酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏磐梯山岳耐久レース2012

福島県は遠かった・・・
金曜日に会社を定時に脱出し、velenyoに寄った後、福島へ向けて出発。
まずは、国道で、栃木県の足利まで行って、健康ランドで仮眠。
朝、4時過ぎに出発し、日航鬼怒川から福島県南会津に入った。
で、喜多方に寄った後、裏磐梯に到着。

IMG_20121103_123214.jpg

あぁ、やっぱり磐梯山の山頂・・・雪だよ・・・

受付はキャンプ場の建物。
受付をした後、正式コースマップが掲示されてたので、
持参したマップにルートをマーカーペンで書き写す
IMG_20121103_133612.jpg
出場選手は、総勢30名

で、2泊する宿にチェックインして、再び、キャンプ場に戻って、
に乗って10kぐらい離れた、コース説明会&前夜祭会場のラビスパ裏磐梯へ。
コース説明会で、いろいろ情報を仕入れておく。

前夜祭までは

そして、前夜祭。
出場選手とスタッフとの交流会みたいな感じです。
料理は意外にもよかった。
バイキング形式で、よくある料理じゃないんですよ。
IMG_20121103_194352.jpg

カレーライス2種類(普通のとレッドカレー)、パスタ、
手巻きずし、トルティーヤ、うどん、お総菜、


酒も、アルコール度数高い酒も
IMG_20121103_175806.jpg
熱燗マシーンwwww


やばい、飲みすぎるとやばい…
でも、食べ過ぎました

前夜祭は、参加者少ないんで、他の参加選手やスタッフとの談話、
30秒の自己紹介に、じゃんけん大会
参加者少ないんで、全員に景品が行きました。

わたしは、をGet

8時に終わって、ようやく宿に戻ってきました。
(会場移動が多くて大変。ようやく宿でゆっくりできる)

明日の準備をして、早々に



朝4時に起きて、あらかじめコンビニで買っておいた朝食を食べる。
5時に宿を出て、徒歩で、スタートのキャンプ場入り。

会場で、菅平で一緒に受付をやったK田さんにご挨拶。
(たぶん、優勝でしょう・・・ていうか、優勝でした)

問題の磐梯山は、やっぱり雪があります。
それでも、中止やコース変更にしないなんて…
ええぃ!やってやれだ!

持ち物チェックで、
水、ライト、地図、行動食、コンパス
をちゃんとチェックされた。

今回、水の補給は面倒なので、しない方向で。
(水場があるが、ちゃんと水が出ているか???なので)
1.5リットルの水
紙パックのジュース200ミリリットル 2個

以上で十分でしょう。

補給食は、
ジェル2個、ウィダーinゼリー2個
柿の種&クラッツのおつまみ系
グミとバー2個

食べたのはこれだけ。
カロリーメイトとかハニーワッフルも持っていったけどね。

で、まだ薄暗い、6時スタート。

キャンプ場を一周し、絵原湖湖畔の道路を、
紅葉を見ながら、楽しく

国道に出た後、歩道を走って、トイレに駆け込む
一応、念のためのトイレです。

でコース復帰後、裏磐梯スキー場に向かいます。
スキー場ゲレンデを頑張って走って登って・・・・やっぱ、最後は歩きました

IMG_20121104_071745.jpg
本日の磐梯山。
これから登る雪山です

磐梯山を登って、
IMG_20121104_074125.jpg
雪も増えてきて・・・
(ちなみにまたココを通ります)

そういえば、今シーズン初の雪山ですwwwww

雪は積もってるけど、初雪みたいな感じで、
まだ気温低いんで、滑ることなく、登っていきます
IMG_20121104_075109.jpg
木もこんな感じ
IMG_20121104_075157.jpg
あの湖から来たんだよな

予備関門の山小屋。
IMG_20121104_081058.jpg
せっかくなんで、湧水一杯飲んで、山小屋に入って、ほんのちょっと温まる。
小屋の人に「飲むか」と勧められるが、遠慮しといた。

ココが最高地点で、最も寒いとこなんで、
IMG_20121104_081115.jpg

とっとと下ります。

IMG_20121104_081737.jpg

ひぃぃぃぃ、

風が
ビュービュー
ゴーゴー

吹いています

あまりの突風で、飛ばされそうになることも

IMG_20121104_081744.jpg

もぅ・・・・さいこう

とっとと下って、冬の世界から秋の世界に戻ります。
紅葉の中、林道8㎞、標高差600m?の下り。

下って、猪苗代スキー場へ行きます。

実は、本日、ゲレンデ逆走マラソンという、大会と重複していますwww
まぁ、説明会のとき、関門時間ぎりぎりだと、時間帯的に重複するかも?でした。



ほぼ中間地点の第一CPで9時22分ぐらいに通過。
スタートから約24㎞で3時間22分かぁ。意外と速いな。
まぁ、走れる舗装路、林道が多かったからな。

あと残り半分の距離だが、ここからが本番だと思い気を引き締める。

そして、また磐梯山を登りに行きます(いやらしいコースでしょう)
スキー場のゲレンデを登って登って、登山道にはいってから、
あぁ、懐かしの岩だ。
この登りで、7~8人ぐらい追い越したことになるのか?

途中、なんか、足を負傷したような感じの選手がいた。
追い越すとき、声をかけてみたけど、ひざを痛めたが、大丈夫のこと
・・・

追い越した後、

後ろから聞こえるんですよ。


痛めた膝による
悲鳴が・・・


うぐっ!


ぐわっ!!


ぎゃあぁぁぁっ!!



