酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UTMT(ウルトラトレイルMt 大帽山) 2016 後半

もう、17時も過ぎたので、香港ナイトの始まりです。
ただし、山の中オンリーですがw

また、水路沿いのロードを走って、
なんか、自主映画を作製している一団を通り過ぎ・・・・

右手の山に入ります。
IMG_0569.jpg

道はきれいな石の遊歩道
IMG_0571.jpg

結構降りてくる人が多いです。

だんだん薄暗くなっていきます。右に曲がって、稜線を上って、ライト点灯
いったん下るところでは、ガレてたけど、
すぐにコンクリのロードになった。

次のチェックポイントはまだかと、
だらだらと、ゆるい坂を登ってたら、
後ろから選手に追いつかれた。
Japanとか話しかけられ、てきとーに「グッとイブニング」「グッとナイト」
といったら、「????オモシロイ」とか言われた。

なんか、意外と「おもしろい」という日本語は、香港では知られているようだ。

この人、メガネと帽子をかぶった若者だったので、
以降、めが帽と呼称する事にする。

めが帽のほうが、登り早いので、ちょっと前に行ってもらう。

SCP5 石龍拱 52.5km
到着時間 18:57


ようやくチェックポイントがあり、次のエイドまでの距離をめが帽が聞いた。

なんかこのチェックポイントの位置、地図と違うんだよな・・・


たしか100キロぐらいの部がスタートしてもうこの辺を走った後なんだよな
テクテクとロードを進んで、左のトレイルに入るところで、
大会の看板と高低図があったので、現在地とかをめが帽と一緒に確認。

そして、めが帽がこれからの道中を示唆する言葉を俺に言い放った

Let's go!


れっつごー?

これって、一緒に行こうってことだよな・・・・・・

「だが、断る!!!」
なんて言えなかった。言ってもわかるわけないし。
ていうか、そんな言葉を出す理由もないし


めが帽の後に続いて、トレイルを下る。
香港としてはテクニカルだが、日本としてはふつーの下り
めが帽は歩いて下ってるが、俺は走って下りたい・・・・

しまった、俺が前で走って下ればよかった・・・・
(-_-;)

その後も分岐で、めが帽が迷ったときは、俺があっちと指示を出して、
次のエイドに到着。
IMG_0572.jpg

CP5 農場鮮奶 60.3km
到着時間 19:47

MilkFarmということは、牛乳牧場?

もう暗いので、ここが牧場なのかどうか、わかりません

J子さんが夕飯として温かいものを作ってくれて食べた
IMG_0573.jpg

お、牛乳あるじゃん。
マイカップ持参なので、

持ってきましたよ、
日本で人気の俺のマイカップ
鏑木さんもオオウケの柄杓


さて、マイカップ柄杓に対し、香港人はどうリアクションが出るか・・・・












特に反応なし・・・
マジで・・・俺もJ子さんも、ショック!
orz


そろそろでようかというときに、めが帽がこっちにやって来て・・・
J子さん 事情がよくわからずきょとーん

えっ、これからも一緒に行くの???
マジで、


Noといったら、理由説明すんのもめんどいし、
まぁ、旅は道ずれなので、行きますか


しばらく平坦なロード・・・
一応、左側に町の夜景が見える。
途中、めが帽がトイレで待ってあげる

待ちの夜景を見ながら走って、あれは多分電車のターミナル駅かなぁ?
けっこう賑わってるキャンプ場のそばを通り、
バーベキューのモクモクを通り過ぎて、
やっと、登山道入り口

さて登ろうとしたら、またしても、めが帽がトイレ
あんた、さっき出したばっかだろう


楽しいトレイルを通って、
またしても、ロードに出て、凹む

途中、ヘッデンつけっぱなしで座り込んでいる人がいた。
めが帽が話しかけたが、その一寝てると思ったので、
「スリープ」とめが帽に言った。

山頂というか、ロードなので、峠のてっぺんで
チェックポイントを通過。

SCP6 大欖林道-瞭望台段 69.8km
到着時間 21:47


この先、ロードが下りなんだが、
めが帽が走りやがった。
おのれ・・・下りは走りたくないのに…

走ったけど、だんだん差が広まる
登りで走るのは終わったが、

You’re Slow

といわれた。

うっさいわ(-_-メ)

そして、笑ってごまかす俺は、日本人の悪い癖ですな


う〜ん、マイペースで進みたいが、うまく分かれるいい方法はないものか…

アップダウンのロードを繰り返して、コンクリの遊歩道の下り。
あぁ・・・土の上を走りたい。

途中、トレイルに入るようなマーキングテープがあったので、
めが帽がそっちに入った。
だけど、そっち行ったら、テープがない

はい、ミスコース。
テープを探そうと更に下ろうとするめが帽に

Return。リターン
といって、戻って本の遊歩道を下ったら、テープがあった。
間際らしい。

なんか、久々に町の中に出てきて、
路地をちょっと進んで、
飲食店の軒先がエイド?

