酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぁんとれいる100 前編

科野の国ラウンドトレイルで、五里が峰で誘導っぽいことした後は、
会場で、子供らとオオカミごっこ

家に戻って即寝て、
深夜1時に出発しました。


えっ?
なんですか、
この話?

11/22に埼玉の秩父で行われた
FunTrail100
http://fun-trails.com/race/100k/index.html
というトレイルランレースについてです。

えーと、距離は105キロ?
累積標高差は7500メートル?

地図の断面図見ても、細かいアップダウンがあるのはわかるが、
7500mは、盛りすぎてない?
6000メートルぐらいが妥当な気もするが、どうなんでしょ?

とはいっても、国内の100㎞以上のトレランレースで、この値はなかなか手ごわい
だけど、制限時間が33時間と意外ときつすぎないし、
秩父の山々はまだ行ったことないので、ぽちっとエントリーしました。

で、前日受付が「科野の国ラウンドトレイルのボラ」だったので、
当日受付が午前3時からなので、家を1時に出発です。

途中、コンビニで補給食&朝飯を買ったが、
どうしてもほしい補給食がおいてなくて、高速降りてから、3件ぐらいコンビニよったわ
だけど・・おいてなかった・・・・

気を取り直して、秩父の羊山公園に到着。
何とか車を駐車場に止めて、あたふたとテーピングをした後、荷物をまとめて
受付会場へ…あ、わすれもの
車に戻って、忘れ物回収して、
受付会場へ。

まだ3時なので、真っ暗です。
装備品チェックで、レインウェアとライトと電池を見せられ
・・・・レインウェアは、ちゃんとシームテープまであるかどうかもチェック



はい、アウトー
このレインウェア
ダメー

(゚д゚)

今まで気にしないで使ってた、レインウェアだったけど、
確かにシームテープ加工してないわwwww
確かに浸みるわけだ

で、ゴアのレインウェアもあるけど、
それは家にあるので、手元にも車にもない


ということで、出店にGo!
レインウェアくださーい


はい、3万円です。
いまなら20%OFFで、2万4千円です。


普通の人が聞いたら、
雨合羽ごときに、どんだけ金払ってんねん
あんた、それ着るの?
一年に何回きるの?


あぁ・・・・・耳が痛い・・・・・
手痛い出費だ・・・・・Σ(´Д`*)
まぁ、ゴアよりも軽量なレインウェアが手に入ったと前向きに考えるか。



荷物チェックパスして、保険証見せて、ゼッケンも無事もらって、
デポ用荷物詰め込んだり、補給食をザック入れたり、
朝飯もちょこちょこ食べたり…・
あ~、やることおおい

ああ~、大きいほうの波が来たし~
トイレ行列だしー、

なんとか、デボの荷物預けた。
今度は、アームウォーマーが片方ない。

あ、まっち

とりあえず、お互いの目標タイムは「朝帰り」というのを確認w

アームウォーマーは、いいや、あきらめよう。

手荷物も預けて、準備完了。
12249675_1730239080528282_5371466034125516335_n.jpg


よし、トイレの列に並ぶぞ!

ながいな・・・・
そして、「選手はスタート地点に集合」のアナウンス。
だけど、まだスタートまで15分あるぞ

前に並んでいたライバルたちが少し減った。
・・・・・・
用は済んだので、スタート地点に並ぶ。
IMG_0398.jpg

5時スタート。
当然、この季節、日の出前なので、真っ暗夜中です。
でもハンドライトで十分。

まずは、羊山公園の道路をぐるっと走るようで、
多少アップダウンがあるけど、体の調子は良さそうだ。

選手?駐車場のわきを通って、

あ、ルームランプつけっぱなしの車だ。
間抜けなやつがいるなー、
ゴールしたら、車のバッテリー上がってるぞ







あれ?この駐車場見覚えがあるぞ


ん?あれ、俺の車じゃね


急いで、ルームランプの付きっぱなしの車に駆け寄った。
うん、おーれーのーくーるーまー
○| ̄|_

全部のドアを開けようとしたが、ちゃんとカギはかかってる
さすが、俺だ。用心棒だ

車のカギは、スタート地点に預けた荷物の中・・・・

とりあえず、あきらめる

さて・・どうしようか・・・・・

ゴール後、バッテリーが上がったくるまのHELPでJAFをコールかなぁ・・・
また手痛い出費だ…( ノД`)

とほほ・・・・
こうなったら、思う存分レース楽しんだる




しばらくしたら、林道になって、はい、渋滞
・・だけど、流れは止まらずにスムーズにすすんで、
どうやら下りのつるつる滑る岩で渋滞してた模様。
そこからはスムーズにシングルトラックで、上ったり下ったり。
登りでは体があったまってきたので、ウィンドブレーカーは腰に巻いて、
ロングパンツは、裾を膝までまくるようにした。
IMG_0399.jpg

下って、お寺の境内に出たら、外は明るくなってきた。
そういや、スタート前にサプリ飲むの忘れてた。
ここで、足攣り対策のMAGMAを飲んでおく

ロードを進んで、踏切を渡って、ロードの登りから林道へ。
そこで、KTFつながりでマスラオさんに遭遇
ムキムキの足しとるわー

そうして、最初のエイドA1 武甲山登山口9.5キロ地点に7時前に到着
IMG_0406.jpg

ここで、おにぎり1個をいただく。
これから本格的な山岳に入るので、しっかり補給&ロングパンツを抜いて、短パンになる

さて、上りだー
腿を手押しで、太ももの前の筋肉は温存。
ケツとハムを意識して上る

つづら折りから稜線にでて、なんかだんだんガスってきた。

上ってる途中、自分の使ってるDYNAFITのザックとおそろいのザックの人がいて声をかけてみた。
日本ではあまり流通してないので、人と被らないので、いいのよこのザック