お、お願いだから、もう無理せずにリタイヤして~


あぁ、コース分岐チェックをするスタッフがいたー
一応、彼のことは伝えました。
(さすがにアレはヤバいでしょう・・・)

また、雪の世界へと戻ってきました
IMG_20121104_103547.jpg
ひゅ~るり~、ひゅ~るり~、LaLa・・・・

IMG_20121104_103941.jpg
崖っぷち
ここを下る登山道があるんですよ。
しかも、雪なのに。

あ、こんなところを登ってくる登山者が来た。
(よくもまぁ、雪なのに、今日はたくさんの登山者に会いました)

下って、磐梯山の火口跡を通って、また裏磐梯スキー場に戻ってきました。
(違う登山口に降りる可能性があったんで、ミスコースせずによかった。)

また、来たとき同じルートで行って、

前のの看板を今度は逆方向の下るほうに行って、
IMG_20121104_113609.jpg
中ノ湯温泉跡
おぉ、温泉のにおいがプンプンするぜー。温泉入って、温まりてー
登山マップには、毒ガス注意って、書いてあるけどな

さて、下って…
・・・

あ、手袋落とした


登り返して、手袋を拾ってくれた登山者がいて助かりました

磐梯山ゴールドラインに合流。
ここでトイレ、&、ちょうどお昼なので、
ちょうどいい小屋で休憩。

このレース、エイドがないんで、
休むところも自分で決めなきゃなんないのよ。
普通だったら、次のエイドまで頑張るぞーなんだけど、それがない。

あと、自販機は最初だけあって、後半にはまったくないです。
水もないです。

あー、しんど。

さて、あと20㎞ぐらいか?

次の目的地
猫魔ヶ岳
IMG_20121104_122223.jpg
じつは、今回初の山頂です。
(磐梯山の山頂は行ってないんですよ)

お次は、
ネコ岩
IMG_20121104_123331.jpg
とつぜん、モッコリ岩が出てきました。

ココの分岐で、マイナーっぽいルートに行きます。
一応標柱はあるんだけどね。

下って、おおよその高度になったら、
また分岐。ここも、ちゃんとした看板じゃないけど、道はちゃんとある。

シングルトラック→林道→舗装路にでて、駐車していた車の中の人から応援を受けて、頑張る気になった。

IMG_20121104_130145.jpg
雄国沼を見ながら、
舗装路の登りも頑張って、

第2関門の金沢峠(41㎞地点)を13時11分に到着。

よし、あともう一息。

ここから、ちょっと下って



あ、ハイドレの水が尽きたっぽい
紙パックのジュース2本も既に消費済み…

残る液体は、ウィダーinゼリー 残り100g???

まだ、体は乾いていないが、
残り7㎞はあるぞ・・・。もうひと山(丘)あるし・・・・

とりあえず、省エネで行こう。頑張るとヤバい。

最後の山、雄国山の登る手前に、水場がある。
えーと、ここか!










こんな感じでしか、水が出ていない。
コース説明会の情報通りだ

これじゃ、飲める水がたまるのに時間がかかりすぎる。

しょうがない、あきらめる。何とか持つだろう。

雄国山の登りは、ペースを上げずに登って、山頂到着。
ココからあとゴールまで4.8㎞っぽい。

後はもう下りだけ。

でも、走ると、胃の辺りの筋肉と、右足のスネの筋肉が痛い。

落ち葉も多いんで、気をつけて下る。

あ、こんなところにかき氷があるじゃないか
やった、水分補給できる
(注:雪です)

がりがり

に・・・・・・にがっ


10㎞ぐらいずーと一人でした。

残り2㎞ぐらい、

後ろを振り向いても、やっぱし誰もいない…

聞こえるのは、自分のクマ鈴の音だけ


うわっ、びっくりした―


いきなり、後から選手登場!

軽快に下って行って、抜かれました。

もう追いつけないだろうなー

と思ったら、最後の分岐で、休憩してました

ここで抜いたけど、
また抜かれました。

追いつこうと思っても、今の筋肉の状態じゃ無理。

マイペースで下ります。

そして、登山道を下り切って、憩いの森にゴール
8時間31分でした。
前の選手は4分ほど速かったのかな。

順位は、おぉ、8位でした(出走した人数28人中)。
10位ちょっとだと思ってたんでびっくり。
(ということは、途中7位だったのか?)

ゴール後のアクエリアスとみかん2個がうまかった。

あ、あと、ゴール後でも、装備品のチェックがありました。
このチェックでOKが出ないと完走扱いになりません。

ともあれ、完走できてよかった。
これで一人前のトレイルランナーになれたのかな?


ともかく、やっぱり水だけでもいいので、エイドは欲しかった。
(そうゆうルールなので仕方ないが)
今回のコース、中盤から後半は、山小屋・自販機なんてなかったんで。

某大会の酷評で、水しかないエイドで、ブーブー言ってるが、
こっちは、エイドはおろか、水もないんじゃー!!!

暖房の効いた休憩所で休んで、宿の人に迎えに来てもらい、日曜ももう一泊しました。
で、月曜に長野へ帰ります。

内容的に敷居が高いレースだと思われがちですが、
スタッフの対応、キャラの面白さ、コース・景色の良さ、前夜祭、リピーター(もの好きな人)の多さ?
結構いい大会です。
人数少ないんで、渋滞とか、他の登山者の迷惑にもならない規模だし。
裏磐梯ってフィールドも結構いいですね。紅葉もきれいだし、湖、温泉もあるし。
(長野からだと、遠いのが難ですが・・・)
また出るかどうかは・・・・来年の距離・コースで考えます。
(さすがに移動だけで疲れるわ)



おっと、公式リザルトが出ていた。
あれ、順位が一つあがった。ミスコースで失格扱いですか…さて、何が起きたんだろう????
あと、最後に追い越して行った人は、とんでもない御方でした。
前夜祭でTJARスタッフ&選手の御方だったとは・・・・
競わないで道を譲って正解でした

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。