酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOUR DU NAGANO 2011(その2)

16時過ぎれば、この季節、真っ暗である。
普通の人なら、暗くなったら、山に登りません。
トレランレースですら、コース途中に誘導員や看板がありますが、
ツールドNAGANOは、誘導員なんぞおりません。
地図を見て、ピンクテープ等見て、登るのみ。

前走者のグループが、M浦さんらなのだが、45分差とのこと。
追いつくのはきついかなー

とにかく、井上山を登って、W田さんのエイドに行こう。
途中、誰かが落としたツールドNAGANOの地図を拾った。
ご愁傷様です。

馬越峠への下りは、あまりの寂しさから、歌いながら下ってみた。
歌といっても、何の歌か分からん、即席のドイツ民謡ですが。
そして、W田さんの馬越峠居酒屋に到着。お品書きがあるけど、がない…
なんと、前を行くM浦さん&ジェシカちゃんペアは30分前に到着との事。
コレなら追いつけると思ったが、せっかくの二人の邪魔をしてはいけない。

だが、もう一人おまけがいるとの事で、前言撤回。

まぁ、歩いていきますか。
もしかしたら、太郎山の下りで迷ってるところに追いつけるかもしれないし。

太郎山登山道へ行く途中、私の進行方向に獣出現。
暗くて、なんの獣だか知らないが、我に恐れをなして、逃げ惑っている。
「おんどりゃぁあああー!」
「やんのか、おりゃああっ!!」
「ふぬーーーーーーーっ!」
と、声を出して、威嚇してみた。

我に恐れをなして逃げていった。
経験値1と5ゴールドを得た。

そんでもって、太郎山山頂
上田の太郎山に引けをとらないほど、景色がいい。
111203_1946~01
もしかしたら、上の太郎山の夜景の写真、上下反対かもしれないが、俺は気にしない。

太郎山の下りは、分かりづらいところや急斜面にロープとかあって、大変だが、
何とか、神社?っぽいところまで降りてきて、
「宇宙戦艦YAMATO」を歌いながら、太郎山エイドに到着。

ここに、M浦さん&ジェシカちゃん、トレマンさんまでいた。
あらまぁ、追いついちゃった。
ですが、M浦さんたちは、ここで、お店に戻るとの事。
豚汁うどんを食べていたら、ジェシカちゃん(要天然少女)が、
テントに立てかけてあった、我のストックを持っていくのが見えた。



・・
・・・

面白そうだから、このまま放置して様子見してみよう

そして、ジェシカちゃん、ストック間違えたことに気づく。
一同、大笑い。
M浦さん、ジェシカちゃんのボケに鬼ツッコミ

我々部外者は、笑い事で済むが、身内のM浦さんはである。
ごめんなさい、M浦さん

さて、また寂しく一人旅である。
途中、コンビニにより、スポドリ&コーヒー補給。
ついでに、肉が食いたかったので、フランクフルトを食べた。
次の尼巌山のエイドまで歩くが、やけにのどが渇いた。お腹はいっぱいだけど。

虻蜂さんのエイドに到着。昨年は、ここで引き換えしたけど、今回は尼巌山登ります。
前のグループは、U井さんさ、昨年一緒だったH詰さんらの6人パーティで、2時間前に通過。
和気あいあいで楽しそうとのこどで、追いつきたいが、2時間差は走らないとなので、無理だな
ここでは、リンゴとコーラと水を頂いてスタート。

最初の奇妙山の登りはきつかった。疲れてるせいか、すぐに心拍数が上がる。
稜線に出ると、風が強いので、ウィンドブレーカーを着る。
腕時計の高度計を見ながら、分岐の看板はまだかと思いながら登る。
そして分岐発見。ちょっと下るが、やっぱり下りだと、左ひざに痛みが出る

尼巌山の登りになるが、岩場がキツイらしいので、覚悟して登る。
なんか道なき道の岩を登ってるよな…
木の枝、じゃまだな…

みんな、こんな岩場をのぼったのか?

もうちょっと周りを見てみよう。

左にそれていったら、ちゃんとロープが張られている道がありました
失敗失敗

111204_0045~01

松代への下りである。下ったら、エイドがある~♪

と思ってました。
松代に下っても、エイドらしいテントや車はありませんでした。

あれ?地図をよく見ると、エイドがなーい。
(昨年の記憶から発生した、私の勘違いでした…)

さて、つぎの茶臼山に向かいますか。
現在時刻、1時半。茶臼山は登れるかどうかである。
とにかく、やまとうまさんの茶臼山エイドに向かおう。

松代から、篠ノ井まで長いロードである。
途中、国号18号の地下歩道で仮眠を5分した。


5分後、


もう10分


これで、頭のほうは冴えたきがしたが、
逆に足のほうは筋肉が硬直して、歩くのがきつくなった。

民家のが吠えて、寝ている住人の迷惑になると思って、
せっかくの近道を迂回して、
茶臼山のやまとうまさんエイドに4時半に到着。
虻蜂さんも来ていた。
それにしても、完全防寒テントである。
テントの中に灯油ストーブがあり、テントの四方をビニールでさえぎってある。
これで、ストーブの上でお餅とか焼いたら、乙である。

ここで、茶臼山は走らないと無理だし、ひざもよろしくないので、
帰還メールをした。

5時まで仮眠して、お店に向けてスタート。
途中、温かいものを飲みたいため、今井駅近くのコンビニによった。
ホットのドリンクコーナーを見ると、甘酒に目が行き、購入♪
やっぱ、寒いときは甘酒だよなー。

足の裏の豆の痛さに耐えつつ、歩いていく。
携帯のGPSナビで、トレマン店までの最短ルートを確認しながら進む。
長野駅前を、変な格好の人が通るが、気にしないでもらいたい。

残り2kmのところで、反対車線から、RUNで来る人がいた。
髻山で私設エイドをしてくれた方でした。
皆さん待っているとの事(なんか、待たせてしまい罪悪感を感じるが…)

なんとか、8時半にゴールしました。たぶん97kmかと思います。
時間いっぱい楽しませていただきました。
ゴール後、ご老人のような感じで申し訳ありません。
トレマンさんYUKIさんスタッフの皆々様、ありがとうございました。


スポンサーサイト


Comments

いやいや、
違うぜ、うっち~!あの天然小娘は自分で気付くほどフツーの人じゃないぜ?!俺がツッコミ入れるまでストックの違いに気付かなかったんだ。

だいたい当日の朝も「今日はちゃんと財布忘れずに持ってきました」とか自慢する割に肝心のゼッケンを忘れてるし…「昨晩は夢ばかりみてて一睡も出来なかった」とか「眠くは無いが目だけが眠い」と不可解な発言をするし…

そんなガッツさんみたいな彼女の理想のタイプは「結婚している人」だそうです。いい人いたら紹介してあげて下さい。
度々すいません…
太郎山に落とし忘れてった地図は我が社の天然小娘のものらしく…「ジップロックの地図なら私のです」らしいです。

もしも捨ててなければ頂きたい(らしい)ので保管しておいてもらえると嬉しいです。
M浦さん、心労お察しします
かなり難易度の高いボケですよね。
理想のタイプは「結婚している人」ってなると、
普通に解釈すると、めちゃめちゃ不倫願望が強い女ってこと?
奥様、あなたの旦那様をいただきますv-238

…はおいておて、
地図はジップロック入りでした。(大概ジップロック入りかと思いますが)
井上山で拾って、次のエイドのW田さんに渡しました。

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。