酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[志賀高原エクストリームトライアングル]でワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

志賀高原エクストリームトライアングル
レース当日。

なんか、誰かのスマホの音で熟睡できなかった気がするが、
2時過ぎに起きて、トイレ、
おにぎり弁当は、おにぎりだけ食べて、
新しいコレを飲んでみた
後日、話を聞くと、コレこれ
レース前に一緒に飲むのが、効果的とのことらしい。

外は雨模様のようだが、だんだん雨は止む感じ。
でも、夕方からはまた雨っぽい

ウエアは、雨&寒さ対策で、
上は、
ファイントラックのアンダーウェア(長袖) + 長袖シャツ + JSTユニフォーム


下は、
ファイントラックのアンダーウェア(長タイツ) + ロングタイツ + 七分丈パンツ


そして、足元は、
ゴアテックスのソックス + 新品のスポルティバのヘリオス(2足目)


頭は、
編み笠とちょんまげタオル

水は1.5リットルとペットボトル1本



宿を出て、スタート会場に向かいます。
KIMG0373 (240x180)

スタート位置は、
このコースはシングルトラックがメインなので、
前方スタートだと、ハイペースで後ろから突かれて、、早々にダウン、
後方スタートだと、岩場とかぬかるみのところで、渋滞にはまって、切明まで時間が余計に掛かりそう

なので、中盤位置でK桐さん、U井さんと一緒にスタートしました。
で、お見送りのKTFメンバーと(^^)/~~~

ゲレンデは、走って集団からもっと前に出ようとします。
(なんか、みんなゆっくりスタートだったんで)

ゲレンデから、登山道に入ったところで、
後ろにてっちゃん、その後ろにH口さん?
話しながら、登ります
つーか、てっちゃんは、一昨日、白馬から爺ヶ岳まで縦走したのに、元気だなー
3キロぐらいまで一緒にいたけど、その後は、
マイペースで行ったら、おいて行ってしまって、

今度は、M浦さんに遭遇。
このころのM浦さんはまだまだ元気でした。

ていうか、普通のトレランレースでは、ランの速度が違いすぎて、
足の遅い私がレース中に話しできる御方ではないのですが、
このコース、走れるところは少ないので、
こうして、話しながら・・

写真も撮って、
KIMG0376 (180x240)
赤石山手前です。
小朝焼けがキレーです。
本日、一番の景色です。残念ながら・・・・

赤石山のてっぺんには、、TJARに出走したGAKUさん
KIMG0378 (240x180)
お疲れ様デーーーーーース

(TJARビブを着ていて欲しかったw)

アップアップ登って行ったら、
心拍が上がりすぎて、少々休憩
そして、また登って、下って、滑って、転んで、
岩菅山も初めて登って、
KIMG0379 (240x180)
景色はまっしろ

ここで、固形食料補給で、ちと休憩。
エイドがまだ先なので、休憩も自分のタイミングで取ります
KIMG0381 (240x180)

つぎは、裏岩菅山、烏帽子山と縦走が続きます。
走れそうでも、ちょっと走ると、倒木、ぬかるみで歩きになったり、
登山道が斜めに傾いてて、右足の膝に負担かけてしまった。

烏帽子を過ぎて、後は下り?
でも、この下りがクセモノで、滑る、倒木を乗り越える、くぐる
そんな感じで、渋滞ッて言うほどではないが、
皆さん仲良く並んで下る

しかも、エイドまでの標高差1300メートルを下る。

下っても、下っても、
高度計を見て下っても、
エイドはまだまだ遠い。

途中、登り返して、
笠法師山で、ボラスタッフM島さんと遭遇。お疲れ様です。

後ろに騒いでいる女性の声がするなー
と思ったら、K桐さんでした。

クマ笹地獄をウネウネ
滑らないように、こねないように下っては、

もう、尻滑りで下れるところは下っちゃえ


高度計を見ながら、まだかまだか
雲の下になって、谷が見えて、
まだかまだか

ようやく、変電所が見えて、
まだ下るのか・・・・

エミゴンさんの誘導のもと、橋をわたって、計測マットを過ぎで、
第1エイド 切明 到着。
6時間51分

KIMG0382 (240x180)

エイドでは、スタッフの
KTFのエイド女王、Tえさん、Sのぶさんとも会えました。
KIMG0383 (240x180)

まずはトイレ、エイドのコーラ、食べ物を食べてから、
ハイドレに水を補給。満杯にして、ザックに入れようとしたが、
ザックに入らなかったので、少し飲んで、ザックに入れた。

