酔っ払って、ブログを書いて、何が悪い

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰のハイドレザック

先日、トレマンさんのお店で購入した、
キャメルバック ウルトラLRベスト

こいつを、この前の上田1周トレランでつかってみたんで、
色々書いていこうと思います。

使った感想としては、想像以上にいい設計のザック。
UTMFに使いたいです。

120327_1248~01 (360x640)
正面


120327_1247~01 (360x640)
背面。

ハイドレーション付きで¥13,800だったかな???
夏の長距離用に購入しました。

最大の特徴は、


横型の形をした、ハイドレーション
120327_1254~01 (360x640)
従来の縦形よりも、上下動が少なく、安定性に優れてるとのこと(by商品説明より抜粋)
重心が背中から腰に下がるので、重心が低いほうが安定しますからね。

付属してるのは、2リットルまで入れられます。
120327_1256~01 (360x640)
満杯に入れると、こんな感じ。ギョーザです。

これが、ザックのウエスト部に入ります。

120327_1253~01 (360x640)
背面の腰のところのV時のチャックを開けると、中にハイドレーションが入ります。
ホースも脱着しやすい位置にありますので、ザックからハイドレを出すときには、
ホースをはずしてから取り出すようになります。

ハイドレーションに水を入れるときは、ザックから完全に取り出したほうが入れやすいです。

しかも、このザック、ただ、横型のハイドレーションが入るザックというわけではなく、
横型のハイドレーションを120%生かした設計になってます。

このザックの最大の特徴は、ハイドレーションよりも、
ザックの重さを、腰で支える
というところです。

通常のザックは、肩のベルトで、背中に背負って、腰のベルトは補助的なものでした。
背中の面にパットがありました。

コイツのザックは、ウエストで、締めて、重さを支える。肩のベルトは、補助的な感じです。
ハイドレの入るウエスト部の肌に触れるところに、パットがあって、
背中の面には、パットはありません。ザックの背中の面は、背中に当たらないですね。

満杯にしたハイドレーション(2リットルなので、重さにして2kgのおもり)をつけて背負ってみると、
今までのザックと違いがわかります。

今までの場合、肩におもしが乗っかってる感覚ですが、
コイツの場合、そんな感覚は無いです。
2kgの重さが感じられません。

このザックを身に着けたとき、
ウエストベルトで支えている状態から、
ウエストベルトをはずして、肩ベルトだけで背負った場合で比べると違いが本当にわかります。

じゃあ、2kgの重さをどこの筋肉で支えているかというと、
体幹の筋肉で支えているようです。
腹筋、背筋、背骨の脇の筋肉が筋肉痛になったんで、おそらくそうでしょう。
(体幹の筋肉養成器具としてもいいかもw)

収納を見ていきましょう。
収納容量は少ないですが、基本的にザックを下ろさずに、
荷物を取れる設計になってます。
あと、みんなメッシュなので、雨が降ると、全部濡れちゃいます。

120327_1250~01 (360x640)
両胸には、ボトルが入れられます。500mlのペットボトル入れても、まだ広さがあります。
あと、ちょっとした小物入れ用のポケットがあります。
電池とか、鍵とか、ゴミを入れるぐらいのスペース。

120327_1251~01 (360x640)
ウエストバック。意外と深さがあります。
ハイドレーションの横長部と位置的に同じ場所なので、
大きすぎず、小さすぎず
…なのか?

あとは、背中のアミ
120327_1252~01 (360x640)
ひし形上なので、入るようで入らない(汗)
でも、背中に手を伸ばせば、すぐに物を取り出せます。

チャックがあって、ザックの中に収納できる
ようなところは、ハイドレーション収納部以外ありません

そのかわり、物を取り出すときは、すぐ取り出せます。


長所:
・重心の低さによる安定性
・ザックの重みを感じにくい
・取り出しやすい収納
・ハイドレーション2リットル+ボトル500ml2本で、3リットル以上の水分を携帯可能
・背中部の通気性がよい(背中の排熱がいいため、熱中症対策にいいかも)

欠点:
・収納容量が少ない。
・雨で荷物が濡れる
・ベスト部の締め付けベルトが緩みやすい。


かな。

重さを感じないのと、携帯できる水分量で、UTMF(特に後半)で使いたいが、
UTMFは携帯するものが多いんで、
収納容量の少なさが課題です。
ストック、つけるとこないし…

携帯する品物を整理しておこう。


スポンサーサイト


Comments

そうか・・・
どんなものだろうと、気にはなってたんだよね。
一度使うと、レースではネイサンみたいなベストタイプ以外は使えなくなる。やっぱ楽だからね。
収納があまりできないんじゃ、UTMFじゃつらいかもね。
容量あるタイプも
トレマンさんのお店で、容量あるタイプもあったんですけど、
また購入するのもちょっと…(汗)
たくさん必要な補給食は、ボトルにトレイルミックスを詰め込むとして、
ちょいとトレマンさんに改造をお願いしてみようかと…

Leave a Comment


Body

プロフィ-ル

Cさん

Author:Cさん
私の雑記です。
細かいことは気にしないでください。

たまに酔っぱらいながら書いてますwwww

 
JogNote
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。