酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンブランマラソン 80K(最終回)

最後の食べ物エイドに到着

レ・ボス  標高1079m
69.7km スタートから16時間25分経過 417位

DSCN0206 (480x360)

エイドに入る前にセンサーチェックがありました。
関門時間22:45に対し、いま、20:26だから、
2時間以上の貯金ができました。

ザックからライトを取り出し、頭に装備。
これからの夜間走行に備えます。
まだ明るいけど、だんだん日が暮れていきます。
(夜の8時なのに、緯度が高いので、まだ明るいです)

防寒具は・・・・まだ寒くないから大丈夫かな


食べ物も、最後の山に備え、補給。
スープを頂きましたが、
パスタが入ってたけど、
めっちゃ伸びてたwwww


もうちょっと、塩味が濃いとうれしいわ
と、みたいなことを思ったり(^_^;)

DSCN0207 (480x360)
ようやく、エイドの内容が分かる写真が出てきました^^;

これから先は、
標高差800m先にエイドがあり、
その後に、勾配は緩くなるけど、アップダウンしながら
標高2207mゴンドラ駅まで登ります。
その後はゴールのシャモニーの町まで下るだけ

とりあえず、これで関門時間の心配はなくなったけど、
何時にゴールできることやら。

スタートしたその日(20時間以内)は無理だなー
(一応目標にしてたんだけど、前半の遅れで無理か)

エイドを出発して、体の調子を見ながら、歩きます。
うん、疲れたな?

胃もたっぷんたっぷんで、あまり元気がない。

登りで無理にペースを上げたら、吐いちゃいそう。


なので、ペースは上げずに、追い越されても構わないので、
ゆっくり上ることにします。
今まで追い越し基調で、順位をあげてたけど、
ココの区間は順位が下がっていきます(_ _;)

だんだん、薄暗くなり、ヘッドライトをつけようか、つけまいか・・・・
林道に出たあたりから、
雨もぽつりぽつり降りだしてきた。



さて・・・・レインウェアを出すか、出さないか・・・・

ポツポツ程度なのが、ずーと続いているので、
雨は本降りには、なかなかならない。

まだそんなに寒くもないし、レインウェアを着ると暑そうだから、やめました。

選択は正しくて、ずーっとポツポツ程度の雨だった。
レインウェアを着た選手も、結局脱いじゃってるし^^;

林道が終わるあたりで、テントがあった。

山小屋がすぐそこにあって、私設エイドらしい。
温かい紅茶があって、

温かい紅茶が胃にやさしかったです。


もう、胃は固形物を受け付けない状態で、グミも食べたくない。

ジェルも飽きてきたので、食べたくないんですが、
温かい紅茶と一緒に飲み込みます

(暖かいほうが、消化・吸収にいいですからね)

私設エイドから、ロープウェイの駅へ向かいます。
もうこの辺は暗いので、ヘッドライトを点灯します。

ここから、もう暗いし、デジカメで写真取るのも、ずくなし面倒になってきたので、
写真はないです。

だけど、せめて雰囲気だけでも味わって欲しいので、
DSCN0112 (640x480)
コレで、感覚はつかめてくれたと思います

暗くなった登山道の岩場を登ります。
案内板にロープウェイ駅までの時間が書いてあり、一応、エイド到着の目安にします。

一人で登ってると、
う~ん、しんどい・・・・  ><
ちょうど団体さんが登ってきたので、その人たちに道を譲って、
団体さんの後ろについて、引っ張ってもらう作戦にします。

一人だと、夜のルートファインテイングもやらなきゃならないけど、
団体さんの後ろにつけば、ルートファインテイングする必要ないから
楽だ~

DSCN0112 (640x480)
注:想像図
岩場から石畳に代わって、進みやすくなり
ロープウェイの駅についたけど、
エイドどこ??

駅のあたりをもうちょっと奥まで歩いて、左折したら、
エイドがありました。

モンタン・ベール 標高1901m
75.2km スタートから18時間26分経過 424位


DSCN0112 (640x480)
注:想像図

センサーチェックもしたし、
休むぞー



でも、エイドは建物のなかではなく、外のテントなので、
じっとしてると寒いです。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ここでも、暖かい紅茶を頂きます。
フランスでは、TEA=紅茶のことを指す模様。

ここでも、先ほどの私設エイドと同様に、紅茶でジェルを飲み込む。
ここで、眠気対策として、カフェイン入りのジェルを投入しました。

ここまで、ちょっとまぶたが重かったけど、
カフェイン抜きしているので、確実に目が覚めました。
v( ̄Д ̄)v イエイ


あと、防寒具として、レインウェアも取り出して、
いつでも着れるように、腰に巻いておきます。


登りはもうちょっとあって、
あと300mほど、アップダウンしながら登ります。
距離は3キロ?かと思ったら、
5キロぐらいあった。

DSCN0112 (640x480)
注:想像図
左側に山、右側が谷
岩場のトレイルを歩いていきます。

谷側は、シャモニの街の明かりが見えます。
DSCN0112 (640x480)
注:想像図
きれーだけど、写真撮る余裕はなかったwwww



それにしても、ここらへんで、
眠気でフラフラしながら登ったら、


・・・うっかり、谷側に落ちる危険があるな

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

カフェイン入りジェル投入してよかった。
途中で、眠気で座り込んでる選手もいるしwwww


なんか、周りの選手は外国人なんですけど、
だんだん日本人選手のように思えてきた。
(そうゆう幻覚か?)