さて、ここの標高は900メートル、時間は午前11時
晴れ間もちょっと見えて、これから暑くなりそう。


なので、腰にまいてたレインウェアと、
アンダーウェアの長袖のファイントラックを脱いで、しまいました。

着替えは、上に着ていた3枚全部脱いで、2枚着るという作業。
時間のかかる作業だった。
でも、暑さにやられるのは嫌なので、仕方ない。

なんだかんだで、20分もエイドに滞在してしまった。

トレマン隊も集まってきた。
M浦さんは、悲壮感漂っている・・・・
声をかけても、返事がない・・・ただの屍のようだ・・・・
まではいかないが・・・・

だらだらと長居しそうなので、
11時10分にスタート

栄村サイクリングで登った舗装路を歩いて登って、
林道に入った。途中の沢の水で、顔を洗ったり、靴の泥を落とすために
きれいな水たまりに入ったり。

林道は意外とアップダウンがあり、走ったり、歩いたり。
そのうち、林道を川の方にそれて、吊り橋を渡る
KIMG0389 (240x180)

ここからダイブして、下の川に入りたい
でも、そんなことしたら、死んじゃいそう・・・
KIMG0390 (240x180)

橋を渡ったら、登り・・・
暑いし、キツいし・・・
Y野さんが、途中で座って休憩してる・・・いいな・・・

休みたいなー、でもエイド出たばっかなんだよなー
と思いながら登ったら、
ようやく走れるところに出て、ちょうどベンチもあるから
ここで座って休憩^^

ココでペットボトルのソルティーライチを飲んで・・・
あ、半分以上飲んじゃった。次のエイドで、売店あるから、
そこで新しいのもう一本購入かな。

標高1000メートルぐらいで、さっきの登りの暑さが和らいだ感じ。
固形物も食べたので、出発

最初は歩いて、だんだん走るようにしました。

てくてくはしって、トンネルもくぐって、
(あ、ライトはすぐ取り出せるようにしていました)

時間的にそろそろ平坦な道も終わりかなー
走るのも飽きたな~

というところで、吊り橋
その先にKTFスタッフO崎さんが、カメラ持っていたので、
ナイスポーズで写真撮ってもらいました。

ここから標高差600メートルの登り。

あ、先行していたY野さんを見つけた。

・・・が、ストックを使って登るY野さんに追いつけず・・・・

まぁ、のんびり登ります。

あっという間に登って、


オイオイ


西大倉山


山頂からは、これから向かうエイドがある野反湖
そして、エイドから先の超える山、高沢山が見えます。
KIMG0391 (240x180)
うーん、雲があるなぁ・・・・

さて、山頂から出発すると・・・・後ろに
トレマンさん 登場!!

で、でた~、てっきり前にいると思ったのに~
先に行ってもらおうと道を譲ってみたら、遠慮された・・・

まぁ、エイド目指して進みますか・・・

あ、タクヤさん登場

第2エイドで相談役をやってるはずだったけど、
倒木で頭切れる事後が相次いだのか、ここまで来ました。
問題の倒木には、
ガムテープと注意のコメントが書かれた雑巾が・・・・

ここから下り・・・・
基調のアップダウンのトレイル(沢渡あり)

登りでは、後ろのトレマンさん(ストックあり)に差を詰められ、
下りで差を広げようとしても、

結局、背後にトレマンさんがいる・・・
まるで背後霊

トレマン山は調子が良くないようで、ゆっくり行くと言っていたが、
これでゆっくりなんだもんな~、実力の差を感じます。
今日は、トレマンさんの格好は、好きな赤でなく、白と黒の格好だった。
もし、コレがいつもの赤で後ろにいたら、・・・・と思うとぞっとするわ・・・・


ん?
そういや、今日の私の格好は、だ。
どうやら、私の赤をみて、テンションアップしていた模様・・・

そんなこんなで、第2エイドの野反湖に
午後3時に到着

K桐さんも先に来ていました。
私は早速、トイレに直行して、しーしーした後、
自販機で、アクエリアスのペットボトルを購入。

売店で、ここまでのご褒美とこれからの活力
のため、ソフトクリームを購入^^
KIMG0392 (240x180)

ここで、ハイドレに水を補給。
雨、寒さ対策のファイントラックのアンダーウェアをまた来て、
レインウェアも着た。
エイドでコーラとかコンソメスープとか頂いて、

最後の野反湖からゴールに向かう



ザックを背負いながら、
これから先のコースには、
テントを張って長い時間、コース誘導をしているKTFの仲間が待っている、
ゴールでも待っている仲間がいるんだ。

オレは行く!!おれは仲間に会うため、ゴールに向かう!!






































