酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千曲坂城ウィンタートレイルマウンテン ロング50km

1/4 信州トレマン プチレース「千曲坂城ウィンタートレイルマウンテン ロング50km」
に出てきました。

この50キロのコース
まったくもって、えげつないコースです
千曲から鞍骨山、鏡台山から五里ヶ峯へ縦走し、
五里ヶ峯から、坂城の街へ降りて、電車でいうと一駅分の区間を南下して、
ここから、虚空蔵山に登り、太郎山から鏡台山へ縦走しながら戻って、
五里ヶ峯から千曲へ戻って、
約50キロ

虚空蔵山、太郎山~鏡台山~五里ヶ峯~有明山~一重山のルートは、
冬、春に練習で使ってるので、

きつい

ルートがわかりづらい

ルート上に、自販機も水場もない、補給もない


というのは、身を持って知ってます。

他のレースでたとえるなら、UTMFの天子山地相当です(汗)

このルートに入るときは、最低2リットルの水は持っていくし、
地図・コンパスも持っていきます


太郎山登山口から、太郎山~鏡台山~五里ヶ峯~有明山~一重山は、
バットコンディションで、8時間かかるのは、経験済みなので、

50キロの後半、しかも虚空蔵山から登る、雪もある
となると、

正直、余裕ありません


でも、
ワタシの練習コースを使うので、是が非でも、完走しておきたい

という、意地で50kmに参戦です。

とはいっても、私の実力で、制限時間13時間で、このコースを完走するには、
ギリギリ
余裕が無い


そんなもんなので、
13時間で、完走するには、
本気のレースモードで挑むしかありません。

というわけで、お正月なのに、
禁酒・カフェン絶ち

せっかくの正月なのに、ノンアルコールビールで我慢します。

・・・だけど、前日の夕飯、食べ過ぎて、
胃の調子は悪いんですけどね・・・(-_-;)



1/4当日
スタート地点の「科の里ふれあい公園」で、受付して、地図をもらいます。
地図を確認したところ、
・五里ヶ峯の下りが葛尾城経由で、ショートカットがダメ
・太郎山は、直登ではなく、太郎山神社経由で山頂に行く
あかん、距離が伸びとる・・・(汗)

はるばる金沢からついてきた尚ねぇさんに、おみやげの和菓子をもらい
あ、補給食で食べるの忘れたΣ(゚д゚lll)

なんか、説明でエイドが用意されるとななんとか・・・
まぁ、アテにせずにしときます。

作戦は、
前半は貯金を作るために、飛ばして、
虚空蔵山登り口のベイシアで、残り9時間で走破する。


・・・前半飛ばすのが、裏目に出てしまったんですけどね・・・・(TдT)

スタート。
ペースを上げて、
先頭のM沢さんの後をついていく・・・実力はないんで、
視界から消えない程度の位置で、進みます。
ちと遠回りになるけど、堤防沿いに進んだら、
信州トレマン お騒がせ御一行さんに遭遇

登山道に入ります。
ここから、鏡台山までは、尾根沿いに登っていけばよい。
案内板もあるから、ミスコースなんてしないだろ。
天城山で、M沢sを先頭に、K津さん、青いザックの方、M野さん、私の順で進んでるっぽい。
雪のトレースがあるから、問題ない


天気は、曇り。雪も舞ってます。

天城山を過ぎてから、なんか下り基調だな。
あれ?鉄塔とおったけ?
なんとか古墳?

そこで、M沢さん、K津さんが逆走してきた。
ミスコース
Σ(゚д゚lll)ガーン

K津さんと地図を確認したが、
尾根沿いに進んでるし・・・雲で視界が悪いけど、
両側に集落が見えるし・・・(だけど、不明瞭でどこなのかまではわからん)

\(゜ロ\)ココハドコ?

はて、先行しているはずのM野さんがいなかったから、正規ルートで進んでるようだ。

えーと、コンパスで方角を・・・・

あ、コンパス忘れた( ´゚д゚`)アチャー
しかも、携帯は車に忘れてきてるし

全くダメダメである。

後ろにいたsimoさんについていきながら、がんばって逆走です
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

逆走中に看板をよく見れば、ちゃんと、二本峠・鞍骨山の看板があるし、
看板の存在はあったのは行きにわかってたけど、
その内容をしっかり見なかったのは、完全に自分のミス
・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

約30分のタイムロス

前半飛ばして、タイムを稼ぐ計算が、速くも破綻

正規ルートに復帰し、進みます。
あら、ミスコースせずに先行していたM野さんをパスしちゃった(汗)
あぁ・・・・降雪量も増えてきたな。

髪の毛もヒゲも凍ってきた

鏡台山 3時間4分


即下ります。
途中、男坂と女坂の2つのルートに分岐するんですが、
普通に下ると、男坂のテクニカルなルートに行って、時間がかかるので、
下りやすい女坂ルートで下ります。

下山して、五里ヶ峯の上りに入ります。

五里ヶ峯山頂との分岐 3時間40分


ここから、葛尾城跡へ下ります。
2グループの登山者と遭遇し、葛尾城から、坂城神社へ下ります。

そして、またしても、ミスコース。
( ´゚д゚`)アチャー

雪道のトレースで岩の方へ。
姫岩?まで来ちゃた
展望いいな~

坂城の街の景観から、明らかにミスコース
楽しい岩場を戻って、正規ルートに復帰。

それにしても、さっきのミスコースといい、今回といい、
まだ馴染みの薄い場所でのミスコース><

しかも、ここで、地図を落としたことに気づく
Σ(゚д゚lll)ガーン

まぁ、ここからは、完璧に知ってるルートなので、
トラブルがなければ、大丈夫でしょう。

坂城神社 4時間16分


さて、ここからは、町中を進みます。
1/1に自転車で、坂城神社からベイシアまでの最短ルートを確認しておいたのです。

坂城神社、坂城駅への道に下らず、
坂城小学校を通るルートで、まっすぐ国道18号へ向かい、
しばらく国道沿いを進んで、
高速インターに乗るための信号の手前の町田食堂の前を通る道にそれて進みます。