CP6 深井 78.2km
到着時間 23:07

IMG_0578.jpg

ちょっと眠気も出てきたので、
ここで、寝ることとする。


それを理由に、めが帽と別れることにする。

めが帽、ショッキングな顔したなぁwwww

エイドで、特別フードのコメの麺を食べておく。

寝ようと思ったが、ココは特に寝るスペースは設けておらず、
エイドの椅子とテーブルで寝ることにする。
防寒具の上下と頭をかぶって、1時間ほど目をつぶる。

・・・

熟睡はおろか、浅い眠りで
あっというまに、1時間経過でJ子さんに起こされる。

ん〜、まぁ、体は休まった感じ。

周りの選手はほとんどいなくなって、さびしく一人旅スタート
J子さんは、次の次のエイドで待つことになる。
次のエイドは、デポバックがあるとこなので、何とかなる。

街中からすぐに階段遊歩道で、街の明かりから離れていく

一人旅で、前後に選手いないので、
コースマーキングを要確認しながら進む

ロードの登りを進んでいくと、ライトの明かりがこっちに向かってきた。
あ、選手だ。
こっちに話しかけてきたぞ


HongKong?China?

ノー、ジャパン


なんか、向こうは話しかけてきたが、
イマイチ内容がわからず?

???

そんでもって、今はしっかり休んだ後なので、元気なので、
先を急ぎたい。

てくてくロードを登って、その人を引き離した。
さよなら・・・君のことは忘れないよ・・・・
名前も知らないがw

トレイルに入って、楽しーく進む
二人ほど見つけてパスした。
ひとりはねむそーだった。

なんか、トレイルに白線でメッセージが書いてあった。
自転車のロードレースのようだ。

そして、チェックポイントは、
SCP7 大棠山路 87.2km
到着時間 2:23

階段上って、ロードに出たとこだ。
なんかフランス人っぽい感じだ。

ロードのメッセージ書いてるとこなんか、ツールドフランスのようだ。

あぁ〜ロードだ〜
いつもと違うのは、路肩工事していて、マーキングのテープが分かりづらい。

後半の山に行くため、ロードが登りのところで、
ベンチね寝てる集団もいた。

あ、日本人夫婦に追いついた。

そのまま先を急いで、ロードからトレイルに入ります。
なんか別のイベント?のマーキングが間際らしい。

トレイルを進んで、遠くに工場っぽいオレンジ色の街灯が見える。
あそこに行くのかな?

いったん下って、ロードに出たら、別のトレイルに入って、
ダム湖を通って、トレイルに入って、

また?
ダム湖を通って・・・デジャブ?

今度こそロードに出て、
ふもとの工場団地に出て、

エイドはどこだー?

道路を直進して、

ん、なんか、左足の左脇しりからももの付け根にかけて、
痛みが出てきた((;´・ω・))

学校のわきを通ったら、ふつ―の道路の分岐にエイドがあったw
CP7 大欖涌路 95.4km
到着時間 4:01


バッグ?バッグ?

と聞かれたが、何のことだ?

あ、デポしたバックのことかwwwww
すっかり忘れてた。

あ、めが帽だ。
しまった…追いついた・・・・
これから出発して、次のエイドで寝るとのこと。

テイクカメラ


ん?ん?なに?

あ、一緒に写真撮ろう
ということか

というわけで撮りましたよ。
IMG_0580.jpg


いまだに名も知らないし、ゼッケン番号も忘れたしwwww


体をふいて、(汗の塩、じょりじょり)
Tシャツ着替えて、食ったり、サプリとったり。

エイドの特別フードは、魚のすり身だんご
IMG_0579.jpg

・・・なんかパッとしないな。
もう一つなんか入ってたけど、忘れた。

40分ぐらい滞在して、出発します。
(もうちょっと固形物食っとけばよかったと、後で後悔)

さて、次のエイドにJ子さんがいるから、
ココでリタイアはできない。
結構長くて、17キロ先ですが、山区間よりも、ロードが長そう

まず、幹線道路のロードの歩道をてくてく進んで、
IMG_0581.jpg

橋を渡ったら、曲がって、
全体的にUターン

太ももも痛くなってきて、
もう走る足はないので、ストックでガンガン歩くしかないです。


バイパスの歩道って感じなので、景色はつまらない。
朝5時ぐらいでまだ車も少ない

ちょっと登って、曲がって曲がって、
ようやくトレイルに入ったー!



…と思ったら、別の道路に出るためのショートカットで
小道を使っただけで、まだまだロード


前のグループは、道路の左側にいたけど、私はマーキングのある右側に従って進んだ。

そしたら、大きな交差点で、道路の反対側は道路を横断できないようなので、引き返してこっちに来たwww

やっと幹線道路からわきに道に進んで、
地図上の山を回り込むような平坦な道に入った

自分の期待としては、トレイルの遊歩道だったが、

水路沿いの舗装された道だった。

前のほうに明かりがあって、
選手かなーと思ったら、地元民だった。

朝6時のまだくらいのに、
ココの地元民遭遇率は半端じゃなかった。
右側水路、左側公園・町のような感じで、
お、公園にいるおっさんは、太極拳か?
とちょっと期待してみた

