酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々買いました

年末年始で、色々購入してしまった。

まずは、メロン熊
PICT0012 (2)
はるばる夕張市からネットで購入してしまいました。
黄色いほうがマウスパット
赤いほうがクリアファイルです。

食べたものが、そのまま後ろに突き抜けるところが面白いです。
消化できてないじゃん…

お次は、コレ
PICT0010 (2)

手前の奴です。(奥のほうは、まえに紹介したもの)

カバンですが、普通のカバンではないです。

PICT0011 (2)


お財布です。
初めてみたとき、これは意表を疲れました。財布とは判りませんでした。
ちょうど新しい財布がほしかったので、買っちゃいました。

カーと入れるところが多くていいかも?

と思ってたんですが、カードたくさん入れると、財布が閉まらない…
ここは欠点ですね

で、またデジカメ買いました。
PICT0015 (2)
また盗○用…ではないです。小型デジカメです。
製品名 ポケットデジタルカメラ SQ30mL
3990円なり

画素数:195万画素
サイズ:約53×23×19mmの単一乾電池と同じぐらい?
記録媒体:microSDガード2GBまで
静止画:1280×1200ピクセル(2GBで約5490枚)
 フル充電で約250枚まで撮影
動画:320×240ピクセル(2GBでトータル約6時間 音声なし)
電源:内蔵型充填。専用USBケーブルで充填2時間
重量:約21g
撮影距離:マクロ15cm~50cm/標準1m~どこまでも

PICT0016 (2)
正面です。正面の赤い四角の中の丸いのがレンズ
上の赤いボタンがシャッター、
脇の縦長の四角が、マクロ/標準の撮影距離の切り替え

PICT0017 (2)
後ろです。
真ん中の赤い四角が電源ボタン。
その左横が液晶ディスプレイです。
ただし、2ケタの数値を表示するもので、レンズからの映像は映し出しません。
この液晶ディスプレイは、撮影モードの状態を表示します。

そして、撮影モードは
ノーマル
モノクロ
ノイズ(ノイズが入った画像)
ビビット(コントラストが強い状態で撮影)
と、多機能になってます。

以前紹介したclapとの比較
PICT0019 (2)
PICT0020 (2)

clapが薄型に対し、SQ30mLは角柱です。

clapは200万画素なので、画質はほぼ同じです。
操作性は、clapの場合、状態を示すものが、赤色LEDだけで、動画撮影の操作がややこしいですが、
SQ30mLは液晶ディスプレイがあるし、ボタンも大きいので、操作性は上ですね。
あと、操作音もしっかり出ます。コレで盗○無理ですね。

充填・データのやり取りだと、clapは直接USBコネクタにさせるので、すぐにどこでもつかえますが、
SQ30mLは専用USBケーブルが必要なのが面倒ですね。

まだ、2GBメモリーがない(4GBがある)ので、使っていませんが、
これからテストしてきます。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。