酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅間~菅平・スカイトレイルマウンテン・レース ミドル

信州トレマンさんの浅間~菅平・スカイトレイルマウンテン・レース
に出てきました。
モンブランに向けて、6月中にレース出たかったんだけど、
スパトレイルは、レース2週間前に80キロは、疲労が残るだろうし、
菅平は・・・・ボラでスィーパーだろうし・・・・

もともと、出るつもりはなかったのですが、
空きが出たし、ロングは論外として、
ミドルなら、本番の調整にいいかなーと思ったので、出ることにしました。
(次の日が、菅平のスィーパーである確率が高いにもかかわらず)

今回は、補給と装備とかのテスト

まずは、テーピング
GONTEX
膝用を試してみました。
(剥がさずに、翌日の菅平もそのまま着用)

試した結果は、特に問題なく・・・・
・・・・ていうか、膝に故障とかないんで・・・・効果があったのかどうかは????
でも、シャワー浴びても、剥がれなかったので、いいんじゃない?これ

そして、補給とカーボローディング
4月に受けた、補給講座に従って、カーボローディングを軽くやってみました。
本番は海外だから、とりあえず予行練習みたいなもんで。

補給は、1時間毎に
・ジェル 1袋
・塩熱サプリ 1錠
・ZEN リカバリー 1錠
を取るようにしました。(VESPAは今回飲んでません)
あとは、グミをチョコチョコ食べていく感じで。

8時間行動の計算で、ジェル8袋だから、
お金がかかる補給です。
総額は計算したくない・・・・、
でも、食べて消化するまでの時間を考えると、ジェルが手っ取り早いんだよなー


あと、ウェアも、お試し
腕のコンプレッション系
RA-700
GF軽井沢の時に、買ったもの。結構締め付けが良かったんで。

太もものコンプレッション系
コンプレスポーツのQUAD

まぁ、良かったんだけど、タイツからはみ出た肉が擦れて、
腕は、二の腕
ももは、コマネチ部分が痛くなった><

本番時には、こすれるとわかってる部分には、テーピングだな。


サポート系をコンプレスポーツで統一もいいかなーと思ったけど、
さらなる出費は・・・・・^^;
でも迷ってる



当日、上田駅前のローソンでおにぎり3個買って、
電車の中で、もぐもぐ。

それにしても、電車の中は、トレイルランナーが多くて異様な光景だったなwwww
小諸駅前も、同様に、猛者たちがウヨウヨとwwww

小諸駅から、ずーと山を縦走して、長野市まで行くんですから、
冷静に考えれば、オカシイよ
(完走がツールド信州の出場資格なのに、本番のツールド信州1日のコースよりもエグいときてる)

そんな、ロングの部の猛者たちをお見送りして、
ミドルの部の我々は、ジャンボタクシーで一気に天狗温泉の登山口へ

ミドルの部で記念撮影して、スタート



ちなみに、2年前、ミドルのコースの記録が、daniさんのブロクに残ってたんで、

比較しやすいように、今回の私のタイムを載せると、

前掛山  1:28
黒斑山  2:36
地蔵峠  4:45
鳥帽子山 6:13
ゴール  7:30

昔とのコースとの違いは、おそらく、黒斑山→車坂峠を
「中コース」「表コース」で、他はおんなじ。

daniさんと◯山さんには、全然及びません




本編に戻って、
スタート後、即トイレに直行!

用が済んで、出てきた時には、ゆったりと皆さん出発してました。
たぶん、K保さんとか速い人は先に行ったんだろうなー
と思いつつ、最初の林道を走ります。

滝との分岐
先月、2回も来てるから、今回また行こうとも思わず。
写真も別にいいや。

走りやすい、滝じゃないルートで登ります。

火山館に40分ほどで到着。

ここで、ソフトフラスクの水を250mlほど消費してたんで、
水を補給して、即出発。

5月に来た時よりも、装備はレース仕様で軽くなっているので、
意外とイケてる感じ。

前掛山も、1時間半で到着。
5月の時は、1時間40~50分だったからな。
調子はいい。


前掛山はピストンなので、前にいる人が折り返してくるので、
すれ違う人を数えれば、今何位?がわかるのだが、
トレランスタイルの人とは、ダーレもすれ違わなかったので、

オレ、トップ?

