酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GF軽井沢 

アレに向けて、練習しとかないとだな~
モンブランへの太もも練習にもいいかなーと

エントリーしてみました
グランフォンド軽井沢


コースは、距離120キロ、累積標高差2200メートル


山岳サイクリング


軽井沢
とあっても、甘くないよ-

エントリー費は、早期申込で8000円
サイクリングのイベントとしては、高いほう
(軽井沢だからって、お高くとまりやがってー)。
しかも、別途、車の会場での駐車料金もあります(コレも、天下の軽井沢のせいなのか)

コースの一部が地元だし、別に参加費払わなくても、走れるしな-
と思って、出なかったのですが、

軽井沢の白糸ハイランドウェイという道路が、
普通は、自転車と歩行者通行禁止の有料道路なんですが(努)

この大会の時は、自転車OKなので、

出てみたくなったのですよ、はい



当日受付は、6時からなので、6時に着くように
5時前に目を覚まして、5時過ぎに出発。途中コンビニで朝食かって、
食べながら、浅間サンラインで軽井沢へ

普段、軽井沢なんて、即通過or渋滞回避で通らないです。

スキー場の駐車場について、受付をしに行く。
もらったのは、
軽井沢のパンフレット
マップ
ぺろぺろキャンディー型に巻かれたタオル

KIMG0123 (480x360)

マップに各エイドでスタンプを押してもらうのが、通過証明となるようだ。
こんな紙1枚、ポケットに入れるには、折り畳まないとだよな(汗)
汗で濡れたら、やだよな~

ぺろぺろキャンディー型のタオル、
家に帰ってばらしたら、元に戻せなくなりましたwwwwwwwww
コレは観賞用なのか?

で、スタート地点が
KIMG0124 (480x360)
こんなに、レースさながらの自転車の場所取りが行われており、
後方から出発したくないので、そそくさと自転車の準備をして、
スタートのところに自転車を置きに行きましたw

そして、自分の着るものの準備をしていたら、気がついた。
アームウォーマー 片方しかねぇ

下り、寒そうだから、絶対必要だわ~
片方だけ、アームウォーマーつけてるって、ありえへんわ~

なので、スタート会場の出店へ買いに行きます。
KIMG0125 (360x480)
買ったのはコレ。
コンプレッション系なんだけど、ヒジの内側と外側に当たる部分の裁断が違ってるのよね。
締め付けもいい感じ。トレランでも使える品ですな

で、開会式やって、
7時15分に70人ぐらいの単位で、3分間隔でスタート

おれっちは、7時半にスタート?

まずは軽井沢駅に向かって、駅前の信号で白糸ハイランドウェイに行きます。
高原の朝の、爽快なサイクリング



上り坂さえなければな・・・・・

で、白糸ハイランドウェイに入ったところで、
急な坂

ギアを軽くしようと、シフトダウンしたが、
坂が急で、ギアが切り替わらん

無理に変えると、チェーンとは負担かかって、メカトラブルに発展しそうだがら、
ギアを戻して、ダンシングで踏ん張ることにする

で、傾斜が緩くなったところで、ギアを軽くした。

あ、ギアが重いなーと思ったら、アウターでした

だけど、しばらく登りなんだけど、腰がイタい><
何でかなーと思ったら、サドルの位置が低い。
なので、引き足も使えなくて、太ももの前の筋肉しか使ってない状態だ><
このままだと、地獄のキツさになると思うんで、、
次のエイドで工具借りて高さ調節しよう

白糸ハイランドウェイの道路脇の渓流
KIMG0128 (480x360)

東側の浅間山
KIMG0130 (360x480)
普段似ているのと、逆の方向

ここから、北軽井沢に入って、最初のエイド

まずは、エイドの食べ物チェック
・バナナ
・カップヌードル

KIMG0132 (480x360)

いきなり、カップヌードルかよwwwww


特に食べたい気も起きず。
(お持ち帰りするザックも持ってきていない)

しょうがないので、バナナ食べる

KIMG0134 (480x360)
浅間山 キレーだな~

ここで、そばにいた方から工具を借りて、サドルの位置を変える。
お礼として、グミ1個差し上げました。

サドルの高さはコレでいいいいでしょう

スタンプを押したし、そそくさと嬬恋村へ出発。

下り基調だけど、
登り返しがきついのはわかってる

だけど、登りがきついのは変わりない。
やっぱり、腰が痛い。
どうも、サドルの前後位置も悪い模様。
ケツを前に出すと痛みが和らぐから、前に出したほうがいいのか?

ともかく、今度velenyoでポジション見なおしてもらおう
天気いいな~、サイクリング日よりだな~
KIMG0138 (480x360)

登りの終わりで
KIMG0155 (480x360)


2つ目の嬬恋村エイド到着。
KIMG0163 (480x360)
エイド出発が10:10から。建物の2階に食べ物があるということなので、
靴を脱いで、スリッパに履き替えて、お二階へ。



なんと、インド人もビックリ(゚д゚)!

KIMG0158 (480x360)
カレーライス



KIMG0159 (360x480)
肉団子とサラダはバイキング形式でw
珈琲もありました。
なんか、食べ過ぎに早い気もするが・・・

食べ終わった頃には、スタートできる時刻になってたので、
スタンプ押して、上田へ向かいます。

つまごいパノラマラインの北ルートを走るのは、実は初めて
KIMG0167 (480x360)
愛妻の丘

オレにはカンケーないけど

国道に出たら、ゆるゆるの登り返し。
コレが地味-に嫌なのよね-

なんかサイコンを見たら、速度表示が6kmだったり、0kmだったり

あ、サイコンのマグネットがずれてるっぽい。
ケイデンスは動いてるから、後輪のマグネットがずれてるか?

