酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっしー トレイル もーもー Fuji 中盤編

水エイドを出発して、林道をちょこっと進み
天子山地の雪見岳への登山道に入ります。

今回の大会のために、登山道を整備したやらで
なんとなく塑像はしてたんですが、


うん、

これは、


山の斜面を登る



雪見岳 山頂まで 標高差 800m

ストック使いながら、登っていきます。


き、きつい・・・・・

そして、

吐き気が・・・・・


あ、アカン
胃がもうだめになったのか…

さっきのエイドで、長丁場になるから、
たくさん食べたのがNGだったのかな?

それとも
カレーの小袋が悪かったのか?
あぶらっぽかったからな。


ともあれ、胃の状態はよくない。
何とか回復させたい。

暖かいもの飲んで、胃の中の消化を早めたい。
だけど、お湯なんてない。

水はある。冷たい水だ。

だけど、冷たい水をごくごく飲むのはNGだ。
冷たい水がお腹を冷やしてしまい、余計に内臓を消耗する。

なので、水を飲むときは、すぐに呑み込まずに
口の中で、クチュクチュして、水の温度を上げてから呑み込むようにする。
(冷たい牛乳を飲むときは、よく噛んで飲むのと同じ原理)


ちなみに、エイドでも、
飲むのは、温かいものと決めてた。

逆にエイドでは、冷たいもの、特にコーラは飲まなかった。
コーラは、起爆剤として、最後のほうで飲むと決めてた。

心拍数が上がりすぎないように、ちょっと休みも交えて、
2時間でようやく雪見岳山頂。

山頂でVESPA補給したりして、ちょこっと休んで、再出発。

つぎは熊森山だ。

いったん下って、再度登るのは覚えている。

まずは下りで、結構、急斜面
滑って転ぶことも
(スポルティバのエレクトロンなので、木の根っこで滑りやすいのよ

下ったら、急斜面の登り。
ココから渋滞というか、団体の列で行軍しました。

そして、後ろの女性と話したりしたので、
楽しく進みました。

それにしても、昨年は、こんな急斜面を登ったんだよなぁ、
信じられん…

しかも天気が良くてよかったわ。
雨でツルツルだったら、地獄絵図だろうなぁ…

ときたま、雪の冠の富士山が満月の明かりで見えたり、
富士宮市街地の明かりがきれいだったり。

長者ヶ岳 チェックポイント
27日 2時42分


ICタグを機械で読み取ってるスタッフに対し、
ウシ「それ、ガイガーカウンターですか?」
スタッフ「ちがいます」


テーブルに座って補給休憩。
隣のテーブルでは履いてる人いたり、眠気に襲われてる人もいたり。

ここまで私の前にいた人と少し話したり。
天子山地、ありえへんわ、きっついわ、眠いわ



まぁ、普通そうでしょうね。



そうそう、もう午前2時過ぎなんですが、

それがし、全然眠くないです。
頭、冴えてます。


昨年のUTMF、ツールド長野でも、
12時ぐらいで、眠気でクラクラするのに、今回はない。


な、なんでだ???

まぁ、とにかく、調子がいいということで、


調子がいい時にガンガン進みましょう。

天使ヶ岳から、追い越し禁止区間の岩場を下り、
標高差800mの長い下りを進み、

下山近くで、誘導員の女性に、

カエルの被り物ですか?
と言われたり…


ウシです.....

