酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールドNAGANO2012(後編)

TmamaさんとN山さんは、一応か弱い女性なので、一緒に雨飾山に入ります。
(でも、ピンチのときやレースのときは、ものすげー力を発揮します)


2つの登山道があって、どっちでもいいとのことなので、
まだ通ったことないけど、近そうなコースで。
途中鉄柵と碑があって、鉄柵沿いに進んで、あれ

道が鉄柵でふさがれている。

他は、下山ルートだし・・・鉄柵には、扉があって、閉まってる。
コースをロストして、女性陣は不安感が積もってきた
(ヤバイ)


ん、この扉、鍵がかかっているかと思ったら、開けられるぞ。

どうやら、山からの獣がふともの畑を荒らさないようにするための鉄柵らしい

となると、開けて入ってもいいけど、開けっ放しにせずに、ちゃんと閉めていけ
ということか?


でも、この先は初ルートなので、
1人ならともかく、他の人もいるんで、このコースで行くのはあきらめて、
一旦引き返し、昨年のツールドNAGANOで下山したコースで登ることに。
ここで、N山さんは時間の関係でお別れ。
Tmamaと二人で雨飾山を目指します。
・・・が、またしても、鉄柵にコースを阻まれます。

そうなると、もう確信しました。勝手に開けて中に入ってもいいんだと。
(案内板がないのが不親切だよなー
(マツタケ山なら、立ち入り禁止ってちゃんと書いてあるし)

扉を開けて、中に入って、コース看板がちゃんとありました。


ここを登って、だんだん雪になって、
やっと山頂。
下山中に別ルートから登ってきたH井さんと遭遇。

今度は奇妙山への登り。
あ、前に、GAKU隊発見。だけど追いつけない


この辺りから、トイレ行きたくなってきた
Tmamaさんは、次のエイドのミネストローネでテンションを上げている。


奇妙山はピストンなので、前走者とすれ違いができる。
あ、やっぱり、Aj隊とすれちがった。
GAKU隊と同時に奇妙山山頂へ。H井さんも遅れて山頂へ到着。
IMG_20121201_153914.jpg


ここから、ずーとくだり。
雪ですべります。


それよりも、くだりでの上下運動で、
お腹が・・・・・ヤバイ感じ・・・・


Tmamaさんに先に行ってもらって、お腹のトラブルを解消しようと思ったが、
女性一人でこの先下山させるのも、あれだし・・・・
たぶん、オレの所要が完了するまで待つといいそうだし・・・・
まだ、Pではないんで、我慢して進みます。

途中、左に折れて農大に下るルートで、歩きになったんで、上下運動は収まり一安心。
だけど、カラスにカーカー鳴かれて、馬鹿にされてる感じ
なんとか下って、舗装路に出たぞ。

暗くなる前に下山できてよかった。


ここからエイドまでは舗装路ですぐなので、Tmamaさんには先に行ってもらって、
私はお腹のトラブル改善に死力を尽くす。
・・・一応、弁解しますが、山に入る前、おぎのやのトイレで、とりあえずふんばったんですけど、
出なかったんですよ。
それが、今頃になって、「こんにちは」としてくるんで、コノヤロー


エイドに到着。
これからの夜間に備えて、防寒インサーをきて、ライトの準備
そして、Tmama待望のミネストローネを頂きました。


ここからロードで移動です。
Tmamaにつられて、がんばって走りました
(1人じゃ歩いてました)
そして、走りながら、野辺山100kmウルトラマラソンの勧誘を受ける。
「ここで走れるなら、野辺山いけるって」
・・・ん~、考えときます。


若穂の7-11でAj隊に遭遇。Aj隊メンバーにU井さんも加わってた。
ここで、夕飯補給。肉まんだったかな?食べたの。


ここから、車の少ない若穂病院前を通って、太郎山入り口エイド到着・・・・
・・・って、おい、暖房の聞いたテントの中、人多すぎだろっ!!
何人入ってんだよ


ここから大部隊が結成(10人?)。
え~と、M隊長は先行偵察で、後方はAj隊に任せる布陣
中には、U井さん、I籐さん、Tmamaさんら、私含め6人


この布陣で、太郎山を登り、くりぃむしちゅ~のある次のエイドに向かいます。
次のエイドの方(虻蜂さん)厄介になります


もう白くなった、若穂太郎山を登って、きれいな夜景を見た後は、
急坂下山で、雪と氷の林道を下ります。

ここで、走力の差がでてきて、みんなから遅れることに・・・
そして、林道の上り返しで、眠気が・・・
同様にU井さんも眠そうだ。
ふらふらしたり、目をつぶったりしながら林道を進む。
時折、U井さんも奇声を上げて、眠気と戦っている。