う こしたい

なんか、お腹の具合がそんな具合だ。
出したい気分。

これから先にトイレなんかないので、ココで出そう。

そうと決まれば、さっき背負ったザックを下ろして、トイレに直行。
「トイレにいく」とわかったら、波が押し寄せてきやがった。



ふぅー

すっきり


エイドに戻るとshimoさんがいました。

今度こそ出発!

KIMG0393 (240x180)
今日はイマイチの野反湖

KTF美女達の誘導で、キャンプ場から登山道に入ります。
しばらく登り・・・

周りにダーレもいない。一人です。
山頂に来ても一人。
とりあえず補給食食べてたら、虫が沢山寄ってきて・・・
人も来てくれました。

ソコから下りを走って、KTFスタッフM田さんテントに到着。
幻聴&幻覚と思ったが、本物でした。
お疲れ様です。
一応差し入れとして、ロッチのビックリマンチョコをあげました。

お次は、お馬さんとS浦さんの景色のいいテント
お馬さんは、幻覚ではなかったです。
ここで、登山地図でのゴールまでの所要時間は7時間と教えてもらう。
(この時点で、時間は17時はんだったかな?)
まぁ、あと3時間半もあればゴールできるだろう
S浦さんから、私以外にも、編み笠野郎がいる情報を聞く


どこのどいつだ~
オレの真似をしゃがってるのは~



おまえか~、やっちゃんか~
次のスタッフテントでKTF初ボランティアのトレマン隊のやっちゃんが
編み笠かぶってました。
その編み笠は、もう一人のスタッフ、Sの口さんのものでした。

ここから、500m先に50キロの看板。
あと8キロで赤石山
と聞かされる。

あと8キロ!!


ここからが、長かった・・・・・・

暗くなるわ、
雨は降るわ、
神鳴が遠くで鳴ってるわ
下はぬかるんでるわ
周りに人いないわ
細かいアップダウンで、特に目標となる山とかもないし、
赤石山までスタッフいないわ


ほんとに、精神的にきつかった・・・区間だった・・・


ようやく前に人を見つけて、その人についていく。
この登りが赤石山のラストの登り

だと思いたいが、

案内板が、次の「仙人池」まで1.5キロ
とあって、

まだかよ・・・・・

と心折れそうになるが、登るしかない。

とうとう、私の前にいた人もへばって、一人で登ることにしたら
「仙人池」の看板があった。
その先には、念願の
赤石山 300メートル


ぬぉおおおおおおおおおっ


もう少しだ~、

いた~、KTFスタッフ、はっし~さんだ~
幻聴でも、幻覚でもスワンでもない、はっし~さんだ~

ここで、先行しているK桐さんが30分前に通過、
だけど、胃をやられてると聞いた。

さて、ここからゴールまで7キロ
胃をやられてペースが落ちているとはいえ、K桐さんに追いつけるかどうか・・・・

ココから下り~下り~

ぬかるんでます~
たくさん、ぬかるんでます~

前をいく選手は、結構やられています。
フラフラの人、
足が動かなくなってる人、
おえおえしてる人

彼らにエールを送りながら、進みます。

ゴールまで下りではなく、登りもあって、
どこまで登らされるんだ?
この階段、段差きっついわ


それも、ようやく終わり、後は下るだけ
ってときに、手に持っていたハンドライトを、よろけた拍子に
・・・泥の中へドボン

おかげで、泥んこまみれになった、ハンドライトを持って、走ります。

こんかい、走れるところが少なかったので、走る足はのこってます。

ゴールまでの距離表示が3キロとなり、
道も走りやすくもなってきた

残り2キロを過ぎたら、K桐さんハッケーン
追いつけちゃいました。

ココから一緒に行って、ゴール
ゴール
全競技のピクチャーがいい感じに目隠しされてて・・・・

予想は16時間だったけど、
説明会の話から16~18時間?と推測
結果、18時間ちょっと前でした。

お疲れ様でしたー
スタッフの皆さんがんばって~

ゴメンナサイ、私、休みます><


宿に戻って、泥を払って、温泉、夕食(ビール付)
ふー

12時にねちゃいました。
相部屋の人は、戻ってこず・・・・


翌朝、相部屋の方がいて、関門時間過ぎてのゴールでした。

私はいつもの大会スタッフおかたづけw
さいごに、とんでもないご褒美をゲットすることができました^^

こんなの、やまで使えねーよ、勿体無くて・・・


そして、エクストリーム考察編へ・・・
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。