酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UTMFのHPが更新していってる

UTMFのHPが、ちょくちょく更新されてきている。

新しい情報が載るたびにテンションがあがってしまう。

計測チップは、野沢のときと同じ、両方のシューズに取り付けるタイプのようだ。

装備なんだけど、

↓大会HP引用


必携品(必ず装備として携帯するもの)
(1) 携帯電話(大会事務局の電話番号を登録し、番号非通知にせず十分に充電すること)
(2) 個人用のカップもしくはタンブラー(150cc以上)、ビンは不可。
(3) 最低1リットルの水(スタート時および各エイドステーション出発時)
(4) ライト2個(動作確認済)、および予備電池
(5) サバイバルブランケット
(6) ホイッスル
(7) テーピング用テープ(包帯、ストラップになるもの。80センチ×3センチ以上)
(8) 携帯食料
(9) レインウェア(山岳の悪天候に対応できる防水性を備えたもの)
(10) ランニングパンツ又はレギンズ、タイツ(膝丈より長いもの)
(11) 熊鈴
(12) ファーストエイドキット
(13) 保険証又はそのコピー
(14) 大会側で配布するナンバーカード、ICチップ
(15) 大会側で配布する蛍光テープ(必ず後方からの車に見れるように貼ること ex,バックパック)
すべての選手はレース競技中、必要な装備を装備していること。すべての装備はナンバーカード配布時にチェックされ、その装備をレース中に変更しないこと。装備の総量はスタートの時点、もしくは休憩所のチェックポイントで2キロを超えること。そして、コース上すべての場所において、装備の総量が1キロ以下にならないこと。

強く勧める携帯品
・手袋、帽子、防寒着は悪天候の予報があるときには不可欠
・最低限の現金(予期できない状況のときのために)

勧める携帯品
・着替え、地図、コンパス、日焼け止め、ワセリン


とあるが、(12) ファーストエイドキットは信越五岳のときにハチに刺された経験から
ポイズンリムーバーは必須だよなぁ。
(9) レインウェアが難しいんだよなぁ。
丸1日、雨でも大会自体はやるからなぁ。
丸一日着ていても不快じゃないものじゃないとなぁ…蒸れとか低体温症とかあるし。
(15) 大会側で配布する蛍光テープは意外…

ドロップバッグはUTMFだと、2箇所あるのか。
70km?地点と、1?0kmぐらいのところか?
レギュレーションで
装備の総量はスタートの時点、もしくは休憩所のチェックポイントで2キロを超えること。そして、コース上すべての場所において、装備の総量が1キロ以下にならないこと。
とあるから、ウエストバックだけの軽量化は無理だよなぁ。
持つものはたくさんあるけど、たくさん持ちたくない。
補給力を持つ量は少なくて済むか?

ネタの手榴弾は、必ず持っていくけどね



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。