トレランで1位なんで初めてだよ・・・・と、思い上がってみたりして、


前掛山下山で、後続とすれ違いになり、
次は、Jバンドを経由して、黒斑山へ。

黒斑山に出たら、赤いTシャツの人がいるなー

と思ったら、トレマン御一行様でした。
待ち時間を利用して、黒斑山へ登っていた模様。

車坂峠に下山するのだが、
中コースは、まだ通ったことないので、
どんなのかなーと思ったけど、表コースよりは走りやすいかな。
登山者も少ないし、登り返しもないし。下山には良いルートかな。

車坂峠に、スタートから3時間で到着。
自販機あるけど、補給するほどではないので、そのまま
高峰山は行かなくていい
林道通って、水ノ塔の登山口へ。

水の塔の登りで、後ろを振り返って、林道見ても、
まだ誰も来ないなー

ちなみに、先日NHKで松本大さんが走って下っていたのは、水ノ塔山の登山道です。

籠ノ塔へのそのまま縦走して、池ノ平へ下山。

池ノ平~三方ヶ峰~地蔵峠は、実はまだ通ったことがないルート(汗)

池ノ平の遊歩道は、走らずに歩いて移動。
看板通りにすすんで、三方ヶ峰。
今度は、地蔵峠の看板へ進んで行って、

地蔵峠に、4時間45分で到着。
エイド、ドコだ~
もしかして、エイドの設営、間に合わなかったか~?

と思ったら、ありました^^;

あまりエイドは、飲み物ぐらいかなーと思ったら、
おにぎり、サンドイッチと、
ツールド長野並のエイドでした^^

ここで、水1リットルを消費してたので、スポーツドリンクを補充。
水、ジュースを飲んで、
食べ物は・・・・・あと3時間以内でゴールだから、
補給もうまく行ってるし、そんなにたくさん食べる必要もないので、
サンドイッチ1個だけ食べて、
トータルで13分ほど滞在して、
トイレに寄って出発。

あと、どれぐらいでゴールするか?
と聞かれたけど、
2時間以内は無理


湯の丸のゲレンデを登ります。

隣にリフトが動いているけど、
これしきの坂、リフトを使うまでもないわー


歩いて登ります!!
どうだ!!

だけど、しんどいわ~

湯の丸山頂
スタートから5時間35分

速攻通りすぎて、烏帽子に向かいます

下りも走れそうで、走れない
がれてるからしょうがないが。

烏帽子への登り返し。
2月にスノーシューで行った時は、直登してしんどかったが、
登山道は巻いていくから、傾斜は気にならないが、
こんなに巻いたっけ????

そんな気分にされてくれつつも、
烏帽子山頂に、スタートから6時間13分で到着

ここからは、5月のJST合宿で通ったばっかり・・・・だけど、
木々がうっそうとしてた・・・

ずーーーーーーーーと、ながーーーーーーい下り。

市民の森との分岐で、本原へ向かったら、
蜘蛛の巣が多いこと多いこと。

今日、誰も本原ルート通ってないな。
顔にヒゲに蜘蛛の巣が絡みつつも、
意外とイイ、トレイルを、何年ぶり(?)に走って、
鉄塔の看板に出てきました。

アレ、どっちだっけ?

鉄塔の方に行くのか、行かないのか?

鉄塔の方に行ったら、鉄塔の真下に出て、

あ、こっちじゃねーわ


まいっか、進んじゃえ


ダブルトラックの道に出たので、この先道はあるだろうし、
ゲートがあったんで、ちょっと頭を悩ませつつも、ゲートを通過
舗装路に出ました。

正規のルートにいくには、右方向に行けばいいから、
右に曲がって、てくてく進んだら、本来降りてくる場所に出ました。

あとはココから、舗装路を下っていくだけ。
でも、短いようで、2キロ以上もあるんだよなー

熱いなー

で、ゴールのセブン-イレブン到着。
スタートから7時間半でした。

あれ、先に着いているはずのトレマンさんは????

ともかく、コンビニでなにか買おう。
アイスに目がいったけど、

ノンアルコールビールと唐揚げ棒を購入
コンビニから出たら、いたいた、トレマンさんとYUKIさん

上田駅行きのバスを待っていたら、小布施のI藤さんが到着。
I藤さんと一緒にバスで帰還しました。

参加された方々、トレマンさん、YUKIさん、ボランティアの方々
お疲れ様でした。



このあと、車で菅平に行って、フィールズ、NN山さんから、
明日の仕事について聞いてきました

結局、42キロスィーパーで・・・・(汗)
最初から、四阿山クロカンエリアを回って、31キロスィーパーをして、
最後の関門からもS藤さんと一緒に残り2.9キロスィーパーして、
本当に終了しました。

最初の区間のスィーパー&矢印看板撤去はしんどかった><

来年、スパトレイル行きたいな~




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。