酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中能登トレジャートレイルラン 2015

中能登トレイルランレース
http://nakanoto-trail.info/
昨年に引き続き、行ってきちゃいました

同じ大会は二度も出ないのがほとんどなんですが、
前回38キロコースで、終盤ながーいロードを走ったけど、
今年新設される50キロだと、終盤のロードが山登り返しになって
「お、いいな」と
ふつーの人は、「山登り返すなんて、きっつい」と思うでしょうが・・・

あと、前回、車で行ったので、「運転しんどかったー、今度は新幹線だ―」
あと、「和倉温泉入りて―」

そんな動機で、またエントリーしてしまった。

けど、新幹線で来るのは、5月の峨山道トレイルランでやったし、
和倉温泉宿泊は・・・・また七尾市に泊まっちゃったし(汗)

とりあえず、早々に金沢にきて、観光
・・・
まだ店が開いてない時間帯にきてしまった・・・・
・・・まぁ、ぶらぶらするしかないので

そいえば、ノースフェイスのお店があったな。
テーピングとお守りのVESPAを買ったら、
お店の人に「VESPAの斎藤さんのセミナーを受けた方ですか?」
あー、ここでも斎藤さんセミナーやってたんだ


さて、近江市場でも、「生ガキ」と「ドジョウのかば焼き」も食べたし、
KIMG1776.jpg

中能登の受付会場へ行くため、電車に乗るか…

金沢駅に戻って、時刻表を見たら
…乗り遅れた…orz

たしか、これぐらいの時間に戻ればいいよなー
と思ってたら、
「これぐらいの時間」アウトだった・・・(-_-;)

一本後の電車だと、受付時間に間に合わないので、
そのまま七尾市の宿に向かう作戦で。
前日受付はあきらめて、当日受付にしよう。

ちなみに、ちょうど中能登を通過したら、土砂降りだった。
どうやら、寒冷前線通過したような感じ

明日は、晴れるけど、気温は上がらないだろうな

七尾市に到着し、昨年とは違う、やっすい地元のビジネスホテルにチェックイン
(昨年もやっすいとこだけど)

その後、七尾城を探索し、昨年と同じ居酒屋で飲んだ
KIMG1778.jpg
KIMG1779.jpg
鈴木さんのお刺身
KIMG1780.jpg
「イワシのヌタ和え」と「だし巻き卵」
KIMG1781.jpg

昨年は、うっかり「とんでも金額」になってしまったが、
今回は抑えたぞwwww


で、地元のスーパーで明日の朝食等を買ったが、
やっぱり、地元スーパーっておもしれ―
みたことないもんがあるわー(一応食品なので、食べられます)
KIMG1782.jpg
KIMG1783.jpg




レース当日、
4時半起きで、準備し、5時台の電車で移動、
駅からは大会のバスで、会場入り。

なんか昨年よりも少ないなー
と思ったら、各種目約100人ぐらいで
全体で参加者300人

昨年は全体で500人ぐらいだったから・・・・
募集告知も、もなんかいつのまにかやって、終わった感じで、
昨年出たトレマンさんもエントリー開始を知らなかった。
(本人曰く、これを知っていたら、秋の北陸のロードのマラソンエントリーせずにこっちにしたかった、と)

それに、
金沢マラソン、富山マラソンという、地元大物レースが今年からあるので、
その煽りを受けた?という話も?

個人的には、これぐらいの少ない人数のほうが渋滞もなく、
走りやすくていいんだけど(^-^;


レードライトのブースがあって、ポール(お試し品)があって、
手に持ってみたけど、あぁ、これいいな、欲しい
(けど、オンラインショップは品切れ・・・orz)

ちなみに、今回の格好は

ふつ―です。

ただ、マイカップが必携装備なので、
柄杓(ひしゃく)
装備です。



7時に、朝焼けがあるなか、スタート
今回は、STYで痛めた膝の調子もあるので、特に記録は狙わないけど、
これからのウルトラのレースがたくさん控えているので、
その練習を意識した感じで、余裕ある走りの感じ。


で、最後尾近くでスタート。
最初の平らなところは、マイペースで。
登りになっても、フォームを意識した感じで、
ようやく登山道になっても、100%本気を出さないように。