鳥居峠で磁石調整して、長い下りに備えて、ウィンドブレーカーを羽織る。

そして、上田へ下り。
そんなに寒くもなかったな

まだ車も少ない時間帯のようで、
第3エイドのゆきむら夢工房に到着
KIMG0172 (480x360)

ここでの食べ物は、
KIMG0170 (480x360)
・トルティーヤ
・レモン水


レモン水のカットしたレモンは、そのまま捨てるののもったいないんで、
ちょうど空になったボトルに、レモンと水を入れて、「ほんのりレモン水」としました。

ここから家に行ったほうが近いにも関わらず、
軽井沢へと向かいます。

旧有料道路に向かって登って、有料道路~サンラインと行くのは
走り慣れてるんで、

この登りは、頑張らない。
この登りは頑張って、勢いで登る。
この登りは、下りの勢いでガーと行く
この下りの先の信号は意外と引っかかりやすい

こんなかんじで、旧有料道路を走って、

浅間サンラインは、交通量が多いから、
隊列組んで、まとまって走ったほうが安全かな?

サンラインは、おとなしく前の人について行って、
小諸の菱野温泉へ行くところに曲がってから、エイド手前の上りを頑張ります。
菱野温泉の急な上りを警戒していたが、
急な上りの途中にエイドがあって、助かった-

KIMG0173 (480x360)

ここでは、
KIMG0174 (480x360)
おいなりさん
レモン水

お腹いっぱいな感じ

スタンプも押して、出発


もうきつい登りはないからな-

1000メートル林道を走ってると、
先頭集団に追いついてしまった

先導車がいるから、速度が出せない模様。
KIMG0177 (360x480)
KIMG0178 (480x360)
3~40人の自転車が、綺麗に走ってる様は、
まるでツール・ド・フランスのようwww

集団に入ると、きつような感じがするので、
後方で集団を傍観することにしました。

滅多に見れる光景じゃないしwwww

この光景も国道に出るまで。
国道からゴール地点へ、隊列組んで走って、信号で先頭車から離されてwwww

13時40分にゴール

スタンプ押してもらって、

KIMG0181 (360x480)

完走証もらって、
KIMG0180 (480x360)

アンケート書いて、それと引き換えに抽選のくじを引いて

あめ玉 2個Get


そして、山菜たぬきそばもいただきました。
ソバが伸びてなくてウマイ。
たぶん、今まで大会で食べたソバの中で一番うまいかも?

(他のが、ま◯かったのもあるかもしれないが)

あと、入浴割引券ももらったのだが、

千ヶ滝温泉



・・・入浴料高いな・・・・
割引しても高いなぁ・・・・・

でも、こんな機会じゃないと、行かないと思うから、行ってみよう

で行ってみたら、
こっちのほうが気になった

KIMG0183 (360x480)

プリン専門店


今日の北軽井沢のルート上にもあって、気になってたんだけど、
千ヶ滝温泉の施設内にも、あったんで、

買って食べちゃいました♪
お店の中には、店内・店外で食べられるスペースも有ります

KIMG0184 (240x320)
KIMG0185 (240x320)
KIMG0186 (240x320)
ウマーヽ(・∀・ )ノ

今度、自転車で軽井沢来たら、ここでおやつ食べよう^^





で、帰り道、
回収と貼られたマイクロバスとすれ違ったんだが、
バスの中は、自転車ウェアのひとでいっぱいで
グランフォンド軽井沢の回収バスの模様・・・
マイクロバスの後ろの2台のトラックは、
選手の自転車が積まれていた



そういえば、この大会、エイドの関門でアウトになった場合、
回収されるんだな。

他の大会だと、関門アウトでショートカットコースに誘導があるが、
この大会はショートカットがないな。
(湯の丸はショートカットになるが、余計登りが増えるwww)

回収されて、軽井沢まで選手と自転車を移送するから、大変だよなぁ~。


ん?
結構、運搬とか移送するのって、意外と金かかるんだよな。
(しかも軽井沢の町中は車で混んでるし)


グランフォンド軽井沢の参加費が高いのって、
リタイアした選手の移送コストがかかってんじゃね?


出場者の1割は、リタイアとすると、2000人の1割だから、
200人分の移送する用意はしないとだし。
片道40キロはあるし。ガソリン高いし。




とにかく、今のままでは、The PEAKSラウンド1


やべぇっ
マジやべぇ
(ー_ー;)









スポンサーサイト


Comments

グランフォンド軽井沢、私も走ってきました
「1000メートル林道を走ってると、先頭集団に追いついてしまった」というところの写真、最後尾に写っているのは私のようです(^^;) 先導車にふたをされるのって、なんか不思議な感じですね。
Buckeyeさん
あら、お疲れ様でした^^
ヒルクライムレースの下山時の先導車よりは、快適な速度だったと思いますw
たしかに。大人数のヒルクライムレースだと下山はゆっくりですからね。いくらなんでももう少し速くていいだろうとは思いますが、自由にさせたらめちゃくちゃな飛ばし方をする人が出て事故になるからしかたないのでしょう。

この週末ハルヒル、その2週間後は富士と人気の大会に続けて出走します。下りはじっとがまんの子してきます。
Buckeyeさん
下山速度がゆっくり過ぎて、ブレーキかけすぎて、手が疲れたり、
リムが熱をもって、アッチンチンになったことありましたねwww

ハルヒルと富士がんばってください^^

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。