酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 信越五高原ロングライド(走行編)

昨晩は頭痛がしていたので、早めに就寝。便意
で朝の2時半に目が覚めた。
幸い頭痛も治った感じで、深夜に準備を済ませ、3時半に出発した。
上田から国道18号で行こうとして、上田市を出たところで、シューズを玄関に置いてきたことを思い出す
仕方ないので、また家に戻る(早く気がついてよかったー)。
時間に余裕がなくなったんで、仕方なく高速で斑尾高原へ向かう。
高速降りて、途中から大会コースに合流して、初めて斑尾高原にきた。

たぶんあれが斑尾山で、3週間後にまた来て登るんだなーと思いつつ受付へ。
偶然にもWなべさんにあった。
7月のベレーニョのちゃたまやツーリングで一緒になって、びっくりしたが、
今回もお会いするとは思ってなく、びっくりした。
(あれ?走らないの?)
信越五高原斑尾スタート

スタートまでお隣の車の新潟から来たおじいちゃんと話したり、
ストレッチしながらゆるゆるな感じで待つ。
(レース前のピリピリした感じはありませぬ)
開会式で、池ノ平組の様子が無線で聞こえる。
斑尾スタート組は150人ぐらい?の少人数で、ゼッケン順に10人ごとにスタート。
私は9組目でスタート(7:10)。
う~ん、脚の調子はモモの付け根の疲労感が気になる。
絶好調までとは言わないけど、120km走るには申し分ない感じかな。

最初のエイドまでは多少アップダウンはあるけど、下り基調
だけど、路面は雨と風による木の葉と枝が落ちてるので、路面状況に気をつけながら下る。
私の場合、登りのほうが得意なので、登りになると前走者を抜いていくような感じである。

年間8000kmをこなすスワコレーシングの健脚おじいちゃんに追いついたので、
しばらくその人の後ろについて、観察する。
脚がすごかった。無駄な脂肪がないうえ、黒人かと思うような、まっくろに日焼けしている。
顔の色と比べて、相当黒い。長年の日焼けで色素が定着してるんだろなー。

ゴルフ場に出て、広い道を速度を上げて下り、橋を渡って、エイドに到着(8:13)。
いやーたくさん食べモノあるわー
草だんごを最初にいただき、豆腐に目がいったので、豆腐もいただく(おいしい)

次の池ノ平まで登りの区間となる。
ゆるい勾配とまれにゆるい下りがある。
登りなので、前走者をどんどん抜いていく。
国道の下のカーブした路面が金属の橋のあたりから、後ろに一人貼りつかれたようだ。
長い登りで離れるが、下りで差を詰められてる感じ。
こっちも、太ももの前の筋肉を温存しながら登っているので、後続を意識しないようにペダルを回す。
で、今回の難所である、「洗濯板」と呼ばれる激坂にさしかかる。

急斜面のため、滑らないように
○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○

の凸凹した路面である。

さすがにここでは、本気で脚を使って登る。
貼りついていた後続の人は、案の定ちぎれたようだ。
登り切ったと思ったら、また同じ坂が先に見えて、ゲンナリしたが
左折の看板があったので、登らなくて済んだー。
赤倉の温泉街を通って、エイドに到着(9:05)。
池の平温泉饅頭エイド

ここでトン汁おにぎり温泉まんじゅうなどいただき、
休み過ぎないうちにスタート

ここから、前後に誰もいない単独走。なので、走りながら写真を撮ったりする。
次のエイドまで、平坦そうに見えるが、アップダウンは当然あります。
SFMTルート

信越五岳で走るコース?


戸隠の登りの手前の黒姫エイドに到着(9:47)。
黒姫えんめい茶エイド

比較的短い時間で来たので、おなかもすいてない。
お茶だけいただく。二つあるが、諜報もらう。
延命茶のほうが好みで、おかわりもした。

このエイドから戸隠キャンプ場まで自己申告制のタイムトライアルができる。
せっかくなんで、やってみよう。
紙をもらい、スタート時間を記入:
10:52スタート
焼きトウモロコシの香ばしい匂いを嗅ぎながら、緩やかな勾配を登っていく。
ここは、一昨年の戸隠トレランレースの帰りに車で通ったことがあるだけ。
この大会のほとんどははじめて通る道ばっかり。
知っているのは戸隠~飯縄町のエリアぐらい。
なので、長野県民ながらも新鮮な感じで走ってます。
そば景色

登坂車線のところで、前走者に声をかけながら追い抜いたが、
太ももがピキピキしてきた。
やばいなー、斑尾のラストの足、残していたいのに…
それでも登って、下り基調になっても、飛ばさず、足を温存。
あぁ、道路沿いに信越五岳のコース看板があるよ。
ロードであの坂を上るのか、…いやだな…
ようやく、タイムトライアルゴールの戸隠キャンプ場に到着。
時間にして40分だったかな

まだ最高地点ではなくて、
そろっと、おなか空いてきた。休みたい。次のエイドまだか…

モモも酷使してる感じなので、次のエイドでストレッチして、しっかり休みたいな。

念願のホテルアルカディアエイドに到着(11:14)。
ここで、10番目に到着と告げられる。(おぉ~
しっかり食べて、ストレッチして、15分ほど休んだかな。

そしてここから下り基調だ。道幅の広いんで、快適に飛ばす。
たぶん最高時速69kmはこの下りで出たんだろう。
霊鮮寺湖を過ぎてたところで、下りで一人抜かれる(レベル的にしょうがない…)

坂中峠方面にちょっと上って、髻山方面に進路変更(時間帯的にトレマントラの穴一向に遭遇しなかった)
牟礼駅あたりに入ると、ここら辺は私のチャリンコ活動限界地域内なので、ルートはOK
駅を過ぎるとゴールまで17kmのずっと登り

だけど、途中にエイドがある。ちょっと小高い丘の上に行くと、きれいな建物がある。
次のサンクルーゼエイドに期待したが、いざ到着(12:25)して期待はずれ
やっぱりテントなのね。おにぎりはここだけ、市販のおにぎり
ここで回収中の建物の中のトイレを借りる。
(もしかして、まるさんの会社のトイレ

そして、最後のコース。腕時計の高度計の値を見ながら登る。
途中、1kmほどの下りがあるが、前に車がいて、快適に飛ばせなった。
(むしろ、前の車を自転車であおっていた
そして、朝車で通った道に合流。残り5kmで標高差300mかな?
(先の下りで、標高100mほど下った模様)
途中、きつくもなったが、残り1kmまで登り。あとはほぼ平坦で斑尾ゴール(13:20)。

ゴールまでの所要時間:6時間10分
サイクルメータの記録
距離:120.36km
走行時間:5:28:40
平均時速:22.0km/h
最高速度:68.9km/h

エイドでの総休憩時間:40分ぐらい?

ゴール後、ゼッケンをはずしてもらい、アンケート記入。完走証をもらった。
ここはエイドで、ようやく池の平スタートの選手に追いついた。
ここでも、しっかり食べる
ペンションの人手作りのシファンケーキなどおいしかった

帰りは斑尾の湯に入って帰る。
久々に自転車でガッツリ走った。モモに筋肉痛なし。疲労感はあるけど。
今度は信越五岳でココに来るぞ~
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。