まぁ、夜だし、ヘッドライトつけてるし。

登山道を下って、田んぼを北上して、

なんと、もうすぐ夜明けにも関わらず、
民家の前で私設エイドがあった

大会エイド以外での補給は基本NGなので、気持ちだけにしておきます。
徹夜で応援ありがとうございます。

次のエイドまでもうすぐ。
ロードで歩いてもいいが、仮眠しておきたいので、
その分の時間を稼ぐため、走れそうなとこは、頑張って走る。

眠気はないんだけど、いつ眠気がきて、
クラクラするかわからんから、

仮眠はしておきたい。



第3エイド 西富士中学校
27日 4時34分


関門時間は6時30分

5時30分出発にしよう。
エイドで食べ物を物色する。

富士宮焼きそばは…パス

それにしても、
この動画のエイドでの
Kristin Moehl選手の富士宮焼きそばを食べるシーン

うまそうに食べるな~




私は、ほうじ茶を飲んで、パンをかじって、
5時20分まで、体育館でごろ寝で寝ることにした。







目が覚めたら、5時24分


寝坊した。
そそくさと支度して、朝飯として、エイドの食べ物食べたいけど、パスして、
5時30分出発。

まずは、鉄塔のある場所まで、トコトコ移動。

そして、鉄塔地獄の再来である。

昨年は、事前情報がなく、苦戦したが、今回はもう知っている。

とりあえず、鉄塔を数えながら進むことにした。











まだか・・・・






20


ようやく、鉄塔から脱出できました。

あれ、昨年の水エイドがあった場所は通らなかったな。
どうやら、去年よりも鉄塔エリアは短くした模様。

第2水エイド 栗倉
27日 7時26分


水以外にも、アクエリアス、コーラ

おにぎり、焼きそばまで・・・・

おにぎりとお湯があるなら、
お茶漬け
食べました

前のエイドで、朝食をしっかり食べてなかったので、
ここで補給をしっかり食べます。

20分ほど休んで、出発。

次のエイドで、ドロップバックがあるので、
それまで、残ったジェルを飲んで、消費しとかないと

コトコト歩いてたら、ランニングマガシンの方と一緒になり、
話ながら進んだり。
スタートからここまで、走りながら来て、UTMFの実走取材?

朝だったから、まだ涼しくて、防寒具を着たままだったけど、

日が高くなって、日差しがあたると、暑い・・・・

なので、防寒具のジャージを脱いで、ザックのヒモにはさむ


途中、コース誘導の人に、
あ、牛さん キター

ん?
なんで牛がいるの知ってるの?

聞いてみたら、
UTMFのホームページで見たとか



なにー、UTMFのホームページで何があったんだー?
今、文明から離れているので、わからん・・・・


長い林道と舗装路を、下りは頑張って走って、
水ヶ塚公園行とのすれ違い区間にて、もうすぐエイドだー


こどもの国のゲートに来ました。
そこでの応援の人の犬
ウッシーにビビッて、吠えられたり(笑)

昨年とは違い、一般道を通って、裏道から、子供の国 侵入。

第4エイド 富士山 こどもの国
27日 10時14分

到着

関門は13時30分。
長く休めるけど、休みすぎちゃおうし、
暗くなる前にすばしりまで行きたいので、休憩は1時間とする。

ドロップバックを受け取って、
補給食の補充。

柿の種はあまり食べなかったので、補給せずにドロップバックに戻す。
グミはよく食べたので、補充

ジェルの袋を開封することはなかったので、
補充なし。

ソフトフラスクに、ゼリー系、ジェルを補充。
サポートいないんで、自分で作業。

エイドで食べる予定だった、ゆで卵、野菜のゼリー2袋を食べて、

エイドの富士山ひららという、
きしめんうどんみたいなものを頂く。

お湯をもらおうと思ったが、お湯切れのため、
富士山ひららをもう一杯。

着替えようかと思ったが、面倒だからいいや。
(でも、やっぱ着替えたほうがよかった…)

マッサージも気になったが、先を急ぐことにして、

掲示板を見ると、なんかコースが変わってる模様。
まぁ、気ににない方向で。

別荘地エリアは、クマ鈴を外すエリアらしいので、
ザックから外した

11時14分 出発


ここから、ストックは使えないので、久々に2本足で進む。

これから、次のエイドまで、9.5㎞ 標高1600mまで登る。

なので、走らないでおこうと思ったが、

こどもの国の正面入り口で、テレビカメラがあったので、

走ってしまった。

・・・・ウプッ、さっき食べたものが・・・・吐きそう・・・・・


テレビカメラが写らないところで、RUN終了

ココからの登り、がんばると、吐きそう

まぁ、頑張らずに進みます。
なので、追い抜かれることもよくあります。

気にしない、気にしない、
ココは辛抱だ。

鉄塔で登ってもまた下るので、標高が稼げない

別荘地到着。

別荘地を、あちこち曲がりながら進む。
後で知ったことだが、先行スタートのSTYで
別荘地の人と一悶着あって、コースが変わった模様


SUNP0020 (640x480)

今日も快晴。富士山もきれいだ。
現状のオレの状態、胃がまだダメ

別荘地をようやく過ぎて、登山道に入ります。

ここから、本格的な登りでしんどい…

高度計みても、なかなかエイドの標高にたどり着かない。

コース上で休むことも多くなった。


まだ吐き気があるので、

吐いてみたが、

中身は出なかった。



完走できないかもしれない
そんな負の感情も芽生えてきた。

途中のカメラマンさんが、
道路に出たら、150メートルでエイドですよー

あと、どれぐらいで道路なのかが知りたい…
高度計も1400m付近で、あと200mも登らなければならない。

昨年、ココを下りで通ってるんだけどなー
スキー場に出るはずだけど、全然でない・・・

なんか林道に出たけど・・・・・

あれ、道路に出た。

エイドだー

第5エイド 水ヶ塚公園
27日 13時57分


後でわかったんだが、ココのエイドの標高を
1400mを1600mと勘違いしていた。

とりあえず、胃を回復するために、温かいものを…
昨年食べられなかった
水餃子

果たして、今の胃の状態で食べられるのか?


