酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっしー トレイル もーもー Fuji スタート編

大会会場に到着。

さて、受付しに行く。
身分証明書を掲示させられた。
さすが、昨年の入賞者、替え玉事件があったためか。

で、ゼッケンとか参加賞受け取って、
今度は、携帯品チェックのために、荷物をそろえて、
ウシも持って行って、チェックを受ける。

呼ばれるアイテムを掲示するのだが、
「大会の電話番号が登録されている画面を見せてください」
「水」
「携帯コップ」
 ・
 ・
 ・
「保温のための手袋」
「保温のための帽子」

ウシを見せる。

検査員の女性
「かわいいですね(笑)ぜひ、かぶってください」

ウッシーはOKでした。

そいえば、会場で、
おサルさんの全身タイツの人を見かけたな。


残念ながら、絡むどころか、遭遇すらありませんでした。


ザックの用意も済み、

ちょうど12時

さて、お昼でも食べたり、会場探索しようかな
という時に雨が降ってきた。

でも、じきに止むだろう

吉田うどん500円
を昼食とした。

もっと他にも食べたいが、特にないなー
コンビニ近くにないし。

会場探索して、ノースフェイスのブースは、UTMF限定グッズで満載だった。

さて、水とかジェルをソフトフラスクに入れて、
ドロップバックを預けに行く途中、

ホッケさんとU敷さんに会えた。

ホッケさんは、今回スタートからA2エイドまでのスィーパーです。

ホッケさんの着ているゴアのスタッフジャンパーいいなー
(ボランティアでもらえる?)
と、思ったり(来年はスタッフジャンパー狙いでボランティアかな)

U敷さん、ホッケさん、M沢さんと、開会式まで談笑

14時半になり、開会式会場かつスタート地点へ行きました。

SUNP0004 (640x480)
SUNP0003 (640x480)

無論、牛をかぶっていきました。


いやー、めだつわ~、からまれるわ~


キリンの着ぐるみをした外人の応援の女性ととられたり、
テレビカメラでインタビューされたりwwwww


トイレに行きたいので、U敷さんと別れ、
用を足して、会場に戻ると、

新潟のN嶋さんと、ハッシーさんに出会えた



とうとう、15時 

100マイルの旅 スタート


スタートゲートの右側を行ったら、鏑木さん、六花さんらとハイタッチできた。

ハイタッチよりも、牛の頭を撫でてもらいたかった。

しばらくは、ロード。

のんびりと進みます。

住宅街を抜け、交通量の多い道路を横断して、
トラックの運ちゃんをさせながら、
また道路を横断して、トレイル突流。

そして、

案の定 渋滞

SUNP0011 (640x480)

登りの渋滞で待ってたら、列の最後尾に
スィーパーのホッケさんが、回収してきたコーステープを持って登場。

TJARのNHKで、一躍有名人のホッケさん、

写真撮られてましたwwww

マイペースで登って、
SUNP0013 (640x480)
ここまで登り。

ココから下ります。

M浦さんの奥さんみたいな女性選手から、
「ウシさ~ん」


と呼ばれたり

今回は、「ウシさん」と呼ばれるのがほとんどだったな。

下って、N嶋さんと一緒に、
最初のエイド A1 鳴沢氷穴
26日 17時16分

到着

SUNP0015 (640x480)
エイドは大賑わい

SUNP0014 (640x480)
地元のミュージシャンが演奏してました。
いつもは、鹿相手に演奏
昨年は、ココは、さながら野戦病院のよう

といってたり。

特にこのエイドで補給する必要もないし、トイレもまだ大丈夫なので、
即出発。

下り基調の道路の歩道をコトコト走ります。


またしても、
M浦さんの奥さんみたいな女性選手から、
「牛さん」と呼ばれておいこされたし。
(また会いたいと思ったが、最後の最後で遭遇するなんて・・・)

精進湖の信号から、トレイルに入って、
だんだん暗くなってきた。
樹海の中ってこともあり、ますます暗いぞ。

ハンドライト(自転車のUSB型充填ライト)を使った。

トンネルの手前で、六花さんとハイタッチして、

もう暗くなった本栖湖の湖岸の道路を進んで、

第2エイド 本栖湖スポーツセンター
26日 18時50分

到着。

関門は20時なので、ゆっくりと夜に備えます。

ここで、ご当地グルメ
精進かゆ(おかゆ)
SUNP0017 (640x480)
を頂く。

まぁまぁ、お腹にやさしいな。

あと、あったかい麦茶もお椀いっぱい頂いて、

ボトルにエイドのムサシを補給して
エイドの食べ物もつまんで、

約30分のんびり滞在してたら、周りの人が少なくなったんで、
ヘッドライトを装備して、出発。

ここから竜ヶ岳山頂へ、標高差500mの登り

でも、ここからストック使えるもんね。

だけども、昨年のUTMFから使ってないので、
1年ぶりにストック使いますwwww

あまり頑張らないように登ってたら、携帯電話が鳴った

電話に出なかったけど、
Velenyoさんから、注文していたヘルメットが届いた連絡っぽい

う~ん、もう1日あとに電話が欲しかったな。

走すれば、疲れた体でいろいろ話せて気が紛れていたかもしれないし。

ジグザグに登って、竜ヶ岳山頂
SUNP0019 (640x480)
満月と富士山がきれいだ。


ここから、下り。

今回、一番楽しく、走って下ったかもしれない。

さすが、トレマンおすすめライト。明るくていいわ~

昨年リタイヤした端足峠を通って、
朝霧トレランレースのルートへ

途中の沢で顔洗ったり(やっぱ、汗かいて、塩がついてた)


下り終わったら、平地の走れるトレイルをトコトコ走ります。

途中、名前を呼ばれたので、誰?

ハッシーさんでした。

歩きでお休みのハッシーさんを置いて、コトコト走ります。

そして、

驚愕の水エイド 麓
26日 21時57分
到着

ココの関門は23時30分

時間の貯金ができた。

ここでじっくり補給する


水だけのエイドのつもりだったが、

水、アクエリアス、コーラ

みたらし団子 or 稲荷ずし
どちらか 1個だけ

小袋のせんべいとかのお菓子
3袋まで

フツーのエイドだーwwwww

お稲荷さん、うめー

ここで、持参のトマトスープに、メロンソーダを飲む。
柿の種もポリポリ

これから難所、天使山地に備えて、しっかり補給する

20分ぐらい滞在して、出発しようとしたら、ハッシーさんと、ちょうど到着したN嶋さんに会えた。

さて、気を引き締めてくぞー

スポンサーサイト


Comments

ん??
”M浦さんの奥さんみたいな人”ってどんな人?変な人?天然な人?
只今コタツで転寝してますが…

ともあれお疲れ様でした。レポートの続き待ってますよ!
M浦さん
純心で、いい子
ということです。

奥さん、大切にしてあげてくださいね。
先日、同期が離婚の報を聞いたばっかなので

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。