そんな状態で、エイド到着。
案の定テントの中は人でいっぱい。

あ、入れ違いでGAKU隊が出発。


寒い季節はやっぱり、くりぃむしちゅ~

2杯も頂いてしまいました。ありがとうございます。

さて、テントを出て、出発・・・
・・・

さ、さむっ


温まった体に外の寒さはきつい・・・

一人進みます。

登って下って、下って、
Aj隊に追いつかれました。

Aj隊と一緒に10時前に下山完了。
これからAj隊は7-11のコンビニに行くとのことで、ついていこうとした。





しかし



ちぎられた・・・・




みんなぁ~どこいったんだよ~
どこの7-11いったんだよ~


しかたなく、一人で当初の予定のコースを進み、ローソンで補給。

時間帯的に、ペーサーと合流予定だった時間だな
うぉぉぉぉぉぉ、俺の人生のペーサー、どーこーだー


あと、公園で、下半身の防寒もして、臥竜山に向かいます。

臥竜山手前で、Aj隊を発見。
先に臥竜山を登るが、眠気でクラクラ
Aj隊に先に行ってもらう。
山頂で、H井さん、しんどそうだ。
U井さんもしんどそうだ・・・
おれもやばい・・・・

明覚山の登りへと、みんなで向かう。
っていうか、AjさんとH詰さんに頑張ってついていく


ん~、やっぱ眠い。
これから、明覚の山に、極寒の3時間、しかも眠気。
雪で滑る下りで眠気Maxは相当危険。

冷静に状況を考えて、明覚山登山口手前で、お店に戻ることを決意

Ajさん、H詰さん、U井さん、H井さんにお別れを告げ、戻ることにしました。
(この4人とも120キロ完走したんですからすごいです

この時点で深夜0時です。

地図を見ていけば、406号で行けば近いのに、来た道を戻ります。

井上山からは、ヘッドライトの明かりが見えます。
まだ山の中にいたんだな。

須坂ICをすぎて、あ、ラーメン屋がまだ空いている。
深夜2時まで開いてるのか・・・入りたいがパスする。

そのさきのMウェーブを過ぎたところの山岡家にはいって、
味噌ラーメン
かけご飯を食べる
ふー、一息つけた。

お店はもうすぐだけど、一息つけたな。

再出発して、お店までトボトボ歩いて、2時過ぎにゴール

お店には、イイヤマさんに、120キロ完走したN田さんがいました。
そして、ラーメン食べたばっかなのに、トレマンカレーを頂きました。

駐車場まで、イイヤマさんに送っていただき・・・
・・・車が雪で白くなってる

雪が解けるまで、エンジンをかけて暖房を効かせた車の中で1時間ほど仮眠して、帰りました。
また眠くなる前に、家について、即寝

まぁ、ほんとに、トレマンさん&YUKIさん(お腹大きくなってました)
ボランティアスタッフの方々、一緒に走ってくださったり、コースを教えてくださった方々
ありがとうございました。

また来年お世話になります。
(もうそろそろ120キロ本気で目指してもいいんでないか?)
スポンサーサイト


Comments

ウッチーさんお疲れ様でした!念願の?くりいむしちゅー食べられたみたいで良かったです。
ゴールには立ち会えませんでしたが、また来年(開催できるのか?!)よろしくお願いします。
くりいむしちゅー
YUKIさん、とても美味しゅうございました。
冬といえば、シチューなので、
よもや、山の中で食べられるとは思いませんでした。

来年は・・・
大丈夫ですよ
(店長風に・・・)
楽しかったです!
ツールドN お疲れ様でした!
途中からご一緒ささせていただきありがとうございました。
いろんな話もでき楽しかったです。
モチベーションが落ってた時だったので元気もらええ、
ミネストローネまで行きつけました(^^;
今度は野辺山でご一緒できるかな〜??!!
おつかれさまでした
Tmamaさん、120キロ完走おめでとうございます。
毛糸の帽子がすごく暖かそうでした。

来年、信越五岳110キロ、イケるんじゃないですか?
今度は野辺山以外でご一緒しましょうwww

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。