どうやら、このルート、旧街道っぽい道です。
車も少なく、自転車で走るのも良かったです。

郵便局の角を左に曲がって、道沿いに進んで、畑の角を曲がって、
坂城町 ベイシア 4時間52分
先行していた3名に追い付きました。

ここで、補給として、ゼリー2個、アクエリアス2リットル、どら焼き1個を購入。
アクエリアスは、空のまま持ってきたハイドレに入れて、補給完了

ほんとなら、ゆっくり休みたいけど、残り8時間は、余裕ないので、即出発します

虚空蔵山の登り・・・・


あの~

太ももの前の筋肉が、



もう筋肉痛で、痛いんですけど~



Σ(゚д゚lll)ガーン

大丈夫か?オレ?
とりあえず、塩タブレットでミネラル補給

やっぱり上田は、天気いいな~、雪少ないし(^^)

虚空蔵山 6時間13分

山頂では、K林さんと神奈川から来た方が休んでました。
私は、先に出発。

ここから先の岩場の下りのルートファインディングがむずいんだよなー
でも、先週、逆走で通ってるし。

太郎山手前の東峠

ここから、山頂まで行けるルートが有るんだけど、
地図だと、太郎山神社経由なんだよなー

どうするかなー、
と迷ってるところに、
M野さんと神奈川から来た方が追い付いてきた。

というわけで、正規ルートの太郎山神社経由で引っ張ることにした

太郎山神社から裏に回って、山頂へ。
太郎山 7時間2分

そして、裏参道へ下って、
大峰山へ向かいます

このへんで、
M野さん、神奈川から来た方、K林さん、私の4名のメンバーで
だいたい行動することになります。

大峰山 7時間49分


時にして、15時近く
山の日暮れは速いので、ここでもう、ヘッドライトを装着しておいた。

冬に、こんなところ、通るのは、
私ともう一人ぐらいなもんだが、

今回は仲間もいて、先行する足あともあるから、
さみちくない

大道山 8時間33分


ここから、雪が多くなるし、笹が凶悪になってくる
鳩ヶ峰の手前で、人を発見

トレマンさんだ。
逆走して、ロングの人の状況を把握するようだ。

我々より先行しているのは、
M沢さんとK津さんの2名だけだった(゚д゚)!

和平にコーラとかを用意してあるとのことで、ありがたや~

鳩ヶ峰北尾根から、下って、林道で
和平の鏡台山登山道入り口へ

無人エイド 9時間29分

そこに車とエイドの飲料とお菓子がありました。
風も吹いてきたんで、コーラが若干凍りかけてました

ここから、鏡台山は雪深く、風も強いんで、
完全装備で挑みます。
ライトも点灯です。

先行している足あとが、風雪で消えかけてるかもありつつ、
私が先頭でラッセル気味で登ります。

途中のロープの激下りは、
雪も多かったんで、

尻滑り

wwww

意外とハイペース?で、再び、
鏡台山 10時間15分


同じルートで、鏡台山を下り、
再び、
五里ヶ峯の登り。

太ももの筋肉痛がきつい・・・・
ももを手で押して登る方法だと、筋肉痛が和らぐんだが、
長く続かない・・・・

UTMFの練習で、しっかりマスターしたのに、
最近使ってなかったので、リセットされちゃった模様><
また練習して、マスターしとかないと。

五里ヶ峯 11時間00分

ん~、ゴールは13時間半かな~?

ここでは、私とK林さんだけ。
後の二名は、先行しています。


ここからゴールまで、一緒に行くことにします。

五里ヶ峯の下りも、尻滑りで
滑る滑るwwww楽だーwwwww

で、前で走ってもらってるK林さんに
ひっぱてもらいながら、
ときには、ちぎれてしまったり、


宮坂峠 11時間47分


コレなら、13時間以内にゴールできるでしょう

そして、有明山の登り。
何度も登らされ、太ももがきつい><

有明山 12時間26分

森将軍古墳の分岐までの下り

・・・・
が、降り過ぎちゃった(汗)

どうも、周りの地形と街の感じから、
森将軍塚古墳とは、反対の、東山神社へ降りてしまう
(なんか、昔に比べて、しっかりしたトレースがついてるし)

登り返して、鉄塔の案内板まで戻って、
そこから森将軍塚古墳へ向かう。
森将軍塚古墳をかすって、下って、
今度は最後の一重山

最後の上りを登って、
一重山を下ってる時に

13時間 経過


そして、ゴールは、K林さんと一緒に
13時間9分

あああ・・・・・13時間以内は、残念ながら無理でしたが、
いい練習になりました。

しんどかった~
太もも筋肉痛。
足の指が痛い(痛くて、眠れませんでした)
呼吸系も疲れた。

GOMIMAYUさんが、豚汁を作って待っていてくださり、
ごちそうさまでした。
(食欲ももうありませんTT)

進んだルート

20140104千曲坂城ウィンタートレイルラン50kルート
距離は、ミスルート含んで58.4km

標高差

20140104千曲坂城ウィンタートレイルラン50k標高差


ともあれ、反省点もいくつかあったので、
世界のモンに向けて、いい練習が出来ました。

参加された皆さん、
一緒に走ってくださった皆さん、
一緒にミスコースしてくれた皆さん
エグいコースを設定してくださった、トレマンさん

ありがとうございました。

一人じゃ、到底やろうとは思いません

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。