぐらはぎがぴくぴくしてたんで、塩をもらう。
H詰さんも追いついたんで、一緒に下る。

メガネなしH詰さん
 メガネが曇るから外したけど、よく見えない。

メガネありchihiro
 メガネは白く曇って、よく見えない。

なんか、もう、トレマンツアー(プチレース)の感覚で、一緒に下っていきます。

途中、鐘があったんで、鳴らした
ぐおぉおぉぉぉぉぉぉんんんん
でっかくなりすぎてビビった。
けど、体力回復(マジで)

そうか、御嶽山の鐘は秘密のHP回復スポットだったのか

だけど、岩場の下りで、左足首を2回ほど、クキッとしてます。
一応テーピングはしてますが、捻挫までには至ってないです。
あと、ひざにテーピングしてたんですが、
雨ではがれてきてペロンペロンだったので、はがした。

エイドに戻ってきて、おにぎりがあったけど、パス
(後で思えば、食べてたほうがよかった)

木の階段の下り。
雨で滑りやすくなっているので、気をつけて下ります。

だけど、H詰さんからちぎられて、
また左足首をクキッ

そして、縦に置かれた木の板で、
右足が前方に滑って、スッテンコロリン
もしかしたら、登ってきた登山者に見られたかも

やっとこさ、登山区間を終えて、トランジッションエリアに戻ってきました。

ゲッター チェーンジ


ここで、ゲタ・・・ではなく、シューズをエレクトロン(初代)に変えて、
ラプター、ハンドボトルを袋に戻す。

H詰さんが出発した・・・・・
後を追わずに、
トイレトイレ
そして、計測用のマットを通過して、最後のRUNになります。
そこのエイドで、ポカリとバナナ1切れを補給。

この時点で、9時45分。
さてと、ゴールは11時過ぎかなぁ。

まぁ、走りますか。

自転車で登ってきたルートを走って下ります。
距離表示は1㎞間隔であって、㎞表示ごとに腕時計を見て、
1㎞のラップタイムを確認したり。

あぁ、やっぱりスピード出てないよな。
頑張って走っても、キロ6分きるぐらいか・・・

しかも、ずーーーーーと下りならばいいんだけど、
若干の登りもあります。
16㎞のうち、トータルの登りは1㎞に満たないけど、嫌なもんは嫌なんです。

それにしても、スピード出ないよな。
菅平以来のレースだもんな。
やっぱ、ちゃんと走ってトレーニングしないと、あかんよな・・・



そして、残り6㎞
ついにやってきた。

今回のレースの失敗の要因

腹減ったー


やべぇ、オラ、はらへったぞぉ・・・
チカラでねぇぞ・・・


ゴールまであと6㎞、果たして持つだろうか…


あ、エイドだー

おら「食べる物あるーー
エイドの中学生「塩ならあります」


とりあえず、ポカリ(水割り)を飲んで、出発する。

民家から声援を受ける
「ゴールまで4㎞だぞー、がんばれー」

ごめんね、距離表示だと、まだ6kmあるのよ・・・・


あー、登りがきつい

だけど、歩かん。最後まで走ってやる。

たしか、もう一か所、エイドがあるはずだー

3㎞地点手前で、天然水エイドがある。
例年だと、で熱いので、水をかけてくれる場所なんだが、
だし・・・
まぁ、空腹を解消したいので、水を飲んでみる。


・・・・何も起きなかった。


まぁわかり切ったことだが…


あ、エイドだー

おら「食べる物あるーー
エイドの中学生「塩ならあります」


とりあえず、ポカリ(水割り)を飲んで、出発する。


残り2㎞で、あることを思い出す。

そういえば、ウェストバックに飲んだジェルのゴミが入ってる。
そのゴミとなったジェルの袋をもっとしごいてやれば、
残った中身が出てきて、補給できるかも


おぉぉお、
しごいてしごいて、吸って吸って、

やった、ちょっと出てきたぞ。

おぉ、頭がすっきりした。


でも、足りねー

はぁ、あとちょっと頑張るか。

残り1㎞切った。

だけど、

まだ登りがあるのかよ・・・・

やった、会場が見えてきた。

誘導の人に「お腹すいたー」と言ったら、

「ゴールでカレーライスがあるぞー」


ぬおおおおおおお、

会場の駐車場に入って、
あ、先にゴールしたH詰さんだー

そして、ゴールまでのストレート
放送で、ゴールする選手の紹介があります。

ゼッケン12Xの*******さん(読みが間違ってます)
初参加です。


おおーい、初参加じゃねーよ
そうか、ゼッケン番号の謎が解けた。
読み仮名が違うせいで、初出場の選手として扱われたのか

ゴール手前でそんなことはどうでもよく・・・

KIMG0208.jpg


ゴールテープが見えている。
ということは・・・やれるかアレを

足は大丈夫か?
計測用のマットの位置は?

よし、計測用のマットで、いったん止まって、

ジャンプ

ゴールテープを飛び越えて、5時間25分ぐらいでゴール

ゴールテープを持っていた女子中学生は、鳩に豆鉄砲をくらったような顔をしていた


大会委員長と握手したり、完走タオルをもらったり、

そして、
念願
KIMG0210.jpg

食い物じゃーーーーーーー


スイカうめー
種もうめー

トウモロコシうめー

そして、参加賞を受け取ります。

これが、結構な量がありまして、

KIMG0211 (320x240)

食べ物は、トウモロコシ(今日、いただきました)
アミノバリュー

薬多数
(百草丸、のど飴とか、いろいろ)

25回記念の漆塗り大会名記入の箸 2膳

あと、トライアスロンでの完走者のみ与えられる
完走Tシャツ
KIMG0214 (240x320)

背中に、でで~んと
御嶽山  制覇


今まで、綿のTシャツだったけど、
機能Tシャツに変わってました。
(色は毎年変わるけど、デザインは変わっていない)

これなら、レースに着ていけるぞ。
どーだ、うらやましいだろー

そして、待ちに待った、

KIMG0213.jpg
カレーライス

ゴール後、もらった引換券をおばちゃんに渡して・・・・、



って、レ○○トカレーかい


まぁ、前のカップラーメンよりは、何倍もマシなんだけど、
なんで、トライアスロンの大会って、カップラーメンが出てくるんだろ?

御飯は、まぁ、ちゃんと、地元のお米とかなんだろうな、うん、




って、ご飯も○ト○ト食品かいっ


まぁ、鉄人祭という、
アフターパーティがあって(選手は無料)、そこでは豪華ですからいいんですけど。

だけど、鉄人祭は出ないで帰りました。



無料入浴券も、もらったので、お風呂入ってから帰ります。




あっ、

着替えのパンツ忘れた


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。