そのかたは、シャモニーに行ったときに買ったといっていました。

意外と量が入っていいよねー


というわけで、おすすめのザックです。

武甲山山頂付近で、先に山頂行った人とのすれ違いがあり、
上っていくと、神社の社があって、
IMG_0407.jpg

「時計回りに回ってください」
というわけで、自分が自転で時計回りに回ったほうが早い

と思いつつ、社を回って、
山頂からの下りです。

標高は1300メートルぐらいで、昨日の誘導していた五里が峰の時と同様、
雲でガスってて、ポツポツしてます。

ここから、本大会の目玉のきっついアップダウンコース
まぁ、でも、拙者、こうゆうコースで練習してるので、慣れてますがw


だけど、今日のシューズは、ろくにテストもしないで、実践投入した
Montrailのバハダ

Montrailのシューズは、実は初なので、自分の足に合うかどうか…

うーん、下りでつま先が遊んでしまう。
とりあえず、指先で踏ん張る。
だけど、長丁場でこれはいけないので、
靴ひもを締めなおす。

つま先の遊びはなくなったが、小指の圧迫感があり、痛い。
一応、テーピングで保護してあるので、水膨れにはならないが、長丁場には向かないなぁ。。。

とりあえず、56キロ地点のエイドに違うシューズをデポしてあるので、
それ場ではこのシューズで頑張ろう。

さすがに新品なので、滑りやすい斜面もちゃんとグリップしますw

あっという間に次のエイド、20.8㎞地点のA2 逆川乗越
10時10分に到着
ここには、JSTのKとうさんがボラされてました。
水をもらおうと思ったら、品切れ
スポドリも品切れ

だけど、コーラとリンゴジュースがたくさんあるというwww
ふつーのレースとは逆転現象wwww

まだ山から下りておらず、まだ山中なのですが、
次のエイドが山を下った集落なので、
下り基調で進みます。
IMG_0415.jpg

今までガスの中で景色が見えなかったのが、
標高を下げたことにより、周りの山々が見えてきました♪
IMG_0416.jpg

快適に下って、久々のロード♪
A3 名栗に11時30分に到着
28キロ地点です
IMG_0421.jpg

なんか、大会のパンフに記載されてるペースだと、「ハセツネサブ11で11時24分」って書いてあるけど、
絶対ありえねーwww
ちなみに関門時間は15時なので、よゆーでクリア

ちなみにエイドではゆっくりしてます。
とりあえず、左足の靴擦れで痛みがあるので、痛い小指とかかとをテーピングしといて、保護しときます。
タイムロスになるが、まめになって痛くて走れなくなるよりは、
早めの処置を
です。

ここで、エイドのおかゆをいただいて、
20分ぐらい滞在したかな?
しゅっぱーつ

名栗の集落を通って、国道に出たら、秩父方面に進んで、
信号を渡って、まだ走って、また信号わたって、急な登りで歩きました。
しばらく歩いて、登山道に突入

しばらく上った後、アップダウンして、
ハムが筋肉痛ぽくなってきたので、ジェルを投入(補給も固形物中心でとってます)
なんか、ハイカーも多くなってきて、
なんかお寺さんに出てきて、
IMG_0425.jpg

お土産屋さんのなんかの汁のいいにおいをかいて、
IMG_0427.jpg

A4 子の権現 36.9㎞に13時31分に到着。
ここで、エイドの人に「あ、牛さんだ」と言われたけど…・どなたでしたっけ????
う~ん、美ヶ原でお会いしたということだけど…・汗

この大会、エイドごとにメニューが異なるので、エイドにどんなのがあるのが楽しみです。
他のロングレースだと、ほとんどエイドメニューって同じなので、
だんだん飽きてきてしまうんですよ・・・・
俺は今日、どんだけバナナ食べたんだ?という気持ちになれますw


次のエイドもアップダウンが続きますが、
もう楽しくて楽しくてwwww
つらい、しんどい、とかみんな言ってますが、
楽しすぎるwwww

楽しいトレイルを進んで
A5 東峠 45.3km
15時42分に到着
IMG_0428.jpg

スタートしてから10時間、おなかもすいてるので、食べます食べます。
このエイドの(スペシャル)ドリンクの「午後の紅茶」と、シュー菓子とか
飲んだり食ったり。

さて、もうすぐ16時で暗くなるので、ライトの用意をしときます。
でも、ヘッドライトは使わずに、極力ハンドライトでバッテリー温存

トイレに寄った後、飯能市に向けてスタート。
木々の中はやっぱ暗いなー
だんだん標高を下げていき、住宅の庭のそばまで出てきたら、ロードに出て、
横断歩道を経由して、道路の反対側へ行き、またトレイルです。
前の人のライトの明かりが、ちらちら見えます。

上ったり下ったりしたら、多峯主山という山まで登ったら、
都会の夜景がきれいです。
IMG_0429.jpg

そこの誘導員の女性に
「夜景がきれいです。だけどあなたのほうがもっときれいです」

と声をかけてみたりwww


当然、夜で暗くて相手の女性の顔なんて見えませんよ


そして下って下って、市街地に出てきました。
コーステープをしっかりチェックしながら進みます。

もし、分岐で、何もマーキングがなかったら、ミスコースしている。

そう思いつつ、注意深くコーステープを探しながら進みます。
当然のことながら、交差点で曲がったり、信号を渡るところにスタッフがおり、
迷わず、A6 飯能 54.3kmにつきました。

後半戦に続く














スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。