ダラダラ長いが、地元民とのすれ違いで気が紛れた。

IMG_0584.jpg
なんか公園みたいなところに入って、
あぁ、階段の登りだぁ・・・・
前にいた女性選手に追いつき、お互いゲンナリ顔で階段の上を指すwww
もう明るくなってきたので、ライトを消して、

階段登ったところで、ライトをしまった。
さっき抜いた女性はここで追い抜かれた。

ようやくチェックポイントがあったので通過。

SCP8 藍地水塘 105.4km
到着時間 7:08


ここから先は、300メートルの標高差の山を登って下って、次のエイド
さすがに下りで太ももがきつくなってきた。

いったん下って、ダム湖を横断して、
なんかこの景色、中国っぽいなー
IMG_0587.jpg
IMG_0591.jpg

写真だと

実際は、緑色の水なので、汚れた水かなー
と思ってみたり

この先、U時で迂回する感じなんだけど、
工場団地に出て、道路でぐるっと回る。
100m先にさっきの女性がいる。

なんか知らないけど、道路のアリの巣が気になってしまった。
100マイルあるあるの精神状態だったのかもしれない。

またロードの登りで、工場を通ってると、
工場で放し飼いの犬がこちらを出迎えてくれている。
特に吠えるわけでもなく、、寄ってくるわけでもなく、
こっちも、吠えられたり、追いかけられたくないので、

犬を無視
お前の存在自体、無視してやる!

後ろから車が追い抜いてきて、なんか前の犬に向かって、ポイと投げた?
ん?どうやらエサのようで、
そばにいた犬が貪り食っている。
なんか肉の塊っぽいので、ドックフード食べてる日本の犬よりも贅沢だな

採石場のそばで、もう、無理。
疲れた。
エイド出てから、休んでなかったので、休むこととする。

体の状態は
太もも筋肉痛
腕、肩も筋肉痛。

疲れは、疲弊している感じで、
体の生命維持用のエネルギーも使い始めてる

眠くはないが・・・これから50キロ、半日以上進む進む力はないし、
外国で力使い果たして運ばれたくないし、
もう、丸1日行動して、ロード・コンクリの道はお腹いっぱい
このままレースつづけてフラフラになるよりも、
ふつーの香港観光したほうがいいんじゃない?

ということで、次のエイドでリタイアする決断をした。

ジェルは取り続けていたけど、固形物を取ってなかったで、
補給ミスなのかな、今回の疲弊とかは・・・・

1日だけなら無理していけるけど、二日になると難しいなぁ…
これが100マイルレースの難しさなんだろうけど…

エイドに向かうには、1山越える必要がある。

再スタートして、またしてもダム湖横断でデジャブ―

久々に後ろから元気な選手が来た。
IMG_0592.jpg

またダム湖で、デジャブーを感じ、
ようやく山道へ

きっつい・・・・

かたい地面にうっすら砂で、急斜面。
しっかり踏ん張らないと滑ってしまう。

すでに筋肉痛のふくらはぎにはキッツい。
IMG_0594.jpg
IMG_0596.jpg
登っても、登っても、稜線の先にまだ上るトレイルが見える・・
後ろから来た選手もきつそうだ。
二人組で、片方は先行してて、まだ元気。
もう一人はきつそうだ。

元気な人と少々話したが、リタイア考えることを告げると、
ダメダメ
と言われた。最後の四つがきついといってたが、
この時点でもうあかんのに、もうむりやわ。

ようやく下りでも、太ももキッツい。
ゆっくり下って、抜かれまくって。下山完了・・・

・・・下山した先は、民家の敷地内でした。
IMG_0597.jpg

生活臭あふれる民家の一角を過ぎて、路地を進んで、

川沿いの道を進んで、橋渡ったら引き返して…

IMG_0598.jpg

おい、こんなところでコースの距離伸ばしてんじゃねーよ

と思いつつ、ようやくエイドに到着。


CP8 大棠 112.8km
到着時間 9:25

IMG_0600.jpg

J子さんがいました。
めが帽は寝てるとのこと。

つかれたー、疲弊したこの感じ。
あ、たぶん、これ、熱でるな。

年末風邪ひいて治りかけてたのに、また風邪ぶり返すわwwww

うどん食べたりして、一休みして。
リタイアを告げました

リタイアとつけても、通じなく
Finish?


ん?
YesYes

これでリストバンド渡して、リタイア完了

ちーん

終了

IMG_0599.jpg
香港警察

といえば、ジャッキー

それだけ

J子さん通訳で、最寄りの鉄道駅へタクシー移動し、
電車で途中1回乗り換えで
スタート/ゴール地点の火炭に戻った。
まずは飯
IMG_0601.jpg
会場そばの飯屋

隣の店に比べてにぎわっている。
わざわざ自転車で来るほどのにぎわいぶり
日替わり定食?
うん、お米がうまければ文句なし

コメ独特のにおいがあって・・・・やっぱチャーハンがいいな


デポバックと預けていた荷物を全部受け取って、
旺角に戻って、宿にチェックイン後、終身

ちーん
スポンサーサイト


Comments

おつかれー。中国面白いねー!みんなメガネが悪いwww
>はがさん
もーいーわー、中国wwww
はははははは

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。