酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝と紅葉と鳳凰

昨年と同じく、行ってきました。
昨年の9月に登った時、紅葉のシーズンに行きたいと思っていたので、
また登ってきました。

いやー、もうね、

ぼーと立って、
景色見ているだけで、よかったわ。



昨年は、googleマップで検索した地図で行ったら、10㎞ダートの林道走らされたので、
今回は、青木鉱泉アクセスマップでちゃんと調べてきた。
大丈夫かなーとおもったが、ちっこい看板で「青木鉱泉」の看板があるので、道には迷わなかった。

3時に家を飛び出し、6時前に青木鉱泉到着。
駐車料金750円をお支払

6時に出発
ドコドコドッコイ・・・じゃなくて、ドンドコ沢ルートで登ります。
このルートは、途中に滝がたくさんあるので、
滝を見ながらの登山ができるので、好きなルートです。

ただ、
えーと、どこ?

ちょっとルートを見失うことを2,3回あります。

KIMG0452 (240x320)
コレは、一番最後にある、五色の滝

なぜ、五色なのか

KIMG0453 (240x320)
ちょうど、滝を正面にした時、真後ろに太陽があったんで、
ができてました。

KIMG0455 (240x320)
滝の上は青空
昨年はだったので、山頂からの景色は期待できそう

途中、が下りてきた。
小型犬で飼い主と一緒に降りてきた。
この・・・・宇宙服っぽい服を着ている。
しかも背中に取っ手付。

あれ、標高の高い山って、犬を連れてきてはいけないんじゃないの
菅平の根子・四阿山、北アルプスとかの国立公園はNGだったと思うけど・・

それにしても、この

登山道をトコトコ歩いていく姿を見てると、



かわいいじゃねーか、ちくしょう


このあと、ラーメンのような毛をして、宇宙服っぽい服を着た、
ちっこい飼い犬2匹にも遭遇した。

かわいいじゃねーか、このやろー


KIMG0460 (240x320)
河原っぽいところで。遠くにオベリスクが見えてきた。


人の話し声が聞こえてくると、鳳凰小屋に到着。
KIMG0468 (240x320)

なんか、ブログに、ここでも裸人の御方が出てるんだけど・・・


コーラとか、ジュース飲みたいなーと思ったが、ないとのこと。残念。

もうちょっと頑張ります。
KIMG0471 (320x240)

砂地に出たら、山頂はもうすぐ…

KIMG0473 (240x320)
紅葉だー

KIMG0475 (240x320)
オベリスク どーん
オベリスクの上には人が登ってました。


なんか、アイスキャンディに群がるアリのごとく、人がたくさんいたので、
オベリスク登頂はあきらめました。
見てるだけで怖いわっ




KIMG0479 (320x240)
たぶん、甲斐駒ケ岳
今度登ってみたい

KIMG0483 (320x240)
八ヶ岳

KIMG0484 (240x320)
甲斐駒方面へ縦走できるルート。
高嶺まで行かずに、途中で引き返す。

KIMG0486 (240x320)
やっぱいいよなー。

観音岳へ行く途中、道をロストする。

しょうがないので、引き返したら、


ちゃんと案内の矢印があった。

KIMG0489 (320x240)
うっかり見落としていた

KIMG0491 (240x320)

KIMG0492 (240x320)
観音岳

KIMG0494 (320x240)
空が近かった。
目の前が空だった。

KIMG0496 (240x320)
薬師岳へは、走っていける。

KIMG0497 (240x320)
あっというまに 薬師岳

そして、薬師岳小屋に直行
KIMG0499 (240x320)
トイレ200円のために急いだのだ。

そして、コーラ(300円)を購入

戻る
KIMG0502 (320x240)

KIMG0503 (320x240)

KIMG0506 (240x320)
指邪魔
KIMG0507 (320x240)

観音岳から、近道ルートで鳳凰小屋に戻る。
このルートは・・・・作業道っぽい感じでイマイチ
最後にハシゴを下りて、川を渡って、鳳凰小屋に戻ってきた。

KIMG0510 (320x240)
コーヒー(500円)を頂くことにした。
エネルギー補給のためにも、砂糖たっぷり。

白い粉(?)は・・・・なんかビンの賞味期限を見たら・・・

・・・入れないことにしよう


KIMG0511 (240x320)
登ってきたルートではなく、御座石温泉ルートにします。

最初はなだらかということで、
走れる
KIMG0514 (240x320)
走れる
KIMG0515 (240x320)
走れる?
KIMG0516 (240x320)
トレランにぴったしのコースだな。

KIMG0518 (320x240)
燕頭山からは、急な下りとなるけど、
まぁ、ダイジョブダイジョブ

KIMG0520 (320x240)
旭岳の祠

KIMG0521 (240x320)
分岐で、急坂はここまで。

また快適なコースを走って、
KIMG0522 (320x240)
御座石温泉に到着。

ジュース飲みたい。小屋の人に何があるか聞いてみたら、

コーラ、サイダー、お茶・・・・オレンジ


オレンジ!?

じゃあ、オレンジ下さい


・・・・

オレンジジュースではなく、


ファンタオレンジでした。



まだ、ゴールじゃないんですよ、
車は青木鉱泉にあるので、

もうひと山越えます。

地図だと1時間

さっきの小屋の人の話だと、登り10分、なだらか10分、下り10分のこと。

それがし、これでも、トレイルランナーの端くれ、
もっと早く着くでござる。


でも、登り9分

登り切ったら、どっち?
地図をよく見て、右だな。

そして、道を見失ったり。

KIMG0524 (320x240)

倒木とかで道が不明瞭なんですよ。
主にビニールテープの印だけなんで、
暗いとますます道がわからんな、こりゃ。

なだらかと言っても、結局は登り基調で9分

下りは飛ばして4分でした。

青木鉱泉に戻ってきて終了



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。