・・・食べられました。

お湯を飲んで、アップルティーも飲んで、お休み。

エイドの人に「牛さん疲れてるー」と言われたが、
何とか回復した感じ。

20分休んで、出発します。
ここまで88.8㎞。

やっと半分超えました。ココから後半戦です。なげーなー。

という現実的なことは考えずに、次のエイドまでの距離だけを考えて進みます。

ここから、富士山登山道。昨年はなかったエリアです。
そかも、走行禁止エリア

最高地点まで、走ってはいけません。

走らなくていいんだー


登って行ったら、前の選手とカメラマンのやり取りを見て、
カメラマンが、私の前の選手に向かって「Thank you」
と言って、すれ違った。

外人ぽくないカメラマンだったので、前の選手に聞いてみたら
・・・・・

ペラペラペラ English ペラペラ

前の選手が、外人でした
アジア系のかた?

えーと
I think you are Japanese. that camera-man is not Japanese.

外人 OK

ふー、焦ったー


登りは、ひとまず終わり。平坦な道を進みます。
走れるとこだけど、走行禁止。

なんか、ふらふら歩いている選手発見。
眠いーとのことで、パスした。



しかし、

眠いー

俺も眠くなった。
眠気がうつされたのか?
とうとう、おそれていた、睡魔が来ました。


なんとか、眠気を吹き飛ばそうと
頭をブンブン、ふってみる。



後から、
ウシが頭降っている
との声

うーん、何か食べるか。
フィグログを食べてみた。
2種類のうち、ピリ辛のほうを食べてしまった。


おぉ~、辛さで目が覚めた




うっし、復活


最高地点 四辻まで、最後の登り。
砂ジャリで、なんとも言えない雰囲気。
さすが、富士山。そして、UTMFらしいコース。

SUNP0024 (640x480)
最高地点到着。

ここから、下りです。

景色もいいです。
SUNP0027 (640x480)

SUNP0026 (640x480)

砂走り

あまり走れる足はないけど、楽しんで下ります。
砂が多いところに着地すると沈む感覚。雪とおんなじだ。
着地のダメージを抑えるため、砂が多いところを選んで走る。

途中、白いのがあったので、何かなーと思ったら、でした。

下って、下って、

第6エイド 富士山御殿場口太郎坊
27日 16時4分


あれ、N嶋さんが私服で応援してる。途中リタイア?

そうそう、今回のエイド、大きなテント内にあることがほとんど。

大きなテントの中でストーブ炊いてあって、家の中にエイドがある感じ。
全然寒くなく、とても休まります。助かります。

ココで、おそばを食べて、コンソメスープも飲んで。
ココのエイドのオレンジの切り方が一番好きだな。

あれ、なんか、左胸ポケットから、ジェルが漏れた跡が・・・・

ソフトフラスクを取り出してみると、

穴が開いて、おもらししていた。








眠気はなし。まだ元気。暗くなる前に先に進もう。
10分休んで、再出発。

N嶋さんらとハイタッチして、スタート。
手には、お漏らししたソフトフラスクを持って、

とっとと飲む。

遅い人のコースタイムだと、9.4㎞の下りで1時間半
本当にそのタイムで行けるのか????

まぁ、下りなので、足にダメージを蓄積しないように進みます。

自衛隊演習場は、トコトコ歩いて(なんか登りな感じですが)

自衛隊演習場出口でチェックポイント通過。

ここから、エイドの道の駅まで、
ロードの斜度10%の直線3キロの下り

走ると足のダメージが半端じゃない

歩きたいが・・・・みんな走ってるしなぁ…

隣の松林の中を走りたい。
道路の200mごとの距離表示が恨めしい。

がんばらずに下って、

第7エイド すばしり
27日 17時49分


1時間35分で来れたな。

さてと・・・

ん?マッサージがある。

しかも空いている模様。

それじゃあ、オネェさんにマッサージを受けることにした。
(ついでに目をつぶって、仮眠)

足をいろいろ揉まれたりして、体制替えられたりして、熟睡はできんが、
太もも前と横のマッサージは効いた。

ありがとうございます。

さて、エイド食は・・・・
おしるこ

お雑煮

・・・

甘いものはたくさん食べてるので、しょっぱいほうでお雑煮で。
お餅も焼いてあって、おいしい。

あと、コンソメスープ飲んだりパン食べたり。

ライトの準備。

かれこれ、40分ほど休んだのか。

まだ、明るいけど、これから夜間の山越え
試走もした、エリア

ココから正念場だ
いきまっせー

続く
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。