酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の北八ぶーらぶら

おもしろそうなんで、行ってきました。冬の北八ヶ岳。

いやー、メチャメチャいい天気で絶景でした

朝早く、車で出発して、スタート地点に9時半到着
IMG_20130203_092740.jpg

北八ヶ岳ロープウエイ
見ての通り、真っ青な空です
左は、蓼科山。右側の山が今回登る山です。

標高1,771m地点山麓駅から、ゴンドラで標高2,237mの山頂駅まで登ります。

ゴンドラは20分間間隔で運行してて、往復料金で1800円
トレマン隊なら、下から歩いて登れ
とか言われそうですが、冬のルートは???なので、まずは一般的な方法で。

スキーヤー、スノーボーダーの他に冬山登山スタイルの人たちもたくさん乗って、
IMG_20130203_094212.jpg
ドナドナドーナードーナー

と絶景を見ながら
たった7分で山頂駅到着

IMG_20130203_095015.jpg

一気に、飯縄山よりも根子岳よりも標高が高い地点に
らくらく到着

しかも、今日は気温が高いのか、思ったほど寒くない。
しかも風が強くないから、今日はグローブしなくても行ける感じ

これから、北横岳ヒュッテに向かいます。
結構登山者多くて、道もしっかり踏み固められている。
皆さんアイゼン着用で登ってます。

それがしは、スノーシュー持ってきてるんですが、
モンベルのスノーポンというので、
スノーシューでも、アイゼンにもなるやつを持ってきてます。

まぁ、しっかり踏み固められているんで、トレランシューズのまま登ります。

難なく、北横岳ヒュッテに到着
IMG_20130203_102035.jpg
冬でも営業してて、宿泊できる山小屋です。
未だに中には入ったことないですwwww

この辺の冬ルールとして、
IMG_20130203_102116.jpg
要は、尻すべり禁止です。
理由はこちら

ここら辺は、冬山登山初級編な場所みたいです。
まぁ、そりゃ確かに、ゴンドラ使えば楽だがな・・・

ここから北横岳へ・・・
急な登り・・・

なんとか、踏み跡を利用して、アイゼンなしでも登れるが、
さすがに下りはダメだろう
ということで、アイゼン装着

トコトコ登れば
北横岳~ 標高2480m
風が強くて寒い
IMG_20130203_104313.jpg

指邪魔で、蓼科山見えんから


IMG_20130203_104349.jpg
もう一枚

浅間山方面もよく見えます。
上田地域も見下してます・・・・
IMG_20130203_104710.jpg

南八ヶ岳方面



亀甲池方面と大岳方面に踏み跡あるけど
これから南下して、またヒュッテに戻ります


・・・・が、

登りラッシュで、なかなか下れず…

ここは、夏シーズンの北アルプスか?


登り優先なので、道をそれて待ってたら、
登りのオッチャンから、
下りますって、言いながら下らないとあかんよ
とまで言われる始末…

なんで、道譲ってあげてるのに、説教されなあかんねん・・・

まぁ、言われたからには、ちと強引に下ったりして、北横岳ヒュッテに戻ってきた。
そしたら、もう団体さんはいなくなってた…
ちょうどラッシュの時間帯だったか…(ロープウェイの時間もあるし)

ここから、来た道を戻って、
IMG_20130203_111042.jpg
坪庭
雪だとわかりませんが…
南アルプスもみえるでぇ~

坪庭を過ぎて、今度は縞枯山荘に向かいます。
IMG_20130203_112848.jpg
カメラマンも多い。

何を撮影してるか????

IMG_20130203_112855.jpg
こんな写真???

トコトコ歩いて、縞枯山荘到着
IMG_20130203_113602.jpg

ここも冬営業している山小屋。宿泊可です。
ここでお昼~

まずは、お店の外でアイゼンを外す
(これがナマーです)

食事できそうなのは、山菜うどん800円栗ぜんざい800円
後はお茶コーヒー酒

うーん、これだな。

IMG_20130203_115009.jpg
栗ぜんざい
ほうじ茶と漬物付

お餅はちゃんと、焼いていれてある
想定外の手の入れよう・・・

山小屋内を見てみると、注意書きに

酒癖悪い方は宿泊禁止

wwwwwwww

後、トイレ(100円)もお借りした。
すんげーきれいなトイレだった。

さて、またアイゼンつけて出発。
縞枯山を目指して進みます。
途中の看板の分岐を曲がって、トレースに沿って登ります。

なんか、トレースと登山道が違うようだけど、
IMG_20130203_124033.jpg
山頂

ココから南に進んで、
IMG_20130203_124048.jpg

途中、林の中に小鳥発見

よく見えなかったけど、
すんごい小さくて、丸々してて、

まるで、

肉だんご

みたい・・・

IMG_20130203_125154.jpg

展望台
東側がよく見えます

かっこいい氷
IMG_20130203_125258.jpg


また下って、
IMG_20130203_131127.jpg

また登って、

IMG_20130203_131603.jpg
茶臼山
西側がよく見えます

今日の山はコレで終わり。
一旦、縞枯山と茶臼山の間の分岐まで戻って、西側迂回ルートで戻ります。

アイゼンで走って下ったり
IMG_20130203_134744.jpg

山頂駅の手前で、雪でズボズボになってきたんで、
しょうがなくスノーシュー装着。
山頂駅手前で、スノーシューを外す……

・・・・・なんか、変だなーと思ったら……

アイゼン、ぶっ壊れた



しかも、両足とも
IMG_20130204_235110.jpg

金属が、割れました・・・

アイゼンで走るようなもんじゃないな…
…トレラン用アイゼンってあるのか???

まぁ、とにかく、修理出しても、2月末だろうな…
これで今冬のスノーシューで遊ぶのは終わりってことか…

まぁ、今日の景色は極上だったから、もう満足かな


IMG_20130203_142404.jpg
山頂駅からロープウェーで下山です。
登りはスキーヤーだらけだけど、

下りは登山者10名弱
IMG_20130203_144306.jpg
ロープウェーからの景色も満喫
蓼科山、北・中央・御嶽山・南アルプスまで一望できました。

下山後は、小斉の湯に寄った。

なんと、

ここは、

男のロマン

混浴風呂があるじゃねーか

秘湯混浴刑事エバラもビックリ


一生に一度の男のロマン

だけど、入らなかった

なぜなら、

女性はタオルを巻いて入浴してください
と書いてあるから?
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。