酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジィと鹿島槍と5本指

今年の夏は、アルプスたくさん登ろうと思ってたが、
仕事により

なので、ラストチャンス、登ってきた。
そして、一足先に紅葉も楽しんでみた。

コースは、前回のトレマンさんのツアーで、爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳に行けることがわかったので、

扇沢―爺ヶ岳―鹿島槍ヶ岳
の往復

よし、行ってみよう。

そして、今回もビブラム ファイブフィンガー TREKSPORTS(2代目)

しかし、今回は、
替えのシューズを持っていかないことにした。
終始、ファイブフィンガーで行ってやる

朝5時に扇沢へ到着・・・するも、車が多くて、
駐車スペースを探す羽目に

何とか駐車スペースを見つけて、5時半に柏原新道を登り始める。

狙いの紅葉は・・・標高2000mより上の辺りか?
KIMG0382 (320x240)

他の登山道よりも、比較的歩きやすい道なので、
テクテク登って、

あっという間に、2時間で種池山荘到着。
KIMG0387 (320x240)

ここから爺ヶ岳へ登ります。

まだまだ足は元気だけど、砂利のような細かい石の道は、
ファイブフィンガーには不向きだと思う。
逆に、大きな石と会話のある道のほうが、好き

振り返ると、種池山荘の屋根の色が、
まわりの紅葉の色とマッチしてていいね。
KIMG0393 (240x320)
だとイマイチですが…


KIMG0395 (240x320)
爺ヶ岳 南峰でを食べた。

そして、

食べかけのを落とした
あぁ・・・・オレの赤飯おにぎり・・・・


まぁ、食べたけどね。泥んこじゃなくて、石がついた程度なんで

ここからはまだ行ったことないルート
KIMG0397 (240x320)
晴れてればいいんだけどねー

爺ヶ岳 中峰
KIMG0398 (240x320)

後で地図をよく見たら、南峰ではなくて、中峰がほんとの爺ヶ岳山頂かも知れない。


中峰からの下り、


足を着地しようとした地点の近くの岩が


いきなり、


不自然に


数十センチも


あたかもスライドするかのように


移動した




えっ



岩が トコトコ 移動している



なんと、

ライチョウでした
KIMG0399 (240x320)


保護色でまわりの岩と似た色だったので、わかりませんでした。
動いているところをみて、ライチョウだと認識。

やったー、今年初のライチョウだー
今年はまだライチョウ見てないので、うれしかった。

そして、ライチョウの羽根が落ちてたので、
KIMG0401 (240x320)

記念にGet
とりあえず、ザックにさしておいた。


そして、数分後、ライチョウの羽根 紛失・・・・orz


そして、中峰分岐の看板で、もう1匹のライチョウ発見
KIMG0403 (240x320)

ズームでしたいんだけど、
スマホののズームの仕方がわからん。

冷乗越
KIMG0405 (240x320)
意味不明のモニュメント

冷池山荘
KIMG0407 (320x240)

ここから本命の鹿島槍ヶ岳へ登ります。

KIMG0408 (320x240)
赤いもの=紅葉に反応して、

・・・・

鹿島槍ヶ岳の前に


布引山 2683m

KIMG0411 (240x320)

・・・から見た鹿島槍ヶ岳

鹿島槍ヶ岳(南峰) 2889m
KIMG0412 (240x320)
証拠のファイブフィンガー

せっかくなんで、北峰に行ってみることにした。


そして・・・・後悔

結構急な崖の下りで、ビビる

しかも、どんよりに加え、
草木もない、彩色のない、白と灰色だけの景色・・
KIMG0421 (240x320)

風もぴゅーぴゅー吹いている

なんか、この感じ、記憶にある…

そうだ、だ。
なんか、冬っぽい感覚だ。

一足早い秋の紅葉を楽しむはずが、冬も味わうことになるなんて…

まわりに登山者もいないので、一人さびしくビビりながら
鹿島槍ヶ岳(北峰)2842m

KIMG0419 (240x320)

さて、帰りますが。
ここから先の五竜岳は来年にお預けでかな。

冷池山荘で、何か食べようとした。
うーん、チャーシューメン800円かぁ・・・

お、パンが半額だ。
(だぶん、山小屋は来週で閉鎖なので、賞味期限近くのパン?)

パン 300円→150円
コーラ 350円


・・・つい、半額という単語につられて…
orz…

よくよく考えれば、記念としてチャーシューメンにしとくべきだった。

再び、爺ヶ岳へ。
行きではわからなかった、紅葉がきれい。
KIMG0424 (320x240)
KIMG0425 (320x240)

あたかも、油絵のような感じさえする。

種池山荘で

ピザ 
KIMG0428 (320x240)

いーないーな

でも、13時まで。

残念ながら、13時オーバーです。

まぁ、下りますか。

KIMG0429 (320x240)
やっぱ、紅葉だよなー



下山中、腹減ったので、補給する。



・・・
足痛い
・・・

わかってたことだが、
ファイブフィンガーでの、下りは痛いのだ。

痛くないように、
着地する位置を見極めて、指の付け根から着地するのだが、
ときおり、とがった石とかが、かかとにもろに当たって痛い。

足首のまわりの筋肉も疲れてきたので、着地失敗もしばしば。

ゆっくり下るようになって、下山速度も低下。
15時20分に扇沢にやっと着いた…

なんか、行きは5時間だったけど、
帰りも同じくらいの時間かかってたな

いまでも、右足のカカトのところが打ち身したみたいに痛いです
 
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。