酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道 自転車旅 その3 岩内~札幌「北海道のラーメンはウマー」の巻

6時半に目が覚めてしまった。

昨夜、コインランドリーで水洗いしたウェアーの乾き具合を確認

クンクン

うん、大丈夫。
(速乾素材は、洗濯してもすぐ乾くw)
そんな汗ダクダクで走ったわけでもないしw


朝飯が6時からなのは、旅する人間にとってうれしいです♪
朝飯は、定番らしいメニュー
(昨夜のカレー、余ってたから、朝飯でも食べたかったw)
(昨夜のカレーは、ほんと、家庭のカレーでうまかった)

今日のルートは、国道で北上して余市という海の街に出て、
海沿いに進んで、小樽で観光
そして、札幌に移動して、宿泊
の行程100㎞ぐらい

宿の主人に積丹半島をぐるっと回るコースをお勧めされたが、
小樽で昼から雨ということなので、早めに小樽に行くことにした

7時半にスタート
KIMG1382 (360x480)

国道5号で稲穂峠を登る。
峠を登った先に1㎞の長さのトンネルがあるのだが、
宿の主人に、そのトンネルは自転車が通行できるようなスペースがない
と聞かされていた。

まぁ、そんなとこはよくあるので、気を付けるしかない
こっち側からだと、トンネルが下りなのが唯一の救いである


峠を越えて、しばらく走っていたら、
きのこ王国
という建物が・・・道の駅みたいなもんのだ。
KIMG1383 (480x360)

とりあえず入ってみた。
KIMG1385 (480x360)


果物酢の試飲があったので、積極的に飲んで、クエン酸?補充しといたw
まだ腹減ってないので、早々に出発


国道を走ってると、果物畑が目につく。果物が名産なのかな?
KIMG1387 (480x360)

で、街中に入って、
KIMG1389 (480x360)



海に出た。海沿いに進路を変えて、
昨日は太平洋
今日は日本海?オホーツク海?



海岸線沿いの道路は混んでるな〜
・・・・反対車線のほうがwww

海沿いなので♪
KIMG1395 (480x360)
KIMG1400 (360x480)

KIMG1401 (480x360)
なんかレトロな建物



小樽市に入ったら、水族館行こう

この水族館、小樽市の北の辺境にあるから、
小樽の街に入って、また出るような感じで、海沿い進んで、
KIMG1426 (480x360)
これもまたレトロな建物

高台にある水族館に到着
KIMG1424 (480x360)

やっぱ、子供おおいなー

この水族館は、深海関連がおおいなー

あと、あざらし、オットセイにエサやりできるのがいいですね

KIMG1406 (480x360)
KIMG1423 (480x360)
KIMG1418 (480x360)
KIMG1410 (480x360)

あざらし かわいいわー

昼時なので、ビール・・・という誘惑もあったが、
自転車だから飲酒運転・・・・・のー

まぁ、飲まずに
教えてもらったラーメン屋でお昼にしようかと。

こんどは、小樽市を南下して、
あー、この街並みもいいなー
KIMG1428 (480x360)

KIMG1427 (360x480)
このカラオケ屋さんも気になる・・・
スリラーのカラオケ



南小樽駅の近くのラーメン屋「初代」
KIMG1432 (480x360)

12時前に入った時は、一組待ちでしたが、腹減って、並ぶの嫌だけど、待つしかない


思ったほか、早く順番が来て、頂きました。

そいえば、北海道って、ラーメンも有名なんだよなー
KIMG1431 (360x480)

うまかったわ

お店を出ると、行列ができてました。
(この行列に並ばなくてよかったw)


さてと、札幌にむかいますか
なんか、バイパスとかあって交通量も多くて、自転車では走りにくそう
KIMG1433 (480x360)

途中、石原裕次郎記念館を見つけた。
そいえば、北海道のどっかの街だった気がしたが、ココだったか!

