酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅間スカイマラソン プレ大会(10/9)

10/9は第0回 浅間スカイマラソンに、ボランティアとして参加してきました。

残りわずかなガソリンで、なんとか高峰を登り(山頂でENPTY印 点灯)、スキー場の駐車場到着。
信州トレマン、上州山楽走、アルパイン鹿沢のみなさま、等々集まっております。

今回の私の役目は、コースの最後の山水の塔山
コース誘導すること。かなりの岩のガレ場なので、選手に注意を促すこと。

水の塔 冬

山頂の看板は、こんな感じ。

…てか、真冬の写真やん!
今年の冬にスノーシューで初めて登って、それ以来登ってないのです。
雪のない水の塔を登るのは初めてです。

スタート前に、きたむぅさんの車で高峰温泉の駐車場に移動する。
途中、黒斑山に登る登山者の車で路駐が多かった。

高峰温泉のそばに、水の塔登山口があり、大会コースと逆走する形で、登る。
登り返しがあることを確認したり、ミスコースするかも?な所も確認しながら、
きたむぅさんと話しながら登る。
きたむぅさんは、仮装用コスチュームとか小道具持っているので、大変そうだ。
コースの林道が見える場所で、選手たちが走ってるのが見える。

トップ集団の黄緑色の点は上州山楽走のひとかな。
たぶん赤い点は、トレマンさんだな

水の塔山頂に着き、私はコースの先の確認、赤いライトの設置、
きたむぅさんは、下ってガレ場の下のほうに戻っていった。

なんとか、トップ選手が着く前に、ポジションにつけたぞ!

山頂からの景色
水の塔 浅間
これは、水の塔山頂からの下りコースです。
こんな岩場を選手は、尾根沿いに走って下っていきます。こんなところ走って下れば、捻挫もします。
スタート・ゴール地点のスキー場もよく見えます。

反対側の東篭ノ塔側です。
水の塔 東篭ノ塔
選手が来るのが見えます。

9時45分頃、トップ選手がきました。そして、トレマンさんも到着。
タイム差少ないんで、もしかしたら、下りで逆転できるかも?

山頂では、
「選手来るのまだかなー」
登山者のカメラのシャッター押したり、
カメラ撮ってるときに、選手が来て、「あ、誘導もしないと」と慌てたり。

そして、最終のK桐ファミリー一行がご到着。
最年少の9歳、頑張りました。
ラスト
盗撮の撮影したデータが壊れてて、残ってたのはコレと他数枚だけ

そして、もっと最終となってしまった、急遽スタッフのハムS口と一緒に下山。
下山後、きたむぅさんの車で、スタート地点まで戻りました。

そして、バーベキューです。
外で直火で焼肉を想像してたんですが、
スキー場の食堂で、ビュッフェ形式のランチでした。
焼肉に豚汁、カレーライス、おでん、スイカ、ケーキ、ドリンクバー等
食べ放題

いささか食べ過ぎたか

閉会式やって、お帰りです。

参加してくれた皆々様、お疲れ様でした。
ぜひ来年もよろしくお願いします。
こんどは、10月3連休の月曜の体育の日です。



…で、正式開催に関して、気になったこと、ひとつ。
小諸駅⇔大会会場のシャトルバス運行は必要かなと思う。
意外と、登山客の路駐多いし、コレに2~300台ぐらいの選手の車が来ると大変。
普通の車でも、高峰まで一気に標高差1000mの登りは大変だし(ガソリン食うし)。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。