IMG_0369.jpg

紅葉も色づいてきた感じ。まだ朝なので、日も横からさして、紅葉がきれい
IMG_0372.jpg

昨年ほど、泥んこでもなく、
たまに道を外して、展望台に行ってみたり。
IMG_0373.jpg
IMG_0375.jpg

激ロープ下りから、コースが変わって、
林道で大回りする感じ。
まぁ、海も見えそうで・・・・でも霞んでてはっきりとは見えないのが残念。
IMG_0376.jpg

海は、海なし県に住んでる人にとって、重要なファクター(要因)です。

で、林道を走って、昨年通った気がする道に合流して、
最初のエイド到着。
IMG_0383.jpg

リンゴとか、ポテチとか食べまくった気がする。
あと、昨年同様、ワサビ的なものも。

トイレに寄ってから、計測マットを通過して、
・・あ、1時間後にスタートのゴールドの部のトップが来た><

もう、追いつかれたかー
せっかくなので、後ろについて走ってみるが、
案の定、速度差でちぎられましたwwww

とりあえず、2位以降には追いつかれませんでしたwwww

そいえば、途中で鏑木さんが応援していたな

コースのアップダウンもしつつ、
途中で、私設エイド?みたいなとこで、ザックに反射板を付けられました。
(ゴール関門が17時で、日暮れなので)

IMG_0384.jpg
IMG_0386.jpg

ロードの下りから、トレイルに入って、ゴールドの部との分岐
かつ、50キロのドリームが戻ってきてゴールに向かう分岐に来ました。
ココの登りは急だけど、標高差150mほどの階段なので、
ダイジョブダイジョブ。
むしろ、ここから先は、終盤逆走するところなので、
トップとすれ違ったら、やだなー、精神的にダメージ受けるなー

途中、新設されたエイドがありました。
ここはまた帰りにもよるエイド
ここで半分ぐらい?まだまだ?

まだアップダウンしつつ、UFOっぽいとこのエイドに到着。
IMG_0389.jpg

そこで、パンも食べつつ、ゆっくりしたい気分が―
椅子に座って、ぐてー、としたい気分が―

けど、ゆっくりすると、「ゴール後にお風呂行く時間がなくなる」

なので、長居せずに出発。
ココから少し登って、風力発電の風車のそばを通って、
急な階段の下り。

階段を下りて、昨年は長いなーと思った林道は
それほどでもなく感じ、
昔の街道に出て、
古すぎないけど、なんか情緒を感じる道路を、地元の人の応援されつつ走るのは、
このレースで一番いいところかなと思ってしまう。

エイドで、鏑木さんがいました。
50キロの部のこの後の登り返しに対してのアドバイスをしてました。

ここで、水ギョーザを頂いて、
IMG_0393.jpg

はい、出発

昨年とは異なり、街道沿いを進み、
そのうち、右に曲がります。
だらだらロードが続きますが、
だんだん登りになってきて、周りの選手は、歩き始めたのが、
視界から消える。

しかし、登りでも、俺に追いついてこようとする選手が後ろにいる。

おのれ、「歩かない」、「走る」の根競べが始まった。
後ろは振り向かず、淡々と自分のペースで走る。

後ろの気配がなくなったので、なんとか振り切ることに成功したようだ。
ロードも終わり、鉄塔の作業道?のところが登り返しのトレイルだった。

そういえば、鉄塔のところは厳重にテープでマーキング
というか、変なところに入らないようにされてたな。
スタッフ(何とか電力の人?)もいたし

ようやく、行きに来た道に戻って、逆相で戻ります。
で、新設されたエイドに戻ってきました。
そこで、女子高生が作ってくれたおにぎりをいただきました。
IMG_0395.jpg

お味は・・・・・お、おいし・・・・・・いです・・・・
涙を流すほどおいしいです…

さて、来た道を戻って
・・・・階段の下り地獄ですな…
さすがにフォームが乱れるとひざに痛みが出るわ・・・
ようやく下りきって、ロード、住宅地に出ました。

途中、自転車に乗ったおばちゃんに「がんばってー」と声かけられたので、

負けてたまるかー


自転車に乗ったおばちゃんを必死に追いかけました。

ロードを走る足も残ってて、
そんでもってゴール
7時間24分
50㎞のレースにしては、上出来な成績かな?

ちなみに、この日は私の誕生日
というわけで、ゴール後、鏑木さんからインタビューされました。
そして、マイカップの柄杓も気に入ってくれたようで

さて、お風呂行きのバスに即効行って、汗を流しました。
そして岐路へ・・・・・

金沢駅前で、軽く買い物と飲んで食って帰りました

大会関係者の皆様、ありがとうございました





スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。