建物の写真だけ取って、中には入らずに出発

今どきの若いものは石原裕次郎なんかよりも、
範馬裕次郎だよな〜


小樽から札幌の海沿いは、国道のバイパスの道だけ。
歩道が広くて、しっかりしてるので、歩道を走ります。
KIMG1434 (480x360)

KIMG1442 (480x360)

銭函(ぜにばこ)に入ったら、バイパスを降りて、
下道で札幌市内に入ります。

ん〜、結構車の交通量も多いし、歩道も広いので、
歩道を走ることにします。
歩道の段差が嫌なんだけど、気を付けるしかない

街中はいると、信号とかで進む速度がおそいんだよなー
しかも、道幅が普通よりも広い。

だいたい、片側2車線(しかも、ゆとりのある2車線)なので、
通常の道路横断の
距離が2倍あります。
そうなると、
横断にかかる時間も2倍。
そうなると、
道路横断する体力も、普通の2倍となります。

恐るべし、でっかいどう
北海道では、道路横断するのに、通常の2倍の体力を消費しますw


札幌駅の西側を通って、駅の南の
すすきの
とかいう場所を見てみたいと思ったが、
碁盤の目状の街でよくわからん。
とりあえず、繁華街っぽいところは通過した。
ホテルにチェックインした後で、また来よう。

で、ホテルは、札幌駅から5キロ東にあるので、
まだ札幌市内をうろうろしながら、歩道を進みます。

もうすぐかなー、

と思ったら、ロードバイクの後輪の空気が減ってる><

歩道の段差の衝撃で減ってしまったか?
う〜ん、とりあえず空気を補充。
タイヤを見ても、特に何も刺さってなかったんだけどな〜

空気入れ終わったんだけど、
なんか、シュ――――――という音が聞こえるような・・・・
でも、街中の騒音で、よくわからない、

とりあえず、
気のせい
として、宿に到着

あうっ!やっぱ空気減ってる!
どこから空気漏れてるんだ〜?



タイヤのサイドも見ていったら、キズ発見!
KIMG1443 (360x480)

ここか!!!

TUBEの“U”のとこがちょっと裂けてる

う〜ん、どうやって修理しよう。

パンク修理用のパッチを貼ってみるか
(買いに行かないとだけど)
それでもダメなら、タイヤとチューブを交換か?

とりあえず、宿にチェックインして、
繁華街の「すすきの」にいく

そこに行けば、自転車用品も絶対あるし。

宿から歩いて、JR線白石駅札幌行の電車に・・・・
「えっ、今電車きてたの?」
な感じで、改札入って、どのホームだ〜?
と迷ってたスキに電車が出発してしまった。

10分後の電車に乗り、札幌駅へ。
そこから地下鉄に乗り換えて、どっちの方向に乗ればいいか迷ったけど、
「すすきの」に到着。

なんか、悪質な客引きがいるという「すすきの」だが、
まだ外は明るいけど、路上に数人立っている人がいて、
「あ、たぶんあれか?」
と思ってしまった。

とりあえず、さまよって、「ドン・キホーテ」(似た名前の18禁のお店じゃありません)
を見つけたので、そこの自転車売り場に行ったら、
・・・売ってねぇし・・・

こんだけ売ってるもんがたくさんあって、なんで自転車ののパンク修理キットが売ってねぇんだよ

気を取り直して、東急ハンズ
よし、あった。
パンク修理キット、チューブ
(なんか、割高な気がするんだが…)

これで何とかなるぞ。

で、魚介類食べたいので、
その辺のお店(怪しくないところ)にはいって、飲み食いする。
KIMG1444 (360x480)
刺身三点盛り
(盛り付けがすごい。塩辛等もついている)

KIMG1445 (360x480)
竹酒
(容器がすごい。中身は2合だけです)


KIMG1447 (480x360)
トウモロコシのテンプラ
(何を付けたらよいかわからなかったけど、とりあえず醤油で
トウモロコシ甘くてうまかった。当然のことながら、芯は食べてません)

KIMG1446 (360x480)
牡蠣のガンガン焼き 3個
(殻ごと調理したって感じ。食べた身はふつーの大きさ。見た目に騙されるな)

KIMG1448 (360x480)
うにいくら丼(小)

えーと、
見た目に騙されるな
量はそんなにないぞ
盛り付けで稼いでる


うん、お勉強になりました。
(ふつーの居酒屋に行けばよかったかなぁ・・・とも思ってみたり・・・ってそれは一昨日か)

で、明日の計画は・・・
夕方5時に苫小牧フェリー乗り場に戻ってこないとなので


明日の天気雨or自転車修復負荷の場合
→札幌観光して、電車で輪行してフェリー乗り場へ

晴れてて、自転車走行OKの場合、
→自転車で観光しつつ、フェリー乗り場へ
でも、不測の事態が起きる可能性もあるので、ルートは主に線路沿いで

ん?なんか、夜に大雨がふる?
やべぇ、自転車外に出しっぱなしだ
札幌の夜はそこそこに、歩いて宿まで帰りました。

走行距離 108.82㎞
平均速度 21.3km/h
最高速度 49.9km/h
移動時間 5:05
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。