酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏磐梯山岳耐久レース2012のコースが出てきた

のメインレースを、色々迷ったが、裏磐梯山岳耐久レース2012にした。

数年前に開催されてから、ずーと気になっていた大会だ。

福島の磐梯山は、一度は登ってみたい山だし、
このそばの会津若松は、小学校の修学旅行で行った場所なので、
親近感がある土地柄なのだ。
長野県からだと、遠いけどね、

で、裏磐梯山岳耐久レースは、
トレイルランの大会の中でも、他に比べ、
かなり特殊なルールがある。

1.コース誘導なし。自分で地図を読んで進むべし。

トレイル上にコース案内版、エイドステーションは一切設置しません。
選手が自分で必要な装備をすべて背負い、自分で地図を読みながら進む、ノンサポート・トレイル
レースです。


ロード部分を除き、コース上にコース案内板は一切設置しません。レース参加者は道標とコース
マップで確認しながら自分で判断し進んでください。


大会前日のコース説明会まで、明確なコースは発表されないとのこと。
まぁ、不便だけど、地図読みできるし、
ふつう、大会のコースの下見をしない人なんで、
地理の予習前日のコース説明会を聞いとけば、なんとなるさ。


・・・
おっと、忘れるところだった。
コースマップの配布はないようなので、地図は自分で用意しなくてはならないらしい。


2.他人から水または食糧の補給(山小屋での購入を除く)、またはその他装備の補助を受けた
選手は失格にするぜよ

大会エイドはおろか、施設エイドもございません。

3.山岳遭難保険に加入してないものは、出走させないわよ
これは、ハセツネと同じですな。


4.他人から知識的、技術的、および体力的補助を受けた選手は失格にするんだからね


選手同士で道を教えてもらうのはダメよ
も含まれるらしい。
実際、過去のリザルトを見ても、ずーと同じタイムで進んでいた人(同じチーム?)が
失格扱いになってた。




まぁ、色々と厳しい
個人の力を試すレース

です。

とはいっても、一人で山に入るときの必須条件と同じようなものなので、
あまりビビることもないかと・・・
一人でトレマンプチレース、ツールドNAGANOに近いもんだと思います


ただ、コースなんだけど

約50㎞

制限時間 10時間30分


あまり余裕ないのよねー
誘導なしの地図読みだから、
余計厳しい。
(夜間走行はないので、まぁ、なんとか・・・・なるか????)

で、先日、コース概要が出てた。
ココ


国土地理院の地図と見比べてみると、
中々面白そうなコース


推測だけど、

スタート後、遊歩道みたいなところを通って、湖岸沿いの舗装路を走って、
スキー場を登って、磐梯山山頂手前の山小屋通って、
山頂には行かずに
表磐梯山のほうに出て、舗装路を下って、
再度スキー場を登って、元のコースに戻って、
走れるのかは知れないかわからんけど、なだらかなトレイルを通って、
道路を横断、
ニャンコ魔ヶ岳という、な山を通って、
だらだら走って、峠にちょっと出て、
国土地理院に出てない道を登って、下ってゴール。

国土地理院の距離計測で大雑把に測っても・・・・約50㎞

最大標高差は、たぶん800m
想定していた山岳よりも、
アップダウンは、なだらかそう(長野県の里山との比較)
ということは走れるか?


とりあえず、今の段階で、これだけの情報を分析できた。



いやー、実際、どんな感じなのか
ドキドキわくわく
して、楽しみである



そもそも、私が試走しないのは、わくわく感が薄れるからなのである
特に成績を狙ってるわけでもないんで、全行程を楽しく完走できればいいんで。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。