酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンブランマラソン 80K(第3話)

ヴァルローシンのエイド 到着
49.1km スタートから12時間8分経過 491位

エイドのすぐ近くに橋があるし(*´Д`)
無駄に距離伸ばさないでよ~
80キロの名前で、実際は80キロ以上あるんだから~


早速、でっかい水タンクで水を補給してると、
先にエイドについていた、N川さんがいました。
久々に日本語で会話したよwwww


話した話題は、


「関門 きつい」

N川さんは先にエイドを出発。

水の補給を終え、自分自身の補給しに、エイドのテントへ。

お、コーラだ、

2杯飲んだけど、味が薄い・・・・


これ、水で薄めたコーラじゃね?



まさか、フランスで、水増しされたコーラ飲まされるとは、思わなかった。


そして、スープもあったので、
塩分補給で飲みましたよ

胃は、水分でたっぷんたっぷんとなりました(汗)
食べ物は、適当につまんで、
レモンがあったから、かじったかな?
サラミも食べた気がする。

あまり長居すると、関門時間が近くなり、
貯金も減るので、進むことにします。

そいえば、通過チェックなかったなー
と思ったら、エイドから100mほど進んだところにありました。
電源は、すぐそばのカフェからもらっている模様。

対岸では、エイド目指して進む選手がたくさん。
ん~、関門アウトの選手が多そうだな~

さて、3番目の山に突入です。
標高差は1000m
次のエイドは、山を越えて、かなり下った集落にあります。

今までの登りは、シングルトラックで、まだ人も多く、外人の後についていく感じでしたが、
ここからは、ようやく単独で登るようになりました。
道幅も広いので、追い越しも楽々^^

途中、わんこを連れて下山する人と写真を撮ったり、
淡々とマイペースで登って、林道に出たら、
DSCN0192 (480x360)
遠くにN川さんが見えます。

ほとんどの人はストック使ってるけど、N川さんはストックなしで、
ももに手を当てて、頑張って登っています。
お、一人追い越したぞ



が、途中で止まって寝込んでしまった。
アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

N川さんに追いついて、話を聞いてみると、
気持ち悪いとのこと
おそらく、登りで頑張りすぎて、胃にきたのかな?

次の関門に間に合うように休んでいく
とのことなので、先に進みます。

次の関門は、さっきのエイドから20キロ先で、
関門時間は、22時45分
時間は貯金もあるし、大丈夫だと思います。

山頂は、2107mかな?と思って、
林道を進んで、スキー場のリフト乗り場を過ぎたら、
通過チェックがありました。

標高1997m
53.8km スタートから13時間23分経過 457位


ここから下りかなー?
と思ったら、通過チェックと山頂は別で、
山頂は2177mでした
イタタタタタ
(TдT)

山頂っぽいのは見えるんだけど、
そんなに急な勾配でもないんだけど、

空気が薄いのと今までの疲労で、
ゼーハーゼーハーしながら、登ります。

これまで、ずーど長い休みもとらず、動き続けてきたので、
呼吸するのにも、疲れが・・・・(*_*;

ふー、やっと山頂
山頂で座り込んで休憩しました。

DSCN0195 (480x360)

カラスがきたなと思ったら、
DSCN0197 (480x360)

くちばしは小さく、黄色いので、
ん?九官鳥
こんな標高2000mの山まで、お疲れ様です。

ここから下り。
走らずに下山する集団にくっついていきます。
走ると疲れるから走りたくない
だけど、走ってタイム稼ぎたい

でも、基本シングルトラックで歩いて、
樹林帯に入って、道が広くなったところで、
集団を追い抜いて、走って下りました。

お、集落が見えてきて、エイドかな??

スキー場のリフトの駐車場から、集落に入って、
応援の人の誘導に従って、集落の中を通って、
DSCN0198 (480x360)

DSCN0199 (480x360)
DSCN0200 (480x360)

この建物の景色だけで、ご飯3杯は食べられます

フランスパン3本は、無理です



前にいる普通のハイカーについて行ってみたら、
危うくミスコースすることだった

コースじゃない道は、道を真横にテープを張って、通らないようにしてある。

で、エイドがあるはず・・・だった集落を出て、
トレイルにまた入ったんだけど・・・・・
(クロカンスキーができそうな感じのトレイル)


あれ、エイドなかったぞ?
もしかして、さっきの集落の誘導ミスで、エイドをパスしちゃった?
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


そんな考えをもちつつ、
戻りたくないし、周りの選手に聞こうにも、
どう話していいかわからない。
回答もわからない。

…ていうか、聞いてみたくても、まわりに選手いねぇし…

(コーステープはあるので、私はミスコースしてないよー)

水を補給したかったけど、節約しながらいくしかないか?
さっきの集落で水場があり、水を飲んでたり、くんでいた選手がいたけど、
私もそこを利用しとけばよかったー(TдT)

クロカンコースみたいなとこから、森のトレイルに入ったりして、
また集落に入って・・・・・



ぬわっと、いきなり道端にエイドが出現。

DSCN0203 (480x360)


アルジャンティエール 標高1263m
62.8km スタートから15時間15分経過 418位


エイドがあってよかったー

コーラのんで、水を補給して、ささっと出発です。

このあたりになると、走る選手も多く、
今まで追い抜き基調だったけど、追い抜かれていきます。

この辺のトレイルは、集落に近いだけあって、
普通に地元の人らしき歩いている人も多いです。
案内板もありますが、このあたりの地名は、CHAMONIX(シャモニー)しか知らなので、
さっぱり???
(どうしようもなく、困ったら、シャモニの方に行けばいいんだけど、それではレース失格になります)


また集落に入って、トレイル(明後日のモンブランマラソンのコース?)を通って、
線路もくぐったり、
カウベル鳴らした、ウシさんもーもー

エイドに到着。
(なんか、すぐエイドだった気がするんだけど・・・・)

次回
いよいよ、長かった、フランスのシャモニーの山々を巡る旅も
クライマックス!
とうとう、日もくれて、夜に突入!
はたして、最後の山で待ち受けているものは、なんじゃらほい?
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。