途中、雪や小川もあって、油断できません
高度計を見ながら、登っていたけど、なかなか目標の高度に達しない。
さっきのエイドから1時間半以上もあるいて、

最終エイド到着。
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

プラン・デ・ラ・ギュイユ 標高2201m
80.0km スタートから20時間00分31秒経過 418位

DSCN0112 (640x480)
注:想像図

ちょうど80キロ
・・・というのは、リザルトの詳細を見て知りました。
正確に距離が80キロで、ココがゴールだったら、20時間切りはできていたことになるw

あとは、ゴールまで6キロ、標高差1200mの下りです。
最後のジェル&温かい紅茶を補給して、


座って休みたいんだけど、椅子は満席(;´Д`)
面倒なので、ささっと出発です。

ヘッドライトは電池が少なくなったのか、
明かりが乏しいので、ハンドライトも投入です。

ハンドライトのほうが明るいしw

前の団体さんの後について、エイドを出発したが、
下りのはずなのに、なんか登ってる。
よく周りを見ると、下り方向にちゃんとマーキングがあったので、
団体さんをщ(゚д゚щ)カモーンとよんで、
私が単独先行して、下ります。

DSCN0112 (640x480)
注:想像図

走って下るには、岩が多いし、ヘッドライトの明かりが暗いので、
とりあえず、歩いて下ります。

ストック&ハンドライトでの下りは、初めてなので、
色々試行錯誤しながら下っていき、

左手にストック2本を持って、
右手にハンドライトを低めに照射
のスタイルに落ち着きました。
これで、ヘッドライトと、ハンドライトの光を、高さを変えて照射されるので、、
岩や木の根っことかの障害物に影ができて、進みやすくなった。

だけど、地面には、でっかいナメクジがたくさんいます。
ほんとにデカイわ~

1時間ぐらい下ったところで、走りやすいトレイルになったので、走って下ります。

下ってる途中で抜かれた人も、失速?で
追い抜いていき、
高度計を見ながら
「あとどれぐらい?」
と考えながら、下っていき、

町の建物もだんだん大きくなり、
ようやく下山完了


深夜1時を過ぎて、シャモニの街中に入ります。
DSCN0112 (640x480)
注:想像図

夜遅いのに、応援の方々、
お酒を飲んでいる人達が声援をくれます。

緩やかな登りだけど、ゴールまで、走っていきます。

今回、平地を走った記憶がほとんどないなーと思いつつ、
地面に書かれたオレンジ色の矢印と町の人の誘導で、

夜のシャモニーの街の中を走ります
夜遅くなのに、まだ通りに人がいます。半分ぐらいは、酔っぱらいです。
でも、夜遅いのに、応援してくれることに
感謝
感謝
謝謝


スタート地点に戻ってきて、

DSCN0208 (480x360)


ゴール

ε-(/・ω・)/ トォーッ!!

ゴール:シャモニー
86.7km 21時間46分05秒
総合412位(完走者 569人中 出走者は1000人以上)



ゴール後、写真を撮影され、
私もせっかくなので、日没から久々にデジカメを取り出して
その辺にいた外人に撮影してもらいました。
DSCN0209 (480x360)

DSCN0210 (480x360)
ゴールそばのテントに行き、完走メダル完走ポロシャツをもらいました。
そういえば、完走メダルの類は、初めてもらったかも^^
ポロシャツは、サイズを聞かれたけど、アメリカ製のタグがついていたので、Mサイズかな?


そのあと、ビール飲むか?とおねーちゃんに聞かれ、
ビール頂きました(タダです)


一人、広場で勝利の美酒を味わってます。
やっぱり、みんなもう寝たよな~
日付変わって、深夜2時近いしwwww


ビールが注がれたサロモンマークとモンブランマラソンマークの入ったカップ
返却しようとしたら、

もう一杯飲むか?

と聞かれて、

Yes


私の英語力も、この1日で、極限まで上達しました。

もうコレ以上、上達できないほどに極めたわw


飲んで、コップを返却しようとしたら、
拒否された
どうやら、このコップは記念としてもらえるらしい。


今回のゴールでの戦利品
DSCN0211 (480x360)


さて、宿まで帰るか。
宿までの最後の上り坂を登れる体力は残してありますw




想像通り、今までにないきっついコースだったけど、
見るものすべてが新鮮で、
ワクワクしながら進んだので、楽しかった~


色々と本場・海外のトレイルレースで学ぶことが出来ました


日本選手一同、お疲れ様で候

m(_ _)m

スポンサーサイト


Comments

お疲れ様でした❗️ほんとすごい❗️感動しました(T_T)
お疲れ~。
完走おめでとう!
次はどこいく~☆彡
乾燥機、いや完走記、廃毒じゃない、拝読いたしました。
完走率50%ですか、厳しいレースですね。
お疲れさまでした。めっちゃうらやましいです。

ちなみに、先に行かせてもらう丁寧な言い方は、
Do you mind if I go ahead?
Could you please give way to me?
とかです。たぶん。
you give me a way, OK? とかでも通じるはず。たぶん。
>すみちゃんさん お疲れ様でした。
そんな、感動して、涙流されても、困りまするが・・・・w
ご購読ありがとうござりました
>芳賀さん
ありがとうございまする。
しばらくは、おとなしくして・・・・・8月末の志賀こーげんです
>natsuco ogawaさん
一生に一度は、海外レースを・・・ということで、
出ちゃいましたw

1日で山4個登るよりも、
1日1山を4回のほうがいいなと思いました。

追い越しのしゃべり方、ありがとうございます。
口の出していうと、舌をかんでしまいそうです^^;

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。